execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2016年アイスランド・エアウエイブス(1):2週間前なのにポップ、パンク、ラップで既に前夜祭状態

 お待たせしました。2016年アイスランド・エアウエイブスのレポートをこれからまとめてお届けしますね。まず、開催前から開催中にかけて少しだけ書いたブログがありそのリンク集はこちらにあります。

 さて、まず何から話せばいいのかな。2016年のアイスランド・エアウエイブスは、フェスとして分岐点を迎えたようでした。ちなみに私は2003年からこのフェスを見続けています。
 フェスの規模が大きくなりすぎて、全てを把握しきれなくなってきて久しいとはいえ、今年ほど規模感の変化を感じた年はなかった。たぶんそれは、オーケストラを従えた大がかりなコンサートが増え、整理券発行ライブ、有料ライブが増えたことが要因かな。

 会場数としては、メイン会場が14箇所、オフ会場が・・・・星の数ほど(数え切れない!)で、以前は街中とメインストリート沿いにかたまっていたのが、かなり郊外まで分散した印象。これだけ盛りだくさんだと、例え慣れている私でも分かりにくく、どんな風にも楽しめるとフェスであるとはいえ、予備知識無しでいきなり来ちゃったら訳分からず感が強いだろうなぁ、と。

 正式な日程は2016年11月2日から11月6日。ただしオフ会場は前夜祭どころではなく数日前の10月31日から正式に開始。その前から盛り上がり感があるので、こうなってくると開始1週間前には来ないと、と思わせる盛りだくさんの内容。そして毎度のことながら、メイン会場がスタートする前にいかにオフ会場で数をこなしておくかが、メイン会場でいかに効率良く見ていけるかもかかってくるため、ふ〜〜、毎年ここらへんの駆け引きがた〜いへん!
c0003620_02163025.jpg

 よく知らなければ知らないなりに、そこらへんを歩いて適当に会場に入ればいいとはいえ、250組も出演してくるのと、とびきり話題のアーティストだけでも見て回るにも、どうしても回りきれないライブがでてしまう。ホント、もうどうしようもなく、重いが千々に乱れるフェスなのです。

 そして、これはアイスランド・エアウエイブスのレポートだけど、実は今回のブログでご紹介する内容は10月22日のもので、つまりはアイスランド・エアウエイブス開始2週間近く前。この頃からアイスランド・エアウエイブスも意識させるギグが本当に多くなる。また、私の場合はトーキョーノーザンライツフェスティバルのイベントのインタビュー取材をアイスランド・エアウエイブス開催中は避けたいため、フェス前にアーティストにがっつく(?)ことにもなる。

 ということで、前夜祭どころじゃないけれど、アイスランド・エアウエイブスに参加した注目のアーティストがKEXに出演したところをキャッチ。さすがにフェス前2週間だと、オーディエンスも地元の人が多く、私を見つけた知り合いのミュージシャンが何人か声をかけてくれた(当然うれしかった。ありがとう)。以前はあちこちの会場で知り合いに会ったものだったけど、規模が大きくなってから、なかなか知り合いに会わなくなって少し寂しいのです。古株としては。

 この日最初に見たのは、今回絶対に見たかったWESEN(ウエッセン)。ロヒとユリアのデュオ・グループ。二人は幼なじみらしい。ロヒはソロ活動をしていた傍ら、グループ歴も10年近くなりアイスランドの名ロック・グループとして君臨するか?というところで解散してしまったSudden Weather Changeも所属。片やユニアはOyamaのヴォーカルとして来日経験もあるヴォーカリスト。二人のハーモニーもよく、ユリアのほんわかしたヴォーカルは、こちらのプロジェクトの方が向いてるのではと思うほど。
c0003620_01491826.jpg
 ライブ後に彼らにはインタビューしたので、楽しい裏話も含めて、その模様はTNLFのイベントでお裾分けできる予定。
c0003620_01492652.jpg

 ホンワカしたWESENの次に登場したのはHormonar(ホルモナル)という新人グループ。2016年のバンド・コンテスト(Musiktilraunir)の優勝者。オルタナ・パンクと呼ぶのか、ポスト・パンクと呼ぶのか、ジャンル分けはよく分からないけれど、ものすごい迫力。エネルギー炸裂のヴォーカルと演奏。新人らしからぬ凄みのきいた存在感を見せつけていた。アルバムが楽しみ。
c0003620_01501222.jpg


c0003620_01502350.jpg

 次に登場したのがKött Grá Pjéというラッパー。読み方はコゥト・グラゥ・エーという感じの音になるはず(定かじゃない。ごめん)。最初のKött Grá というのは、グレーの猫という意味。グループではなくソロ・プロジェクト。注目のラッパーだけど、正直言って私はどうもそのラップやヒップ・ホップ自体が苦手。主な原因は言葉が理解できないところ。会場は盛り上がってた。
c0003620_01510014.jpg

c0003620_01510757.jpg

 実はこの日は昼間からRugl(ルッグ)のインタビューを行い、今年一番の注目株(個人的に大好き系の音楽)の新人に会えて得した気分でした。それも会うといきなり「私のパパがあなたのことを知っていて、このアルバムを渡してこいと言われたわ」とCDを差し出されてびっくり。
c0003620_01520424.jpg
 狭い世界なので、友人関係や兄弟のつながりは驚かない私も、さすがに合いが親でそのお子さんがアーティストとして出てくると、ちょっとドキっとする。何がドキっとするかといえば、あぁ私も歳取ったものだ、と。つまりは世代交代なんですね。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-26 01:54 | 現地滞在レポート | Comments(0)
2016年アイスランド・エアウエイブスの去年のブログのまとめリンク
さてさて、2016年11月に行われたアイスランド・エアウエイブスのレポートを始める前に、開催前から開催中にかけて書いたブログを、おさらいとしてリンクをここにまとめますね。よろしければぜひまたお目通しください。

2016年アイスランド・エアウエイブスまとめ


Grapevine紙のアイスランド・エアウエイブス特集。表紙は新人集合!
http://icelandia1.exblog.jp/26100419/

アイスランド・エアウエイブス・フェス前夜。アニメカフェも出現の新興ベイ・エリア、グランディ散策。ムームのオルヴァルも飛び入り!
http://icelandia1.exblog.jp/26115357/

アイスランド・エアウエイブス前夜、KEXからKEXPで生放送されたMoses Hightower、そして無名のストリート・ミュージシャン

http://icelandia1.exblog.jp/26115438/

アイスランド・エアウエイブス、ムームがクロノス・カルテットと10年ぶりに双子のヴォーカルでのスペシャル・ライブ!
http://icelandia1.exblog.jp/26123536/

アイスランド・エアウエイブス、ビョーク:弦楽器のみをバックに感情に深く訴えかけた感動ライブ
http://icelandia1.exblog.jp/26127767/

 アイスランド・エアウエイブスとその周辺のあれこれをまとめた独自ドキュメンタリーは2月19日のイベントで公開します!御予約は以下のサイトで受付中。初回は残席が少なめです。
 次回からアイスランド・エアウエイブスの写真レポートをスタートしますね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-23 23:43 | 現地滞在レポート | Comments(0)
2月19日TNLFアイスランド音楽イベント『アイスランド音楽の現在vol.7』開催!
☆★TNLF『アイスランド音楽の現在vol.7』イベントのお知らせ★☆
 トーキョーノーザンライツフェスティバル(TNLF)開始以来、毎年ソールド・アウトになる好評の音楽イベント。独自取材によるドキュメンタリーを中心に、今年も最新のアイスランド音楽シーンの動向をお伝えします。ムーム結成20周年記念ライブやビョークのライブ、話題の新人等、ここでしか聞けない貴重な情報がもりだくさん!
 今年春よりナビゲーターである私(小倉)がアイスランドに拠点を移すため、2018年のこのイベントの継続は微妙です。なので行きたいと思いつつまだ体験していない方は、ぜひ今年こそ!

TNLF:ミュージック
http://tnlf.jp/music.html

『アイスランド音楽の現在vol.7』  
2017年2月19日(日)
 一回目 16:00 - 17:30 
 二回目 19:00 - 20:30
場所:渋谷UPLINK
御予約は 
 会場の展示スペースでは写真家・シバノジョシアさんが10年間撮影してきたアイスランド音楽シーンの写真展が同時開催されます。写真展は2/8(水)~2/20(月)開催。こちらもぜひお楽しみください!


[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-22 23:09 | Comments(0)
中身が見える名物福袋、最大50%offニットセール、1月末まで!
ICELANDiaショップ恒例の中身が見える福袋。みなさん、もうご覧になりましたか?
c0003620_20441212.jpg
思いがけない素敵な音楽に出会えるチャンスで、毎年ご購入なさるファンも多いので、このチャンスにぜひ!1月末日までご注文を受け付けています。こんな内容のいい福袋がなぜ残ってるのぉ?というのもチラホラ。 福袋は音楽のみならず、アイスランドで評判のアクセサリーやバッグ、キッチングッズや土産物セットまで様々。ぜひご覧くださいね!
 福袋はこちら↓
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=688401&csid=9

 同時に、最大50%offのニット製品のセールも開催中。気軽に使えるニット帽や手袋。とびきり素敵な模様編みストールも!アイスランド手編み協会のセーターは定価販売のみですが、1月中はお年玉付きなので、購入するなら今が狙い目!アイスランドの厳しい気候の中で長年実用されているだけあり、暖かい、軽い、実用的という点ではピカ一です!
 ニットセールはこちら↓
 http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=879861&csid=0
c0003620_20471506.jpg


 今回はお知らせに終始しますが、近日中に写真たっぷりで2016年のアイスランド・エアウエイブス・レポートを開始しますね。どうぞお楽しみに!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-19 20:38 | News | Comments(0)
レイキャヴィクの普通の冬景色:福袋販売中
 2017年の1月も既に後半。マメにアップデートしたいと思っていたブログも滞ってごめんなさい。
 福袋はスケジュール通りに追加していますし、アイスランド手編み協会のセーターも益々注目度が高まっているようです。まだご覧になっていない方はぜひどうぞ。

ICELANDiaショップ名物、中身の見える福袋
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=688401&csid=0

アイスランド手編み協会セーター(1月中はお年玉付き!)
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=879861&csid=5

★My Beautiful Raven(デザイナーズニット)値下げ!
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=879861&csid=6

 今回は少しですが、1月のレイキャヴィクの、何気ない風景をお裾分けしますね。シンとした雰囲気が伝わればと思っています。
c0003620_14210055.jpg

c0003620_14210063.jpg

c0003620_14205958.jpg


c0003620_14210013.jpg


寒い時期ですが、心温かくみなさまが過ごしていますように(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         2017年福袋販売開始1月6日21時半〜!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg


[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-13 14:16 | News | Comments(0)
福袋販売1月6日21時半開始。アイスランド手編み協会セーターもうれしいオマケ付き
 2017年ICELANDiaショップの福袋は明日1月6日21時半からこちらに表示されます。

2017年福袋販売スケジュール
第一弾福袋      1月 6日 21時30分~
アクセサリー福袋   1月11日 21時30分~
音楽大盤振る舞い福袋 1月14日 正午~
あれこれ福袋     1月18日 21時30分~
デザイナー製品福袋  1月22日 正午~

 福袋の販売は1月末日まで。また、店長の私が春頃からアイスランドに拠点を移す予定であるため、来年どのような形で福袋が作れるか全く未知です。もしかするとこれが最後になるかもなので、ぜひご注目ください。それだけに、気合いを入れて中身を作っています!
***
 さてさて、アイスランド手編み協会のセーターですが(こちらにあります)、今回も好評でうれしい限りです。まだまだ素敵なセーターがあるので、サイズと色があるうちに、ぜひどうぞ。手編み協会と言うだけに、協会に登録されているニッターは約300名弱。アイスランド産ウール100%のハンドニット・セーターです。

c0003620_19115606.jpg 柄には流行廃りがなく、アイスランドでは10年20年と着用し続ける人が大勢いらっしゃいます。セーター一枚編むのに毛糸代だけでも1万円近くかかり、そこに手編みの料金が入るため、日本では本物の手編みセーターは7-8万円が相場かと思われます。その点、この手編み協会の製品は本当に良心的な価格で、その心意気を引き継いでICELANDiaショップでも価格を決定しています。

 なのでアイスランド手編み協会経由のセーターは定価販売ですが、福袋にもしないため、せめてもということで、ショップ内で販売しているミトンを1月のご購入者に限ってプレゼント致します。好きなものをお選びいただけます(一部例外あり)。また、せっかくの機会なので音楽にも親しんでいただきたく、アイスランド音楽のCDも一枚プレゼント!太っ腹の大盤振る舞いです。詳しくはこちら

c0003620_19135161.jpg この機会に、独特の風合い、軽くて暖かいアイスランドのニット製品をぜひどうぞ。実用品です。この魅力にとりつかれた方は、毎年買い増し、ご家族にも購入しています。雪深い地方の方からも特に高い評価をいただいており、とにかくアイスランドで実用されているだけあり、さすがの防寒力。

 アイスランドの暖かさを感じたら冬はマジで手放せません。この機会にぜひ一枚お試しください!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         2017年福袋販売開始1月6日21時半〜!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-05 19:17 | News | Comments(0)
2017年もICELANDiaをどうぞよろしくお願いします
2017年明けましておめでとう御座います。今年もICELANDiaをどうぞよろしくお願いします。

ICELANDiaショップでは毎年好評&恒例の福袋を間もなくショップのこのページで販売します。数日以内に販売開始できる予定です。詳しくはこのブログでもアナウンスしますね!場所はここです。

去年はアイスランドのクリスマスをレポートし損ないましたが、来年は現地から年末年始の様子をお伝えする予定です。そうなると、12-13年ぶりのアイスランドでの年末年始になる予定で、今からすごく楽しみ。今年の春以降からICELANDiaは拠点をアイスランドに移す予定です。それに伴いショップの運営が変更になり、扱わなくなる商品や、逆に扱いを新たに開始する商品等、いろいろと変化があるかと思います。なので、今年の福袋は特にご注目ください!

2017年がみなさんひとりひとりにとって、よき一年になりますように!

写真は大晦日のボンファイヤー
c0003620_02433994.jpg

 それでは本年もどうぞよろしくお願いします。小倉悠加/ Yuka Ogura

[PR]
# by ICELANDia | 2017-01-02 02:44 | Comments(0)
2017年2月19日アイスランド音楽イベント決定!ビョークから14歳の新人まで今年も盛りだくさん!
 アイスランドは暖冬気味で、ずっと雨ばかりで雪はまだかなぁと首を長くしていると、「振った振った、やっと雪だ!」と喜びの声がレイキャヴィクの友人達から先ほど聞こえてきました。全員が全員喜んでいる訳ではないとはいえ、朝といっても10時過ぎないと陽が昇らず、15時頃には陽が落ちる日照の短いこの時期。雪になった方が街が明るくきれいになるという声が多いのです
 
 そして、もうこんなお知らせをする時期なんですね〜。来年も2月のトーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルで、アイスランド音楽イベントをやります!

『アイスランド音楽の現在vol.7』
 御予約は http://www.uplink.co.jp/event/2016/46843 

2017年2月19日(日)
 一回目 16-17:30 
 二回目 19:00-20:30


  2017年は『アイスランド音楽の現在vol.7』。あっという間に7回目!そして毎年、毎回このイベントは売りきれの盛況で、本当に有り難い限りです。同時に、毎年どのようにアイスランドの現在を、音楽シーンをお伝えすべきか、取材の計画から計算すると、半年前からコツコツと準備を始めます。さて、2017年はどのようなアイスランド音楽をお伝えできるでしょうか。

 有望な新人も出現し、ベテランとしてはビョークのスペシャル・コンサートもあり、2016年のアイスランド・エアウエイブスも盛りだくさんでした!

 このイベントでアイスランドへの興味を、音楽への造詣を深めたという方も少なくないので、どこにでもあるような情報はなるべく省いて、ここでしか見つからない情報をお伝えしています。そして勿論今回も独自でドキュメンタリーを制作(協力してくださるシバノ・ジョシアさんに感謝!

 会場の展示スペースでは写真家・シバノジョシアさんが10年間撮影してきたアイスランド音楽シーンの写真展が同時開催されます。写真展は2/8(水)~2/20(月)開催。こちらもぜひお楽しみください!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         今年のクリスマスはアイスランド音楽で!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2016-12-19 22:32 | News | Comments(0)
嘘偽りなし!アイスランド手編み協会製アイスランド・ウール100%手編みセーター今年も登場!
 今年はどんな冬になるのでしょうか。アイスランドは暖冬で、まだレイキャヴィクに雪がほとんど降っていない状態だそうです。日照時間が4時間ほどになる季節なので、「雪で白い方が明るく、気分も沈まず有り難いのだが・・・」という人もちらほら。日本も例年よりも若干暖かい印象ですが、さて統計的にはどうなのでしょうか。

 今年もセーターの季節の到来です。アイスランドのニット・セーター、一度着用すると手放せなくなりますね。暖かくて軽い!地がしっかりしていて厚手ですが、カウチン・セーターのようなズシリとした重みはありません。私が愛用しているアイスランドのニットとしては普通程度に厚く、当然肩周りにも模様のあるカーディガンでも500g弱です。繊維1本1本の中に気泡が入っているせいで、この軽さなのですね。少しサラっとした手触りの外毛は撥水性もあり、世界でも類を見ない知る人ぞ知る高級ウールです。
c0003620_16404528.jpg
 
c0003620_16392072.jpg

 そして今年もまたアイスランド手編み協会からプルオーヴァーとカーディガンを仕入れてきました。今年はお客様の要望にお応えして、カーディガンを多めに仕入れてきたつもりでしたが、出したトタンに売れていき、カーディガンの残りが少なくなっています。

アイスランド手編み協会謹製セーター

 正真正銘アイスランドのウール100%。そして手編み。それでこのお値段!みなさんにこの暖かさ、便利さを体験していただきたく、お値段は本当に抑えてあります。なので基本的に定価販売です。デパートや専門店等では3倍程度の価格がついていておかしくない製品です。ぜひサイズや柄が選択できるうちにご覧ください。

 また、ニット製品は着用しているうちに、身体に合ってくるのが常です。最初に少し小さければ身体の形に添ってフィットしてきますし、大きめであれば、同じように肩のあたりはしっくりしてきます。逆にニット帽などは、最初からゆるいと、ゆるゆるになって脱げやすくなります。最初は少しきつめかな?程度が正解です。

 この年末年始はぜひ流行に左右されず、あったたかなアイスランドのセーターでお過ごしください!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2016-12-16 16:50 | News | Comments(0)
アイスランドの魅力が300ページに濃縮された最新コンパクト写真集『Planet Iceland』登場!
 ICELANDiaショップでロングセラーとなっている約10センチ角のコンパクト写真集『Iceland / Small Planet』が火付け役となり、いろいろな本がアイスランドではこのサイズで出版されています。そしてアイスランド国内では2017年からの販売になる最新写真集『Planet Iceland』をICELANDiaでは一早くゲット。アイスランド好きのあの方への、クリスマス・プレゼントやお年賀にぴったりです。300ページ以上で内容もぎっしり。見応えたっぷりです。
 写真を撮影したのは、アイスランド国内外で非常に人気のある写真集を何冊も出しているSigurgeir Sigurjonsson氏。時に幻想的に、時にカラフルに、時に力強く、自然の魅力をさまざまな角度から私たちに見せてくれる達人です。

 この写真集の内容はアイスランドの自然が中心。自然が織りなすパターンを丁寧に追っている印象です。特に冬景色が多いかなそれでも自然だけではなく、人々の様子や民家なども若干あり、人が居なくて寂しいということもありません。観光で行く程度では、到底垣間見ること背できない、アイスランドの自然の表情が丁寧に切り取られています。オーロラの写真もあり、見るとアイスランドへ行きたくなることでしょう。

 『Iceland Small World』と比べると数センチ大きく、その数センチの差が見事に出ている感じです。迫力が違います。さほど重さは変わらないので、少しだけでもゴージャスに見たい方は、こちらをお勧めします。あと、アイスランド全般はわかったから、少し自然の写真を多めに見たいという方にもお勧めです。お揃いのミニ・バッグもついてくるので、プレゼントには本当に最適!
 写真家のシグルゲイルはアイスランドで最も有名な写真家で、今までに何冊も評価の高い写真集を出版してきました。その彼が、初めて自ら発行したのが前述の『Iceland Small World』で、一般の出版社を通さず、細部まで自分の考えを反映して作った自信作でもあります。2012年春に出版して以来、アイスランドで最も売れている写真集となっているため、それ以降はすべてご自分で制作発行しています。

 テーブルの上にちょこんと置いておいても邪魔にならず、ふとした時に手にとり、パラパラと見るのにちょうどいい素敵な小型の写真集です。ぜひ一家に一冊どうぞ!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2016-12-13 00:29 | News | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム