execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アイスランド旅行便利帳(改訂版) 2015年
 アイスランドのことを書き続けて10年を軽く超えたICELANDiaブログです。最近、当ブログ記事ランキングのトップがずっと「アイスランド旅行便利帳」なので、その記事を久々に見てみると執筆が2006年。その後アイスランドには経済崩壊が訪れ、私もアイスランドに足繁く通い、アイスランドへの渡航歴も20回を超えました。直近で行ったのは2015年8月です。

 「アイスランド旅行便利帳 その1」は気候の部分はほとんど変わらないとはいえ、その他の物事に変動があるため、ここに便利帳を新たにしますね。ただし、物事は流動的です。私は一年に2-3度アイスランドへ行きますが、行く度に変化していますので、以下はあくまでも参考にお願いします。また、以前書いたものも一応お目通しください。引き続き参考になることも多いと思います。

<アイスランドでの服装>
夏以外、基本は首都圏の冬の服装を
 アイスランドに四季はなく、二季だと言われます。それは冬と短い秋。アイスランド人の言う「夏」は、首都圏に住む私にはそれは3月後半の春か、せいぜい10月頃の気候。日本の「夏」を想定しないでください。夏の平均気温は10度。日中の最高気温が15度行けばアイスランド人は「暖かい!」と喜びます。日本人の私は「涼しい!」(笑)。
 冬の平均気温は0度。日中の最高気温が5度程度でしょうか。そんな感じです。気温だけを見れば案外たいしたことないんですが、アイスランドは強風が名物。風があると体感温度がガクンと下がります。

 アイスランドの夏にあたる6月から8月初旬あたりまで、レイキャヴィク市内のみに籠もるのであれば、ジャケットのみでも過ごせますが、その場合は朝晩の冷えに対応するため、帽子と手袋は持ってると便利。郊外観光の場合は、撥水性のジャケット/コートを持って行った方が無難です。または薄いダウンとしっかりした撥水ジャケットの重ね着ができれば柔軟な対応ができます。とみなさんにアドバイスしつつ、撥水アウトドアコートを一度もアイスランドへ持って行ったことがない私。無ければ無いでしのげます!ただし濡れて乾くのに時間がかかります(当たり前!)。
 その他の季節は、とにかく冬の服装です!私が寒がりなので、現地の人が室内でTシャツ姿でも、私はセーターを二枚重ね着。皮下脂肪と育った環境の差をひしひしと感じる次第です。室内は暖かいので問題ないとはいえ、風があると外がねぇ。
 
 天気は変わりやすく、1時間のうちに快晴、雨、霙、雪、を全部体験したこともあります。強風が名物のアイスランド。傘は凶器になる可能性もあり、使わないのが普通。市内で激しい雨の時は、30分ほどお茶でもして、様子を見る余裕があるといいですね。
 
<自然を甘くみるな!!>
キャンプやレンタカーは慎重に!
 アイスランドの自然は美しく壮大です。同時にとても厳しく過酷にもなります。レンタカーで回る場合は、「1.舗装道を走る 2.無理をしない」を鉄則としてください。道路が悪かったり、少しでも無理だと思ったら、計画を中止する、変更する勇気と余裕を!
 冗談ではなく、少しの無理が「死」につながります。数年前、現地在住の日本人がカーブを曲がりきれず、崖から落ちて死亡しています。アイスランドでの運転には慣れていたと思われる人でもそういうことがあります。局所的な強風・突風などでもハンドルを取られます。アイスランドの道をくれぐれも甘く考えませんように。
 (追記:2015年暮頃、日本人家族がトンネル内で交通事故に遭い、死者が出ました。一車線しかないトンネルだったそうです。地元のルールを知らずにそういったトンネルに入ったのでしょうか。重ね重ね、くれぐれも地元の運転ルールを事前に頭に入れ、慎重な運転をお願いします)

 屋外のキャンプは夏場でも朝晩が冷えます。マナー意識最悪の外国人キャンパーが増え、現地で問題になっています。最近では、キャンプ地以外にテントを張り、そこが寒すぎて、周囲のコケをはいでテントを保温。コケがはがされた場所の無残な写真が公開され、大問題になっています。キャンプ場以外でのキャンプは違法です。自然に手をつけるのも違法。アイスランドの自然は壊れやすく、むしり取られたコケが再生するのに百年かかると言わています。
 同様に、氷河に乗って流されレスキューが駆り出されたり、自然の中で便意をもよおし、その始末をしようと火をつけたところ周囲に燃え移って消防がかけつける等、ホント、困ったものです。
 良識ある行動の徹底を心よりお願い致します。

<物価>
食費はたっぷりと
 アイスランドの食事は全般に日本人の味覚に合うようです。ほとんどの方々が、「アイスランドの食事は大変においしかった」と感想を抱くことでしょう。アイスランドもご当地食材で、外人には不味いと思うものもあるかもしれません(外国人が日本の納豆を臭いと思うように)。例えば腐ったサメやら羊の内臓寄せのようなものです。が、レストランやカフェで提供される料理は、普通においしいと思います。何よりも魚介類が新鮮なので、日本人にはうれしい。それから、チップ制度はありません。

 物価は高い。特に食費は高くつきます。観光客が安く済ませる定番はホットドッグ。1個400円程度です。カフェやレストランで食べると、ランチで1800円-2800円、スーパーでサンドイッチを買って食べても1パック7-800円。おいしいパン屋のサンドイッチは千円以上です。食費を圧縮するといっても、なかなか大変。
 アイスランドの場合、ホテルでは朝食付きが多いはずなので、なるべく朝食をしっかり食べ、昼間は日本よりも割安感のあるチーズとクラッカー程度で済ませて、夜の食事を少し豪華にするような感じで食べるのがいいかもしれません。 

  カフェのレベルは概して高く、水がきれいなことも手伝ってコーヒーも紅茶も大変においしく、カフェでまったり体験もぜひ。コーヒー一杯400-500円程度なので、東京プライスに慣れていれば、それほど高くは感じないことでしょう。

 アルコール好きは空港を出る前に免税でゲットがお勧め。レストランやバーで飲むのはちーとばかりお高いし、国営の酒屋以外ではアルコール飲料が売っていないので、自室でチビチビやりたい人は、空港で購入してくるのが一番便利。ちなみに、スーパーではアルコール分2%のライトビールであれば売っています。

 土産物も安くありません。土産として配れるような1個2-300円で軽くて壊れなくて腐らなくて感じのいいもの・・・なんて夢の夢かもです。キーホルダーでも安く見つけて7-800円からで、ひとつ200円程度で買えるのは、絵はがきくらい。現地デザイナーの素敵なカード類も1枚4-500円が相場。
 土産物自体の種類は格段に増えています。デザイナー商品は高いけれど素敵だし、いわゆる土産物の選択種は多いので、用途に合わせてお選びいただけることでしょう。

<水>
世界一の水道水!
 水は蛇口を捻れば世界一高品質の軟水が楽しめます。天然水をフィルタリングした冷水なので安心。日本も水がおいしい国ですが、アイスランドの方がもっとおいしい。私、アイスランドの水を飲むとホ〜〜っとします。

 アイスランドでは通常ひとつの蛇口から温水と冷水が出てきます(ん?日本でもそうか!)。飲料に使う冷水の場合は、必ず少し水を出して、冷たくなったことを確かめてから飲用してください。というのも、温水は人畜無害とはいえ、飲料用ではないからです。同じ蛇口を使用するので、前に使用した温水が蛇口の管に残っていることもあり、それを飲んじゃうと美味しくない。

 また、温水からは硫黄の匂いがします。これは天然の温泉水だから硫黄の匂いがするのではなく、意図的に硫黄が入れられているのです!温水は飲料用のようにフィルタリングしていない天然水なので、飲料用と間違えないようにという意味と、ミネラル分を水道管につきにくくするため。なので、「硫黄の匂い=温泉!」というのは早とちり。でも、天然水であることには変わりなく、本当に温泉の場合もあります。面倒な時は「温泉ですよ〜」って言っちゃうことも多いのでごめんなさい。正しくは天然水&硫黄です。
 
<言語>
英語頼み
 言語はアイスランド語。英語は幅広く通じます。
 学校ではアイスランド語に加えてデンマーク語も必須(たぶん、デンマークの植民地だった名残でしょう)。国民には3カ国語を話せるよう教育がなされるため、英語やフランス語、ドイツ語、ロシア語も堪能な人が多いです。
 特に英語は日本のアニメが米国経由で輸入されてくるらしく、動画(日本)、言語(米語)、字幕(アイスランド語)での放送を子供達は楽しみにしています。その関係か、アイスランドでよく聞くのは米語です。数年前までアメリカ軍の基地もありましたしね。

 アイスランドの観光に関わる人で、英語を話さない人はまずいません。また、アイスランド人は全般に英語は非常に堪能です。アイスランド観光に行く時は、「有り難う=Takk(タック)」は現地語を覚えておきたいものですが、あとは英語で通した方がいいと思います。

 アイスランドに何度も足を運び、アイスランド人相手に仕事をしている私も、全部英語です。アイスランド人の英語があまりにも上手なので、私がカタコトのアイスランド語を話したところで、せいぜい笑いのタネにしかならなりません。既に英語が堪能な方は、現地語を少し覚えていっても楽しいのかもしれませんが、普通の日本人であれば、アイスランド語を覚える前にまず英会話ができるようになった方が実用的です。

<通貨と両替>
ISK・クレジットカード社会
 アイスランドの通貨はアイスランド・クローナ(ISK)です。クレジットカード社会なので、ほとんどの人がクレカで支払いを済ませます。現金が必用なのは、公共バスにその場で一回だけ乗る、というような特殊な場合のみです。タクシーもクレカ歓迎。ガム1個でもクレカ決済が多いので、レイキャヴィク内に居る限りは無理に両替をする必用はありません。が、地方へ行くと、現金オンリーの小さな店もあるので、一応少しは持っていてもいいかも、という程度。

 現地の正確な為替レートを知りたい場合は、ランズバンキン(Landsbankinn)やイスランズバンキ(Islandsbanki)あたりの銀行のレートを見ることをお勧めします。それが実際の交換レートですしね。ちなみに交換レートはアイスランド語で「gengi」です。もしも以下のリンクが正しくなくなった場合は、銀行名とgengiという言葉で検索してみてください。ちなみに2015年8月現在1isk=9.3円。

 日本円をISKに両替できる場所は日本ではありません。たぶん経由地のヨーロッパの空港でも無いところが多いはず。アイスランドの空港に到着すれば両替マシンがあるので、そこで両替することもできるし、空港バスはクレジットカードが使えます。

Lnadsbankinn為替レート
http://www.landsbankinn.is/markadir/gjaldmidlar/
Islandsbanki為替レート
https://www.islandsbanki.is/einstaklingar/markadir/gjaldmidlar/

<空港からホテルまでのバス>
数社がバスを運行
 アイスランドの国際空港はKeflavik(ケプラヴィク)です。レイキャヴィクのダウンタウンまで車で45分。空港からダウンタウンまでは数社がバスを運行。
 飛行機の到着が夜中過ぎでも問題ありません。バスは航空便の運航に合わせているので、航空便の発着がある限りバスも待機しています。ただし、荷物や免税でゆーっくりしていると、バスに置いていかれるのでご注意を。

Flybus(ダウンタウンのバスターミナル、またはゲストハウスやホテル等まで)
https://www.re.is/flybus

Gray Line Airport Transfer(バスターミナル、またはゲストハウスやホテル等まで)
http://grayline.is/airport-transfer/

Kexpress(片道10ユーロの格安バス。停車はキャンプ場とハルパのみ)
https://kexpress.is/

<宿泊>
ホテル宿泊が確実 
 普通にホテルに滞在するのが、何かと便利で一番快適。宿泊料は安くはなく、現在のアイスランドは観光ブームで宿泊施設不足が叫ばれていることもあり、高値安定です。最低レベルでも冬でも一泊1万円、夏だと1万5千円はかかります。星の数が少し多くなると、2万円代はざら。
 お風呂はシャワーが主流で、バスタブがあるのは、ホテルの中でも数室のみということが多いです。ただし、ダウンタウンから少し離れた大型ホテルには、バスタブ付きの部屋が多いものもあります。部屋はヨーロッパ式で狭いところが多い。

 ユースホステルも何件かあるので、目的や予算に応じて適宜探してくださいね。
 
 長期滞在する場合は、アパートを借りることもできます。観光ブーム絶好調の現在、観光客用のアパートはホテル滞在の料金と同じ。掘り出しものを見つけられればラッキーですが、自炊の手間や当たり外れを考えると、私はお勧めしません。が、現地に住んだ気分を味わいたい等、特別な目的や考えがある場合は悪くないかと思います。

<アイスランド国内バスツアー>
首都圏の11-12月の服装を
 レイキャヴィク国内のデイツアーやバスツアーは、いろいろな代理店が出しているため、大手2社のみをご紹介します。

Reykjavik Excursion
https://www.re.is/

Iceland Excursion
http://www.icelandexcursions.is/tours/day_tours/iceland.is

 2015年8月の滞在で、リサーチがてらバスのデイツアーに参加しました。上記の大手ツアーのバスに相乗りで、途中から専門的な部分はツアー主催会社がバスを出していました。そんな作り方だと、何が何だかよくわからないため、今回のご紹介は上記2社のみとさせていただきます。

<アイスランド土産の穴場!>
ICELANDiaショップをご利用ください!

ICELANDiaショップ
http://icelandia.shop-pro.jp/
 為替の変動の関係で、現地よりもお安く全く同じものが見つかることもあります。だいたい現地価格と同等。ただし、重量があったりサイズが大きなものは高めになります。なので、お土産物を買い忘れた時や、何となくアイスランド気分に浸りたい時などはぜひご利用くださいね!

土産物はだいたい以下のところにあります
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1248022&csid=0
 大量に欲しい場合は事前にご連絡ください。卸売も可能です。

(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



今年で10回目!11月に実施予定↓
c0003620_18573769.jpg
 


         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-08-29 18:23 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
空気感と絶景感を感じるアイスランド写真集3種揃い踏み!
 アイスランドからの新入荷をICELANDiaショップに掲載したところ、ショップのトップ・ページ商品が一新!!私が思ったよりも新譜が多かったのと、ずっと出し忘れていたトラッドものなども出したので、余計に目新しいものが多くなっています。一商品の仕入れ数が少ないので、揃っている今が買い物のチャンス!

c0003620_13284055.png 音楽以外でのお勧がアイスランドの写真集。とても美しくて感動的なのでお勧めです。私が撮ったへなちょこな写真でも、被写体(アイスランドの自然)がいいので、結構見られるアイスランドの写真。ましてプロが撮った写真であれば尚更のこと。

 今回は、評判がいいため重版になったものも含めて、3種類(3サイズ)仕入れてきました。それぞれに特徴があるので、みなさんの用途や気持ちに合うものをぜひお選びください。
c0003620_1323166.jpg  写真集はすべて、アイスランドでも高い評価を得ているSigurgeir Sigurjonsson氏が撮影したものです。氏のご自宅から直接分けてもらっているので、表紙を開けたところにサイン入りです。

 Sigurgeir Sigurjonsson写真集一覧
 http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=sigurgeir

 これが3冊を重ねて置いた写真で、ライターはサイズ比較のためのものです。一冊は手のひらさいずで一番小さく、氷河が見えているものは横が長く、一番大きなものは背後に隠れてみえなくなっているものです。
 以下、サイズが小さい順からご紹介しますね。

『Iceland / small world 』
 http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=44739029
c0003620_13251681.jpg
 以前にご紹介してとても評判がよかった写真集です。手のひらに乗る16-6センチ角サイズでも300ページのボリューム。アイスランドでも売れに売れ、品切れになっていましたが、重版になったので再度ゲットしてきました。
 たくさんのアイスランド写真を手軽に、気軽に見たい!という方にぴったり。旅行のお土産やプレゼントにも写真集はいいですね。お揃いの小さな紙バッグが付いています。


c0003620_13215847.jpg
 何の工夫もないそのままのタイトルですが、そういうタイトルにしたくなるほどの内容です。アイスランドのあちこちをまわり、自然写真だけではなく、人々や動物達の写真も。
 見開きの片側に写真があり、もう片側に写真のちょっとしたエピソードや場所などが英語で書いてあります。サイズは表紙が16.5x12センチ。200ページあるので、見応えもたっぷり。
 片手で持てて、気軽にサクっと見られるサイズです。一番小さな写真集よりもページがめくりやすく、その点で見やすくできています。


c0003620_13213117.jpg
 こちらが一番大きなサイズでB5。100ページほどの写真集です。特徴は、写真によっては見開きでひとつの写真になっていたり、その一方見開きページの片方だけに写真があるものも。当然大きな写真の方が迫力もあり、ディテールも鮮明に見えるので、空気感を感じるということでは、やはり大きいだけのことはありこの写真集が一番です。
 とはいえ、片手で持てない、重くて膝の上に乗せて見ているのが苦痛、というほどの大きさでも重さでもないため、大変にバランスのいい作りです。

 ということで、三冊それぞれ使われている写真は異なり、そのどれもが魅力的であることは間違い無いのですが、大きさの違いによって、印象も異なるかと思うので、じっくりと雰囲気を楽しみたい方にはB5サイズの『Planet Iceland』を。とにかく小さくてたくさん見たい方には手のひらサイズの『Iceland / Small World』を。そして少しゆっくりして見たいけど、手軽さも捨てがたいという方は『Iceland』をぜひ!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



次回旅行説明会9月5日!催行決定↓
c0003620_18573769.jpg
 


         8月に怒濤の新入荷多数!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-08-21 13:32 | News | Comments(0)
9月5日アイスランド・エアウエイブス旅行説明会&フェロー&アイスランド・お裾分けワークショップ
 残暑厳しい日本の夏。アイスランドやフェロー諸島の写真を眺めて、目から涼んでいます。
 
 現在、ICELANDiaショップに新商品を入れているところです。アイスランドからの新譜や再入荷等はほぼ出揃いました(こちらにあります)!表紙に出てくる商品も一新です!

 今回のブログは、8月の週末に出会した、アイスランドのミニ・音楽フェスをお届けしようと思っていましたが、近々に行うワークショップでその内容をご紹介するため、先にブログに書いちゃうと面白くないので、後日にさせてください。
c0003620_19424980.jpg

 ということでワークショップと旅行説明会のご案内です。

アイスランド・エアウエイブス&オーロラツアー旅行説明会
2015年9月05日(土) 13:00~14:00 (参加無料) 旅行代理店会議室
 アイスランド・エアウエイブス・ツアーってどんな感じ?何が特徴なの?ということをお伝えしたく、旅行説明会を行います。今年で10年目のこのツアー。ここまで続くには、やはり理由があり、音楽ファン垂涎の内容を毎年ギュギュっと盛り込んでいます。

 例えば、シガーロスがプールを改造したレコーディング・スタジオの見学、ビョークのコラボレーターを10年間務めたヴァルゲイルが主催するレーベルのスタジオ見学&独占ミニ・ライブ。ムームのメンバーをガイドにしたバス・ツアーや食事会、シガーロスのロケ地巡りや、新進アーティストのリハーサル・スタジオ訪問等、日本では体験できないスペシャルな内容のツアーを毎年実施しています。さて、今年は?

 説明会にいらしてから数年後に実際にご参加になる方もかなりいらっしゃいます。今年は参加しないけど・・・という方もぜひお気軽にいらしてくださいね!
 催行決定済みなので、申し込んでも定員割れ等でツアーが実施されないということはありません。

『フェロー諸島・アイスランド2015夏旅行、お裾分けワークショップ!!』
2015年9月05日(土) 14:30~16:30 
  (一般参加費1500円・ツアー早期申し込み者は無料) 旅行代理店会議室


 工夫もな〜んもないタイトルで恐縮ですが、暑い日本を抜け出し、涼やかな北欧で
過ごした2015夏の1カ月を皆様にお裾分けする内容なので、まんまです(笑)。

 アイスランド編は週末のミニ音楽フェスやプライド・パレードを中心にレイキャヴィクの最新事情を、フェロー諸島編はフェロー全般や、ビーチで行われた音楽フェスG!、注目の現地
アーティスト等の話題をお裾分け。
 音源や現地で撮影したビデオや写真を使い、少しだけでも行った気分になり、楽しく時間をお過ごし頂けるように致します。

 当日はICELANDiaショップから輸入したてホカホカの音楽CD等もご販売できる予定です(現金のみ)。
c0003620_19424957.jpg


■東京説明会&ワークショップご予約はこちらから:
・予約専用メールアドレス:LinkIconiceland.airwaves.jpn@gmail.com まで以下を明記の上、ご連絡ください。参加確認をご返信致します。
 ・お名前
 ・参加希望(説明会、ワークショップ、両方等)
 ・緊急連絡先電話番号

※ご予約はメールのみ受付けております。
※ご質問等も受け付けております。遠方の方、ご都合が合わず
説明会にご参加出来ない方、お気軽に上記メール宛にお問い合わせください。
※送付いただく情報は、ツアー企画者であるアリヨス・エンタテイメントと
旅行代理店のツムラーレコーポレーションで共有し、管理させて頂きます。

場所:(株)ツムラーレコーポレーション会議室
〒105-0014 東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階  地図
最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

 まだまだ残暑が厳しい時期ですが、ぜひ北欧のさわやかな風景で、目だけでも涼んでくださいね。お待ちしています!
(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



今年で10回目!11月に実施予定↓
c0003620_18573769.jpg
 


         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-08-19 19:52 | News | Comments(0)
帰国!旅行記続き: フェローからアイスランドへ。レイキャヴィクも晴天なり!
 帰国しました!フェロー諸島は初めてだったせいもあり、あれもこれもが目新しく興味深く、がんばって頻繁にブログを更新していましたが、レイキャヴィクに到着したとたん、「あ〜、ウチに帰ってきたぁ」状態になり、何を書いていいやらよくわからず(東京についてブログを書けと言われても、すぐに切り口が出てこないのといっしょ)、だらだらしてました。

 フェロー諸島から送った荷物は既に届いていましたが、開けたら最後、パンドラの箱になりそうで、躊躇しているところです(って意味ないんですけどね・・・。日本は暑い!)。

 アイスランドからの荷物も来週の頭には届くと思われ、さて、増やしちゃった荷物(=商品)を早くショップに出さないと、10月にまたすぐに出張に出てしまいます。スーツケースに入れて持ち帰ったものと、すぐに到着する物は既にICELANDiaショップのこちらにほとんどアップ済みです。

 それにしても日本は蒸し暑い。自分が書いたフェローのブログ写真を見て涼んでいます。青空がきれいだわぁ。

 ブログにいつから「記事ランキング」ができたのか分からないけれど、アイスランド旅行便利帳がいつも上位にランクされているようです。内容を見たところ、かなり古くなっているので、近近アップデートしようかと思っています。アイスランドの情況もかなり変わってますしね。

 で、これだけ書いてもつまんないので、少し写真をアップしますね。

 フェローを出たのは7月31日。早朝、車で首都から飛行場まで連れて行ってもらいました。景色はこんな感じ。フェローはこの時期、どこを見ても緑一色。これがフェロー諸島の夏だぁ!って感じなんですね〜。
c0003620_223637.jpg

 そしてアルコール飲料が高いアイスランド。そして国営の酒屋へ行くのもメンドイと思い、免税でフェローの地ビールをゲット。こんなに大量にはゲットしておりません。さすがに。
c0003620_223850.jpg

 乗り込むのはアトランティック航空。滅多に見ない航空会社でしょうか。フェロー諸島を中心に飛んでるやつです。レイキャヴィク空港(国際空港のケプラヴィクではないため、街中まで車で5分くらいの場所)までたった1時間の飛行。それでもゴハンがでてきます。機内エンタメはゼロ。空港も山がすぐにそこにあってスッキリサッパリな感じ。
c0003620_223669.jpg

 アイスランドの上空まで来ると、さすがに内陸の山の上には雪が残っているし、いろいろな色があってきれい。
c0003620_22382.jpg

 ここが今回泊まったアパート。表は道路に面してちょっと殺風景だけど、裏側はこんな庭があり、その前には公園まであって、とってもいい感じ。
c0003620_223922.jpg

 レイキャヴィクのダウンタウンに出てみると、こーんなにいい天気。それでいて、空気はピリリとしていて、気温は12度程度だったかな。昼間でも手袋あった方がいいかもね、みたいな風の感じでした。フェローよりもチビっと寒い。
c0003620_223724.jpg

 そして犬も歩けばナントカに当たる式に、私が行くとどーもこういう物事によく出会します。到着当日の夜(金曜)から3日間、街中のライブハウスでInnnipukinnという音楽ミニフェスを開催。その情報を早速ゲットし、たまたま主催者も知っていたので、ソールドアウトしていたフェスパスも難なくゲット。
c0003620_22375.jpg

 これが3日間のラインアップ。悪くないどころか、かなりギュっといいヤツが詰め込んであるし、会場は隣同志で移動時間30秒なので、すごくいい。どちらも適当なサイズのライブ小屋なので雰囲気も楽しいし。
c0003620_235828.png

 ということで、次回はこのミニ・フェスのレポートをお送りしますね。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



次回旅行説明会8月19日(水)実施予定↓
c0003620_18573769.jpg
 


         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
[PR]
by ICELANDia | 2015-08-12 02:05 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム