execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:Iceland Airwaves ( 127 ) タグの人気記事
アイスランド・エアウエイブス2012(6):強風の夜はベッドルームコミュニティ音楽を堪能!
 師走に突入し、何となくわさわさしている感がありますね。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。
 12月の寒い時期に考えるのもナンですが、来年の夏にICELANDiaではアイスランド・ツアーを特別企画していて、普通に旅行会社が出しているアイスランド・ツアー内容よりも、ちょこっとヒネリを効かせてあります。発表までにはまだ少し時間をいただきますが、ぜひお楽しみに!
c0003620_0161752.jpg
 さて、今回は私が大好きなベッドルーム・コミュニティ・レーベル満載のレポートです!




== 2012年アイスランド・エアウエイブス・レポート(6)==
11月2日

記録的強風の中、ヴァルゲイル、ニコ、ベン他、
最強のベッドルーム・コミュニティ・ライブを堪能!

 photos by Joshia Shibano
 クレジットが無い写真は小倉のスナップです


 (前回はこちら)アイスランドは風が強い国です。説明会の時にさんざん、「強風に注意してください」と言ったせいか、初めてアイスランドにいらした方々は、「ホ〜、強風っていうのはこんなにやっぱりスゴイものなのか!」と思ったらしいのですが・・・。

 そうじゃないです!この強風は異常!!

 アイスランド・エアウエイブスが最も盛り上がる3日目の金曜日、外からは何やらスゴイ風の音が。私のFacebookには300名以上のアイスランド人が”友だち”になっていますが(ほとんど実際に面識があります)、普段およそ強風の話など見たことがないのに、やたら強風の話題が出てきている。

 尋常ではなさそうなのでニュースサイトを見ると、案の定、もんのすごい風!用事があってアイスランド人数名と電話で話したところ、どうやらレイキャヴィク市内でも風速12メートル程度。北部では30メートルという異常な強風で、「用事が無いなら午後の遅い時感まで出ない方がいいよ」と言われたので、素直にそうすることに。
 
 なんというか、もう風が台風並みなんです。強風に慣れているレイキャヴィク市民でも、突風に飛ばされてケガや打ち身になり、病院の救急がものすごい混雑だそう。くわばらくわばら。体重が軽い私は前へも進めないことでしょう。

 後から尋ねてみると、40-50代の人でも、「あんな強風は僕の人生でも初めて!」と言っていたので、あれはホント異常でした。

 そんな状況だったので、離れた場所のオフ会場へ行くのは自殺行為で、例えタクシーでも車のハンドルが風に取られて危ないため、これも得策ではないとしました。

 前夜、年齢も顧みずに無理をしたため、この日は寝坊を決め込んで、てホテルの朝食を食べていません。なのでランチはしっかりとどこかに食べに出たい。幸いホテルのロケーションはいいので、周囲にいくらでも食べるところはあるけど・・・。

 オフ会場のスケジュールを見てみると、ちょうど徒歩1分のところにあるレストランで14時からBorkoが演奏する。なので13時過ぎにレストランへ行き、ゆっくりとランチにしてからボルコを見ることにしました。

 それにしても、たった10メートルかそこらの距離を進むのに、どんだけ時間かかるのか!強風で戻されたり、引っ張られたりして、普通なら走って10秒のところへ行くのに、3分はかかってた感じ。ひゃ〜。

 ということで、レストランで注文したのがサーモン。前夜ほとんど何も食べていなかったし、朝食も食べてないので、ちょっぴり奮発。見た目よりも味がいいのです。アイスランドのサーモンは美味い!!
c0003620_23121042.jpg

そして時間にちょっと遅れて Borko の演奏が始まったけれど、何となく音が歯抜けな感じ・・・・。
 「すいません、強風のためギタリストの到着が遅れています。到着次第、彼は演奏しますから」とのこと。文句は言えない。暴風だもん。楽器を持って、駐車場から会場へ入る間でさえ危ないと思う。

 ニュー・アルバムのリリース直後ということもあり、会場は満杯。彼はホワンとした雰囲気の持ち主だけど、ハっとするような斬新なフレージングや最先端の音を時々入れてくるのが、どことなくミスマッチで楽しい。
 ちなみに、ボルコのニュー・アルバムはサイン入りでゲットできるよう、本人にも頼んであります。

 まったり座っていたのと、私のテーブルの周囲がすごい人になってしまって身動きできず、このような写真しかなくて失礼。
c0003620_2312914.jpg

 次はどうしようかと考えたところ、風がまだすごいのであまり動きたくないものの、ランドロマット・カフェなら普通でも歩いて2分なので、その程度なら強風でも歩けるかと向かいました。

 この強風なので、食+音楽の一石二鳥を狙う人が多いのか、オフ会場にしては混み混み。やっとのことで席をゲットし、そこに登場したのが ミラ・ロゥス 。彼女は現時点では配信のみのアーティストだけど、ビジュアルが印象に残っていたので、ぜひ聴いてみたいと思っていました。
c0003620_2312926.jpg

 彼女もとてもいい感じのシンガーソングライターで、アイスランド人としては割合よく出逢う、ちょっぴりハスキーで落ち着いた歌声。会場がガヤガヤとウルサイので、結構過酷な状況。こういうシンガーソングライターは、静かなところでじんわりと味わいたい。

 その後、風がマシになってきたので、ホテルに直帰せず、小物の買い付けの下見に行くことに(この話はまた後日)。

 さて、フェスもこの辺になってくると、私のお年頃の関係もあり、随分と疲れてきます。なので、あまり活動し過ぎず、ここは一旦ホテルに戻り、少し横になりたい。でも、ホテルに帰っても、今度は買い付けのアレンジや連絡事項をこなすことで忙しい。

 今回のアイスランド・エアウエイブスは、取材とフェスを完璧に分離させたのでその分は楽だったけれど、買い付けとフェスが重なり、これが問題だったかも。あれこれの都合により、どうしてもそういうタイミングになってしまったので仕方がないか・・・。

 さてさて、アイスランド・エアウエイブスで一番盛り上がる金曜の夜。本来なら、あそこの会場、ここの会場と渡り歩きたいけれど、風は弱まったとはいえまだ吹いているので、今夜はひとつの会場に留まるのがベター。
 となると、場所は同じでも3会場揃ってるハルパへ行くか、大好きなベッドルーム・コミュニティを見に行くか・・・。

 うーん、よーくスケジュールを見て、あれこれを考えたところ、ハルパはほぼ見たことのあるアーティストが多いし、会場の密集地でも細かく回るのは体力的も辛いし、それならやっぱり、安心してあれもこれも楽しめる大好きなベッドルーム・コミュニティを見るのが一番いい!ということに。

 食べ物が出てくるのが早そうという理由で、ホテルから近いコンビニ兼アラブ料理屋(?)みたいなところに入り、テキトーに頼む。もちょっと美味しいものが食べたかったけど、レストランは待つ可能性があるので避けた。フェス中は仕方がない。  

 そして向かったのが、私が一番好きな会場の イズノ 。この会場はレイキャヴィクで最も古い劇場であり映画館で、ウッディなフロアと、雰囲気のあるヨーロピアン調の内装が特徴。
c0003620_23143070.jpg

 イズノにまず登場したのが、新進気鋭のクラシック作曲家・識者である ダニエル・ビャルナソン 。今回はオーケストラを従えず、シンプルにファミリーで演奏。
c0003620_23151686.jpg

次は若手のアンビエント・アーティストの ポール・コーリー
c0003620_23164772.jpg  3-4年前私はヴァルゲイルのスタジオで会っていたらしい。その時から作り続け、このアイスランド・エアウエイブスに合わせて(やっと)デビューアルバム『Disquiet』を発表。
 ベッドルームの音楽が持つ雰囲気にとてもよくマッチしていて、いい感じ。先輩(ヴァルゲイルやベン)がガッチリと支えて内容もよく、時間ができたらじっくりとデビューアルバムを聴いてみたいと思わせる演奏でした。
c0003620_23161028.jpg

 大きなセットチェンジもないため、サクサクとステージは進みます。ソロの、別個のステージなんだけど、大きなひとつのライブのセグメントのように感じるのは、やはりみなが同じレーベルに所属し、演奏者が共通しているからでしょうか。
c0003620_2321042.jpg
ヴァルゲイル・シグルズソン のステージでは、新作『Architecture Of Loss』が披露されました(ICELANDiaショップのCDは直筆サイン入りです。これ)。
c0003620_23203786.jpg

 ここで素敵だったのが、 ヴィオラの ナディア・シロタ 。ニコ・ミュリーと学生時代からの知り合いであり、卓越した演奏技能を持つ彼女が、奥の深いとてもいい演奏をしてくれた。クラシック楽器でありながら、エレクトロニックにマッチした演奏で、楽器自体の奥深さを見せてもらった感じがしました。なので、私は先日のスタジオ・ツアーからにわかナディア・ファンに。
c0003620_23283042.jpg

 そしてこの人がベッドルーム・コミュニティ・レーベルを支える親分のヴァルゲイル。今回のアルバムはバレエ用ということもあり、クラシック寄り。個人的にはもうすこしポピュラー寄りのやつを聴きたいなぁ。
c0003620_23283066.jpg

 次に登場したのはニコ・ミュリーが発掘した パズル・ミューテソン(=テリー) c0003620_2330148.jpg
 私は去年の暮、彼のアルバム『En Garde』にどっぷりとはまりました。だって、超好みなんだもん。今も時々、どうしても何となく聴きたくなる、不思議な魅力のあるアルバムです。

 彼の繊細な歌声を、これまた繊細な演奏が支えます。これを見ながら思ったのは、ゴージャァ〜ス!だって、ピアノはテリーのアレンジをしたニコ自身だし、エレクトロの部分はヴァルゲイル。このコンビネーションは、アイスランド・エアウエイブス以外では滅多に無い。
c0003620_2331367.jpg

 次は ニコ・ミュリー 自身の出番。

c0003620_23325343.jpg ここでは彼の最新アルバム『ドローンズ』からの曲を披露(直筆サイン入りアルバムはこちら)。好き〜!好き〜〜!ニコのドローン、ものすごく好き〜〜!!

 タイトルはドローンだけど、結局ミニマルみたな感じで、ミニマル現代音楽ドローンというのが正確なところでしょうか。ここでもナディアが活躍。
c0003620_2334231.jpg

 続いては サム・アミドン
 c0003620_2338780.png
彼の最新作『I see the Sign』もニコのアレンジなので、ニコ・ミュリー出ずっぱり!仲の良いアーティストのサポートをするのはきっと楽しいんだろうなぁ。こういうファミリー感覚も好き。ギターにベン・フロストも入ってますね 
c0003620_23401949.jpg
 サムはカントリーなので、「さぁ、みなさん一緒に歌いましょう!」的なパフォーマンスもあり、なかなか楽しめた。いっしょに歌いたいと思って覚えていた曲だったので、個人的にバッチグーだったわぁ。
c0003620_23413119.jpg

 最先端のサウンドスケープが続く中、テリーとサムのパフォーマンスは、いい意味で普通に楽しめた。それでも、彼らの歌手としての個性はものすごくキョーレツで、放置すると泥臭く土臭くなりそうなところを、ニコが上手に料理して各々の個性を潰すことなく、引き立て、際立て、洗練された音楽に仕上げている。
 ーーということで、近年私はニコにぞっこんなのです。

 すごく話は逸れるけど、私はゲイが大好き。というのも、男性でありながら、女性的な繊細さを持っていて、芸術家の場合はそれが芸によく現れるから。ニコもたぶん例外ではなく、男性的なダイナミズムの中に、女性的な微妙な繊細さを持ち合わせていて、それがたぶん、私の中の女性的要素と、それから私はどちらかというと男性っぽい女なので、そんなところが陰陽のようにぴったりくるのかな、と。ものすごく物事を単純に言えば、ね。
 
 誰でも自らの中に女性的な部分と男性的な部分を兼ね備えているとはいえ、私は男性一辺倒の男性は苦手で、そういう男性は往往にしてこういった微妙な芸術はピンとこない気配。

 こういう世の中なので、ゲイに対する偏見はまだまだあり、(特にいわゆる男っぽい男性からの偏見が強いんじゃないかと思う)きっと人一倍悩んで、人一倍もがいて大人になってきたんだと思うし、それを跳ね返して、その繊細な感覚を生かして芸術の分野で活躍する存在になるというのは、すごくシンボリックだし、だからこそ応援したくなってしまいます。ヨンシーもそのひとり。

 そしてベッドルーム・コミュニティ・レーベルのトリを務めるのは ベン・フロスト 。ベンの演奏は夜中の1時からなので、それを避けるためにオフ会場で先日見ておいたつもりが、オフ会場での演奏があまりにもよくて、メイン会場でも見たくなったという本末転倒。
c0003620_23433769.jpg

 今回のベンのテーマはドラムス。二台のドラムセットで、複雑にリズムを刻みます。ライヒのドラミングみたいな感じではなく、もっとダイナミックでリズミック。でも、単純にダブル・ドラムスにしたというのではなく、ビートがダイナミックに複雑に絡み合い、これが実に感動的でした。ベンも好きだわぁ。私、気が多いわぁ(笑)。
c0003620_2344816.jpg

 満足して外に出てみるとほとんど風は収まり、いつものレイキャヴィクの顔に戻っていました。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                           北欧のニットやキッチン小物、シガーロスのレア盤はここで!↓


[PR]
by icelandia | 2012-12-05 23:45 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
シバノジョシア写真展:アイスランド・エアウエイブス2012(5)オフベニュー番外編
 今回のICELANDiaブログは、私がスタジオ・ツアーへ同行したりで別行動だった時、シバノ・ジョシアさんが独自で撮りに行っていたアーティスト中心の写真展です。

  前回のブログ(前回のアイスランド・エアウエイブスのレポート)はここにあります。

== 2012年アイスランド・エアウエイブス・レポート(5)==
シバノジョシア写真展11月1日番外編

シバノさん撮り下ろし!注目のアゥスゲイル、ミカエル、
エージェント・フレスコなど

 photos and text by Joshia Shibano

 
c0003620_16304045.jpg

音楽フェス・エアウェイブスを2007年から取材を続けているフォトグラファーのシバノです。
 
11月1日(木)は小倉さんツアーの会場下見に朝から同行し、皆さんがシガー・ロスのスタジオツアーへ行かれている間、別行動で、昼間開催されているオフヴェニュー取材に行ってまいりました。
 
年々オフのボリュームも増え、会場選びの選択肢もとても多くなっているのですが、昨年行けなかった『ノルディック・ハウス』という会場でのライブ撮影へ。
 
この会場は一つだけ街中から若干離れた場所に位置してまして、市庁舎の建つチョルトニン湖をこえたところにあります。
写真は、ノルディック・ハウス外観。
この日は風が強くなりつつありましたが、天気はとてもよい一日に。

c0003620_16304057.jpg

まず最初はここ数年のフェス常連バンド Agent Fresco から、09年頃からAirwavesをけん引しているバンドの一つという印象で、この日もお客さんはもちろんの事、メディアもたくさん詰めかけてました。

c0003620_16304132.jpg

ヴォーカルのArnór。Agent Frescoは大会場ではエネルギッシュに激しく、今回のノルディック・ハウスではアコースティックに静かに。激しい雰囲気とそのどちらもがファンから支持されてるバンドですが、エアウェイブス中は特にこの場所でのパフォーマンスが素晴らしかったという評判をきく事が多く、09年フェスの音楽ドキュメンタリー『Wheres's the Snow?』にもその様子が一部収録されてます。
 
ちなみに、今回も映画監督の一人Bowen君が撮影してました。

c0003620_16304113.jpg

個人的に過去の撮影では熱気が充満しているメイン会場で彼らを撮影している機会が多かったのですが、ノルディック・ハウスでのライブはじっくり彼らの演奏と向き合える雰囲気で、映像で観ていた以上に濃密な音を堪能出来ました。


c0003620_16304240.jpg

さて、お次は2012アイスランド音楽シーンのホープ Asgeir Trausti
写真右がAsgeir君。毎年、現地についてから「今年はこの人が注目だよ」と色んな人に言われるアーティストがいるものなんですが、個人的に今年はAsgeir君でした(去年はof Monsters and Menだった)。
 
c0003620_16304232.jpg

印象的だったのが、Agent Frescoが終了した後にだいぶお客さんの層が入れ替わり、特に最前列の椅子より前に座り込んで観てる人たちが若い女性ばかりに!
別な会場で撮影した時も実感したのですが、彼はとても女性人気が高いようで、こういう少しアイドル的な人気を感じるアーティストは意外とエアウェイブスには少ないと思うので良い意味で違和感(?)
 
c0003620_16304334.jpg

とはいえ、ライブ自体は浮ついた雰囲気では無くしっかりと実力派な印象。
この日は二人のアコースティック編成だったので、よりしっとりじっくりと
聴かせてくれました。

c0003620_16304315.jpg

特に二人のMCも無く、演奏された曲数も少な目だったオフヴェニュー。
注目のAsgeir君は11月4日(日)のシガー・ロスライブ前に、小倉さんと
インタビュー撮影+ライブ撮影に再度行ってますので、彼についての
詳しいレポートはまた後日♪

 
c0003620_16304415.jpg

さて、お次はガラッと雰囲気の違う Mikael Lind のライブ。
写真は、フェス前に音楽ショップ 12 Tonar で撮影したMikaelです。
この時も小倉さんインタビュアーで色々とアーティストに話を聞いてますので、その様子もまた後日、別な形で♪

c0003620_16304414.jpg

Asgeirが終了して、Mikaelになるとまたオーディエンスの皆さんもガラッと入れ替わってまして、この日のノルディック・ハウスは色々な層の音楽ファンが足を運んでいた印象。
 
Mikaelの個性的な現代音楽は身をゆだねていると、あまりにも心地よくα波出まくり。当のご本人は演奏中にもシンセとグランドピアノを往復してのパフォーマンス。
 
c0003620_16304510.jpg

以前撮影したのが09年のHressoという会場でのライブで、その時はMikael+ストリングスという編成でのライブ。今回は単独で鍵盤中心の演奏だったので、より集中して彼の世界に浸れたような。
 
この日のノルディック・ハウスライブは、今年も小倉さんのICELANDiaブログ向けに一緒に撮影していた写真家のKurita Keikoさんも偶然ご一緒だったので、後日また違った視点からの写真もレポート掲載されるので、楽しみです♪
 
シバノのノルディック・ハウスライブレポートはここまでで、この後はスタジオツアーから帰ってきた皆さんと合流し、 Mumのオルヴァル 達の展示を撮影させていただき、夜のメインヴェニュー撮影へ。
 
c0003620_16304516.jpg

既に小倉さんにアップいただいている1日夜のメインヴェニューですが、海外からのアーティストを1つだけ撮影していたので番外編でご紹介。
 
写真は、会場のレイキャヴィク・アートミュージアムのオーディエンスの様子。SamarisからSoleyの間ですが早い時間から混みあってました。
 
c0003620_16304685.jpg

アイスランドのユニットSamarisの後に登場したUSからのバンド Phantogram 、シンセの女性ヴォーカルをメインにした3人編成のバンド。

c0003620_16304690.jpg

最初から最後までテンションを下げずにエネルギッシュにパフォーマンスしまくるバンドで、アイスランドでどの程度知名度があるのか?ですが、ノリの良さにつられて意外なほどミュージアムのお客さん達はノセられまくってました。

c0003620_16304711.jpg

毎年思うのですが、レイキャヴィクっこ達は単純にガーっと盛り上がりたいのか、USからのこの手のバンドのライブはどの会場でも割と盛り上がる傾向があるような気がします。
 
前回の小倉さんのレポートでSoleyのライブがあまりミュージアムには合ってなかった印象と書かれてましたが、このバンドの後だったので個人的にもオーディエンスの温度差は少し感じましたね(彼らからすれば、アイスランドのアーティストはいつでも観られるので。
 
11月1日(木)番外編のレポートはこれにて終了♪
次回2日(金)は記憶(記録?)に残る大暴風デーのフェスの様子です!
 
小倉さん、貴重なスペースをいただきありがとう御座いました。(次回に続く)
***

 ノルディック・ハウスは世界的な建築家アルヴァ・アアルトの建造物でもあり、その外観や内部の作りなども楽しんでいただける場所です。特に中にある図書館がとても居心地よく、眺めのいい場所にはレストランもありあす。
 ちょっとしたジャズ・ライブなどがよく行われることでもわかるように、音響も雰囲気もよく、私もノルディック・ハウスで見たかったぁ!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                        北欧のニット小物、シガーロスのレア盤はここで!↓


[PR]
by icelandia | 2012-12-02 16:51 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
アイスランド・エアウエイブス2012(2):『Valtari』関係の美術展に次ぎ、急いでライブへ!
==  2012年アイスランド・エアウエイブス・レポート(2)  ==
初日10月31日後半

『Valtari』関係の美術展に立ち寄り、急いでライブへ!
 photos byJoshia Shibano
ジャケ写は除く

 前回はこちら というわけで、モール・ミュージック主催の楽しい一時はあっという間に終わり、ツアーのお客さまが夕方数名到着するため、そのお迎えへ。

 ホテルでお会いすることになっていたので、お客さまを待たせてはドキドキ心配するでしょうから、そのようなことがないよう、常に飛行機の着陸時間はチェックし、バスの走行時間との兼ね合いも考えて移動。
 写真家のシバノさんと共にお客さまがスムーズにフェスティバスのリストバンドをゲットしたのを見届け、1時間遅れで美術展のオープニングへと向かいます。

 この美術展は『Varúð』とタイトルされたもので、シガーロスのニュー・アルバム『Valtari』のジャケットを手がけた インギビョルグとリリア が開催。
 『Valtari』そのもののアートではありませんが、モチーフやバックグラウンドなどはジャケに使用したものを用いて、イメージを膨らませた作品を展示していました。

 ギャラリーではとっても素敵な感じのリリアが待っていてくれました。もうひとりの主役であるインギビヨルグ(リリヤのお姉さん)は、数日前に出産したばかりなので、さすがに出席は断念。「インガもすごく出席したがってたんだけど、出産直後だから無理って」とリリア。そりゃそうですよね・・・。
c0003620_0392885.jpg

 たぶん、モール・レーベルのレセプション出席者がほぼ全員このギャラリーに移ったと思われます。が、私はオープニングから一時間遅れで顔を出したので、さて実際はどうだったのでしょう。
c0003620_0394441.jpg

 私が行った時には既に人が引いていて、残っていた知り合いは ヨンシー くらいでした。ちゅーか、はい、ヨンシーは居ましたよぉ!

 展示作品は、ビデオアートとプリントで、ヴァルタリの船のアートもあれば、それにインスパイアされた別のモチーフのアートも。こじんまりとしたいい感じのギャラリーで、ゆったりとアートを楽しむことができます。
c0003620_0402517.jpg

 で、ヴァルタリ船(?)が描かれた手頃な大きさのアートが売りに出されていたので、限定10部のうち5部を浚ってきました。後日、ショップでお裾分けしますね!限定のアートなので、お値段はそれなりになりますが、シガーロスファンにはたまらない一品かと思います。これは別口にブログでアナウンスするので、ぜひお楽しみに!!
c0003620_0402519.jpg


 ここらへんで一日が終わってもいい量の物事をハシゴしていますし、実際にそんなココロモチではありましたが、まだまだライブがあり、仕事も残っています。

 この日はツアーのお客さまの到着日で、ツアー本体は夜に到着するため、それまではライブを勢力的に見ます。が、会場を回っていると余計な時間を食うため、これからはハルパ会場に入り浸る作戦でいきました。

 まず見たのが ウルヴル 。ヨンシーのソロ公演の際にバックで来日したこともある彼は、ソロ・アルバムも出しています。前日にインタビューもしたので、彼のライブをカルダロンというホールで鑑賞。
c0003620_045229.jpg

 ほとんど真っ暗な中、バックのサイケ調のビジュアルが映し出され、ダークなアンビエントを聞きながらその映像を見ていると、サイケな世界に吸い込まれそうになっていきます。ウルヴルはとても明るくて可愛い感じの男性ですが、音はかなり重々しくダークで、ちょっとびっくり。
c0003620_045253.jpg
 音とビジュアルの凝った世界にいい感じで浸らせてもらいました。

 そのまま同じ会場で、元Ulpaのヴォーカリスト Magnus Leifur を数曲。腹ペコになってきたため、ここで少し腹ごしらえをすることにします。
c0003620_045243.jpg

 ハルパ内は軽く食べられる場所もあって便利。ここがそのカフェのテーブルスペース。仕切りもないため、カフェで何かを頼まなくても座っていられるオープンな雰囲気が魅力。
c0003620_0463681.jpg
 そして食べたのがこのハンバーガー。ポークだった覚えがあるのに、なぜか写真での見た目はチキンかな?何に惹かれたかといえば、フライポテトがスイートポテト(=さつまいも)だったこと!!普通においしかったです。
 これでしっかりと腹ごしらえ完了。
c0003620_0463649.jpg
 ハンバーガーをほおばっていると、知り合いのミュージシャンがカフェやってきてビールをオーダー。「これから何を見るの?」と尋ねられたので、「Ojba Rastaへ行こうと思って」というと、我が意を得たりとばかり「僕もそうなんだ!」と。

 で、これが オィヤバラスタ。グループは13名という大所帯。
c0003620_0484014.jpg

  地元ミュージシャンの間で注目だったようで、見かけたのが For A Minor ReflectionRokkurro等のメンバー。管楽器系が勢いよく鳴るパーティー系だけど、レゲエなので軽さがいい。キャッチできたのが最後の数曲だったけれど、なるほど、こりゃ話題になるわね、というエッセンスは見えたような気がしました。c0003620_0493114.jpg  アイスランドは寒いせいか、なぜかハワイアンとかラテン、レゲエが受ける国で、数年前にバカ受けしたヒャルマルもレゲエでしたっけ。
 ちなみにニュー・アルバムの『Ojba Rasta』はショップにあります(まだレビュー書いてなくて失礼)。

 そして次に向かった会場ではモールのレセプションで会ったヨーイがマネージメントを担当する Nora。兄妹のコンビでなかなか息の合ったポップを聞かせます。でもアイスランドらしく、明るくカラっとしたポップではなく、ちょっぴり哀愁味がかったところがミソ。バックの音もなかなか厚くていい感じ。大きく受けるには、もう少し工夫が必要っぽいけれど、基本的にはいい線してるなぁというのが感想。
c0003620_051634.jpg

 メガネっ子なのもかわいい。
c0003620_051751.jpg

 ここはカルダロンという劇場形式のホールで、客席はこんな感じ。
c0003620_051498.jpg

 そしてこれから登場するのは、ヤコブ・フリーマン・マグヌソン率いるジャックマグネットクインテット
 でも、ツアーのお客さまが空港に到着し、バスが空港から出たという一報も入っているので、その到着時間を睨みつつなので、気が気じゃない。
 アイスランド・エアウエイブスのライブに関して私が義理を取ることは、特に近年はほとんどないけれど、ヤコブだけはどーしても見たかった。
 彼がアイスランド・エアウエイブスに出るのは初めてだし、日本でいえばJASRACにあたる著作権協会(STEF)の会長をしている彼には、長年とてもお世話になっています。なぜ私に気を遣ってくださっているのか分からないけれど、私がアイスランドに来る度に、可愛いお嬢ちゃんといっしょに家族で食事をしたりする人なので、こればかりは一目でも見なくちゃ。
c0003620_0543581.jpg

 ヤコブはアイスランド大人気グループ(ビョークよりも人気がある)スツーヅメンのキーボード奏者でもあり、日本ではAORの名盤として誉れ高いアルバム『ジャック・マグネット』の作者その人。
c0003620_055288.jpg

 サックスはFarmers Marketのセーターブランドの社長である ヨーエル・パルソン (奥さまがデザイナー)、ヴォーカルはヤコブのお嬢さんの ディーサ
c0003620_056712.jpg

 演奏はもうバキバキのフュージョンで、アイスランド・エアウエイブスでフュージョンって初めて聞いたわぁ。そのキーボードをしっかりと支えるのがヨーエルであり、ディーサのヴォーカルは歌ではなく、声が楽器として使われていたのが印象的。彼女、どんな楽曲を歌わせても個性的で上手にこなすけれど、このジャンルでこういった声の使い方をするのは、初めてではなかったろうか。

 もう少し聴いていたいけど、お客さまを迎える関係で会場を飛び出してホテルへ。
c0003620_057833.jpg
 というわけで、長旅を終えたお客さまがレイキャヴィクに到着。明日からは、スケジュールが目白押しなので、今夜はゆっくりと休んで、明日から目一杯、アイスランドを楽しんでもらえればと切に願うのでした。(次回に続く) (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                                      新譜続々のアイスランド音楽はここで!↓


[PR]
by icelandia | 2012-11-20 00:58 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
アイスランド・エアウエイブス2012(1):初日前半 ミュージシャンに囲まれ濃厚にスタート!
 今年もアイスランド最大の音楽フェス、アイスランド・エアウエイブスを存分に楽しんできました!
 私のツアーに御参加くださったみなさまには、他では絶対にできないスペシャルな思い出をたくさん作っていただけるよう、長年培ったコネを今年も駆使して、濃厚で充実した時間を過ごしていただきました!
c0003620_2005086.jpg

 総合的に見ると、たぶん歴代で最高のフェスだったのではないでしょうか(私は2003年からこのフェスを見続けています)。
 なぜそういう評価になるかといえば、とにかく運営がよかった。受付等もアイスランドにしては分かりやすくスムーズだったし、30分、1時間遅れが当たり前だった会場の進行も、今年は最高でも15分程度しか遅れていなかった気配(少なくとも私が行った会場では)。

 また、海外組アーティストのPolicaの(わがまま)ドタキャンにもめげず、しっかりとメインアクト(Purity Ring)を出してきたし、ニューヨークの天候の都合で飛行機が飛ばずに出演キャンセルとなったアーティストも、アイスランド現地の大物アーティストが急遽出演を承諾してしっかりと穴埋め。
 加えて今年はレイキャヴィクが嵐のような強風に見舞われ、強風慣れしているアイスランド人もびっくりのスゴイ風でしたが(場所によっては風速30メートル以上を記録。レイキャヴィクで15メートルくらい)、これも特に混乱なく過ごすことができ、ある意味、打たれ強いフェスであることも証明。

 それから、今年は国立コンサートホール&コンベンションセンター、ハルパの使い方が今年はとてもよかった!やっぱり1年も経てばアーティストも観客も近代的な建造物であり、本格的な音響環境のあるホールに慣れて、運営側も考えただろうし、特に強風の日はハルパにこもれば3会場つぶせるので風雨の中に並ぶのとは段違いなので、とてもよかったと思います。
 ただ、このフェスの常連としてはNASAの閉鎖はひどく寂しかった。それはみんな異口同音に言っていたこと。初参加者には関係なかったことですが。

 あとは、年月を経て国際的なフェスに成長しただけあり、演奏の内容全般にレベルアップを感じます。これは数年前からそうだったかな。

 でも私が「歴代最高」という感想を抱くのも、もしかしたら私自身が、いかに割り切ってこのフェスを楽しむかを塾得したせいもあるのかもしれません。なにせ一晩に7-80組が演奏するため、全部見るのは無理。なので、何を見て何を切り落とすかの腹の括り方も、ひとつの大切な要素です。

 
==  2012年アイスランド・エアウエイブス・レポート(1)  ==
初日10月31日前半

ミュージシャン・レセプションに迷いこみ、いきなり濃厚にスタート!
 photos by Joshia Shibano
ジャケ写は除く

 今年もアイスランドの音楽のクリスマス、アイスランド・エアウエイブスがスタートします。その前まではなーんでもなかったレイキャヴィクの街が、前日から何となくワサワサし、街中の人通りも増えてきます。
 
 今年は、例年よりも2週間遅いフェスのスタートだと、日照がちょぴっと短い感じ。なので気温も低め。
 個人的にはフェス開始に伴い、3週間ほど借りていたアパートを引き払い、ホテル住まいに。それまで50平米の部屋を独り占めしていたので、日本のワンルームみたいな手狭なホテルの部屋にはちょっとヘコんだけど、寝に帰るだけだからいいか、と自分をなだめる。

c0003620_1982241.jpg そして今回のフェス初ライブはKiriyama Family。そういえば去年も、フェス前日にKEXへ行ったところ、このキリヤマがライブ録りをしてたんだっけ。

 前回も力強いヴォーカルと、ハーモニーの良さにちょっとびっくりしたんだけど、今年はそれが随分とこなれて、手慣れて、とても手堅くいいグループになっていた。実は私、隠れ(?)Kiriyama familyファンではないかと思うほど、結構気に入ってるんですよぉ。というのも、ツイン・ギターが好きだし、元来ポップスが好きなせいもあるかも。デビューアルバムの出来もいいですよぉ。
c0003620_14395142.jpg

 元Nilfiskのメンバーが数名入っていて、Nilfisk時代から考えると、本当に成長したなぁ、と・・・(今年はこういう、母親的な感想が多いかも。最初からお断りしておきますね(笑)
 このオフ会場で会ったのがアメリカ人監督のボーエン君で、各国に散らばるフェス常連とこうして会場で会うのも毎年の楽しみ。

 そして次なる場所に移動する前に私がスケボー広場と呼ぶ場所を通りがかると、見たことのある顔が!おぉ、 Agent Fresco ね。面識はないんだけど、せっかくなので声をかけると、日本語的に言えば「お噂はよく聞いていました」みたいな感じで、私が声をかけたのがよかったのか、とてもニッコリしてくれました。で、ドラマー(アフロ髪)とヴォーカルのアルノルとその彼女と記念撮影。
 一瞬の出来事だったけれど、いかにもアイスランド・エアウエイブスらしい瞬間で、あぁフェスが始まったんだぁと実感。
c0003620_14445072.jpg

そして妖精小屋(?)の極小会場では演奏が始まり、中を覗いてみるとアーティスト3名、客3名の6名しか中に入ってない(仰天(@_@))

 この小屋は、 Inspired by Icelandという観光キャンペーンのために作られ、各国のキャンペーン会場を回っているとのこと。中に入って演奏聞きたかったけど、ここではマジックパス(マスコミ用のフェスパス)も効力がなく、アイスランドの寒空で1時間待ちはさすがにできずに断念。
c0003620_14453331.jpg

 小屋の中の様子は外のサイネージに映し出されるし(ウエッブキャストもしていたみたいです)、音もPAで流されるので、ある程度は楽しめるんですが、「中に入ってる人、たのしそ〜」というウラヤマ・イイナイイナ状態の方が先に立つ感じかな。
c0003620_1446163.jpg

で、このサイネージの下にいるのはもしや・・・・

 あらま、 ムームのオルヴァルシーベアのシンドリじゃないですかぁ。おーおー、オルヴァルとはアイスランドの国際空港からのバスで同乗していた時以来。「え?!あれからずっとアイスランドに居たの?」と尋ねられてしまいました。はい、居ましたよぉ、3週間も何やってたんでしょうねぇ(笑)。
c0003620_14471477.jpg

 なので、ここでも記念撮影。今年は記念撮影が多いっす。

 そして向かった先はメイン会場のイズノでしたが、音楽を聴きに行く目的ではなく、 ドイツのモール・ミュージックのレセプション にお呼ばれしていたのでした。

 ドイツのモールというのは、アイスランドのキミ・レーベルのアーティストを数多く世界に配給しているレーベルで、パスカル・ピノン、シーベア、ソーレイ、シンファン、FM Belfast, ボルコ等がそのアーティストです。

 到着すると、メイン会場だけあり パスカル・ピノン がリハーサル中でした。で、シバノさんと私は2階へ向かいます。
c0003620_14474762.jpg

 この時期のレセプションというのは、もう九分九厘プレス向けレセプションなので、てっきりそうだと思って行ってみると、なんか雰囲気が違う・・・。ハッキリ言って、マスコミ率ゼロ。

 集まっている面々を見ると、ほぼ全員ミュージシャン。あとプロデューサーやマネージャーがちらりと混ざってるか、という程度。

 この写真でどの程度判別できるかは分からないけど、前述のアーティストが勢揃い!パスカル・ピノンのプロデューサーだから、 アレックス・ソマーズ もいるわけですよぉ(写真では後ろ姿で見えてる)
c0003620_14482418.jpg

部外者って私らだけ??!それではなぜ私がここに迷い混んだかといえば、いえ、迷った訳では無くて、せっかくなのでメールで何度かやり取りをしていた レーベル・オーナーのトーマスと「レイキャヴィクで会いましょう」ということにしていたので、トーマスが呼んでくれたのでした。

 提供されたのはビールと簡単な食事で、この食事が実においしかった。見た目なーんでもないですけどね。
 黒いのはちょっと甘い地熱パンで、白いやつがアイスランドの伝統料理である魚とポテトのマッシュ。これが基本に忠実で素朴でおいしいかった。私3回くらいお代わりしました。ここで食べておかないと夜中まで時間が無いことを知っているので、しっかりと食べさせていただきました。ありがとう、トーマス!
c0003620_1935111.jpg

 それにしてもよくこの場所で私が浮かなかったこと(いえ、実際には浮いていたのかもしれません)が、大半が個人的に話したことのあるミュージシャンばかりなので、私自身もそれほど違和感がなかった。
c0003620_1962943.jpg  せっかくなので、モール系のアーティストにここでサインをもらいました。これはリハーサルを終えて上階にやってきたパスカル・ピノンの双子ちゃん。サインしてくれたのはニュー・アルバムの『 Twosomeness 』です。
 思い返せば、そこにこのアルバムのプロデューサーであるアレックスが居たので、彼にもサインしてもらえばよかったと反省。あの場所でそれを思いつかなかったのが悔やまれます。ごめんなさい、みなさま。
c0003620_19101762.jpg

 他にサインを貰ったのは、 ソーレイ『We Sink』のとシンファンことシンドリ『Summer Echoes』
c0003620_19181880.jpg

 とびきり可愛いサインをしてくれたのが FMBelfastのメンバーであり、イラストレーターのローアで、こーんなキャラを描いてくれました。こちらでご販売 しています。
c0003620_19104360.jpg

 で、記念撮影しまくりになりますが、誰の手が分かってないピースサインが映ってるのが、ムームのグンニ。彼から「あぁ、久しぶり!」と声をかけてきてくれました。オルヴァルはよく会うんだけど、グンニは確かに久しぶり。
c0003620_19123272.jpg

 それからこの可愛らしい女性は シーベアーやムームでバイオリンを弾いているグッギー 。彼女は後日、シガーロスのレイキャヴィク公演でもバイオリンを担当。それはいいけれど、弓を持つ手をケガしていて、包帯姿で痛々しかったです。「弓は握れるから演奏は問題無し!」と言ってました。
c0003620_1920131.jpg

 端の男性はシンガポール・スリングのマラカス担当 シッギ君 で、ミュージシャンのサッカー大会でもいつも大活躍。真ん中の恰幅のいい男性は、いくつかのアーティストのマネージャーをしている ヨーイで、私は彼が12Tonarで働いていた時に初めて会ったので、もう何年前になるんだか。アミーナのメンバーの旦那さんでもあります。
c0003620_19204054.jpg

 そしてこれが、アレックス。アレックスの横の男性は彼のお友達だけど、誰かわからなくてごめんなさい。
c0003620_19214263.jpg

 レーベルの親分、トーマス・モールとの写真もあるのですが、アーティストではないので、顔出しがオッケーなのかわからないので、個人的にFacebookにでもはり付けておきます。(後半へ続く) (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                                          新譜続々のアイスランド音楽はここで!↓


[PR]
by icelandia | 2012-11-19 19:29 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
9月12日アイスランド・エアウエイブス・ツアー説明会最終。残席僅か!!!!

 アイスランド・エアウエイブス・ツアーの説明会も今年はこれが最後です。
 ↓↓↓

最終!9月12日アイスランド・エアウエイブス・ツアー説明会

 
催行決定、残席僅か!

c0003620_23175926.jpg

 シガーロスのライブも決定で、シガーロスのスタジオやベッドルーム・コミュニティ・レーベルのスタジオ見学も企画。ツアー独占ライブを、名門CDショップの12Tonarで行った後、打ち上げ会等も現地でやる予定で、独自企画も盛りだくさん。

 超よくある質問に「ひとり参加で大丈夫ですか?」と聞かれることがありますが、今年もふたりでの参加は2組居るかいないかみたいです。80-90%がひとり参加なので、ご安心ください。

 参加者の平均的な年齢は20代後半から30代半ばくらいでしょうか。ツアーでは私自身がぶっちりぎ高齢者なので、熟年参加は個人的に大歓迎です(冷や汗)。

 今年はオーロラの当たり年でもあるので、あれもこれも楽しみが満載です!

アイスランド・エアウエイブス・ツアー説明会最終回
日時: 9月12日(水)19:30~

場所:(株)ツムラーレコーポレーション
 最寄駅:JR山手線・京浜東北線 田町駅
 〒108-0023 東京都港区芝浦三丁目8番10号MA芝浦ビル7階 地図
予約: お名前とメールアドレス、参加希望日、参加人数、緊急連絡先電話番号を明記の上、iceland.airwaves.jpn(@)gmail.com までメールをお送りください。参加確認をご返信致します。
「よくある質問」等もまとめてありますので、詳しくはツアーサイトをご覧ください。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



  
サイトの内容更新中、説明会も実施中↓  
                                          
c0003620_1918417.jpg




  
アイスランドの旬な音楽、そして土産物もどうぞ!↓


[PR]
by icelandia | 2012-09-10 23:28 | News | Comments(0)
今年のアイスランド・エアウエイブスにシガーロス出演決定!オーロラも見られるか?!
シガーロス、2012年アイスランド・エアウエイブス出演決定!


 今年のアイスランド・エアウエイブスではシガーロスが演奏します!アイスランドでシガーロスが見られる!!
c0003620_2325652.jpg

 シガーロスのライブですが、内容はニュー・アルバムからの曲に加えて、近年演奏をしたことがなかった旧譜からの曲もかなりやるような気配。11人編成だそうなので、きっとアミーナやブラス・セクションもいるのかな?と今からワクワクしています。

 というニュースが入ったため、即時対応して、チケットは取れる体勢になりました。一般売りは6月からだそうですが、さて、どの程度のチケ争奪戦になるのか・・・。去年のビョークの時は、追加の公演もあったため、アイスランド・エアウエイブス中のチケットは24時間程度で無くなっていましたが、その他はもう少し時間的に余裕がありましたっけ。

 そして勿論、今年も「アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー」を行います!このツアーも今年で7年目で7回目。名物になってきた、シガーロスのスタジオ見学も例年通りに予定していますので、シガーロス・ファンの方は、ぜひこのチャンスにアイスランドを訪れてくださいね!

 旅行説明会は来週火曜日(5月15日)に行い、その後は私がアイスランドから帰国した6-7月に行います。 

<<アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー2012 説明会>>
日時:5月15日(火)19:00~20:30

場所:株式会社 ツムラーレコ-ポレ-ション
     ネットトラベルサービス
最寄駅:JR山手線・京浜東北線 田町駅(徒歩4分)
〒108-0023 東京都港区芝浦三丁目8番10号MA芝浦ビル7階
 地図は ">こちら

予約方法: お名前とメールアドレス、参加希望日、
参加人数、緊急連絡先電話番号をお書き添えください。参加確認をご返信致します。御参加者には、当日の連絡先電話番号を個別にお伝えします。
※現在、ご予約はメールのみでの対応になります。ご質問等もメールでお願い致します。
メールアドレス:iceland.airwaves.jpn@gmail.com

 今年のアイスランド・エアウエイブスは本当にワクワクですね!それに加えて、オーロラも当たり年と言われているので、オーロラ&シガーロスという至福の時になるか・・・・はお天気です!

 そういえば、アレックスが加入していたパラシューツのTシャツや、シガーロスの新作のアートワークを手がけたインガがデザインしたTシャツ等、かなりお宝をショップに出しています。
 狙い目は1000円や1500円以下のアルバムで、解説を読むだけでも結構面白いのではと思っています。まだご覧になっていない方はぜひ見てくださいね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





                                                新装レアレアもあるセール中!↓



こどもの音楽再生基金
[PR]
by icelandia | 2012-05-08 23:28 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
Kurita Keiko アイスランド・エアウエイブス写真展(2):とびきりキュートで妖艶なRaketa+Utidur!
 ムームのオルヴァルとシーベアのシンドリの共作ということで、ずっと待っていた期待のアート本『Picture Book 』が到着!これが期待以上の出来で、思わず時々手に取って見てはニタニタしちゃいます。

オルヴァルとシンドリ入魂のアート本『Picture Book 』
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=37212690
 布張りの装丁がすごくきれいな上、色も派手過ぎずに目立つ感じだし、紙質がいかにも自然ぽく、真っ白じゃなくてクリームというか生成りなのでこっくりしていてやわらか。そこに、彼らが自由自在に(好き勝手に?)お絵描き!
c0003620_23485215.jpg
 彼らのキャラってこうなんだぁという感じの、大胆なのにちょっと心優しくてユーモアのある絵ばかりで、心が温かくなってきます。

 表紙裏のポケットにある5インチのレコードは、ダウンロード・クーポン付きなのでダウンロードして聴けるし、本のサイズも手に取ってちょうどいい感じの存在感。
 いやぁ、これは本当に掘り出し物というか、作ってよかったし、手にしてよかったです。

 アイスランドのアーティストはオルヴァルとシンドリに限らず、音楽だけではなく様々なアート活動をしている人がかなりいます。そんな中、この12月で22歳になったばかりのラッケルは、すごーく多彩!

 作詞作曲や歌は当たり前。演劇みたいなこともする。ビデオ・アーチストとしてのパフォーマンスもやることも。血筋なんでしょうか。おばあちゃまはアイスランドの大女優で、おじさんはアイスランド人で初めてMOMAに常設展示が決定し、先日グゲンハイムで一大イベントを成功させたラグナル・キャルタンソン(元トラバントのヴォーカリスト)。

 ラッケルは本当にチャーミングなお嬢さんで、オフ・ステージでは素直で可愛い子だけど、ステージに立つと妖艶になり、私が彼女を初めて見たのは2年前で、このブログにチラリと書いていますね。
 以下にクリタさんも書いていますが、Tシャツ売り場で会った時のラッケルの写真はここちらのブログにあり、おっと、彼女のおばあちゃんの写真もあった。
 
 そんなこんなの以前のブログを見ていただくと、ラッケルのことがもっと少しわかるかもしれません。カリスマチックなオーラを持つ女性だと思うので、私は総合アーティストとしての彼女の将来にとても期待しています。

 そそ、それで、彼女がヴォーカルをしているグループの名前はUtidur(ウッティドゥール)です。

 ということで、前回のオノ・ヨーコさんに引き続き、第二回目のKeiko Kuritaアイスランド・エアウエイブス写真展はラッケル(RAKETA)とウッティドゥールです!

RAKETA+Útidúr
photo and text by Keiko Kurita

 悠加さんもかなり太鼓判を押している、将来が楽しみでたまらない Rakel Mjöll の活動を2つご紹介。
 悠加さんがブログに書いていたように、私もRakelちゃんにはフェスティバス前のリストバンド交換所でTシャツ売りのお手伝いをしているところに会いました。

 Rakelちゃんが所属するバンドUtidiurはもちろん観に行く予定でいましたが、もう1つ「フォト/ビデオグラファーのKatrin Braga と一緒にRAKETA というプロジェクトをやっているから、ぜひ来て!!」とのことでした。そこでオフ会場のBarbaraを訪れてみると....。もうなんとも妖艶で、かなりクオリティーの高いライブ・ビデオ・アート・パフォーマンスでした。RAKETAプロジェクトはこちらで詳しくご覧頂けます。http://www.raketaproject.com/
c0003620_23231095.jpg

c0003620_23231130.jpg

c0003620_23231148.jpg

 フォト/ビデオグラファーの Katrin Braga。彼女はラウガベグラのヴィンテージショップRokk og Rósirで働いていて、私は彼女とそのお店で既に会って話していて、まさか彼女がRAKETAの子だったなんて....
c0003620_2326526.jpg

c0003620_2326563.jpg

c0003620_2326679.jpg

 Rakelちゃんが、ベストフレンド!と言い切っていた Gabrielle Maiden をゲストボーカルに招いて。
c0003620_23272969.jpg

 ステージに立つ彼女が歌うバックには、ビデオの中でその歌を歌っている彼女が....。ドキッとするほどアーティスティックでした。

 そしてÚtidúr!!大所帯のこのバンドは、本当にみんなが楽しそうに演奏していて、観ているこっちもなんだか幸せになってしまうステージ。Rakelちゃんも踊りまくりでした!
c0003620_23282119.jpg

c0003620_23282214.jpg

c0003620_23282260.jpg

c0003620_23282455.jpg

c0003620_23282386.jpg

c0003620_23282320.jpg

c0003620_23282455.jpg

Keiko Kurita website
http://swimciel.net/
 Kuritaさんのサイトには、とても雰囲気のあるアイスランドのプールや冬景色の写真、動画があります。ご興味ある方はぜひご覧ください。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  クリスマス特別セットもあるよ!↓


[PR]
by icelandia | 2011-12-19 23:51 | Comments(0)
Keiko Kuritaアイスランドエアウエイブス写真展(1) オノ・ヨーコさんとプラスチック・オノ・バンド特集!
 いつもICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。

 ICELANDiaでは写真家のシバノ・ジョシアさんから素敵な写真をご提供いただいていますが、今回のアイスランド・エアウエイブスでは女性のプロ写真家Keiko Kuritaさんにも当ブログ用に写真を撮影していただきました。
 Keiko Kuritaさんはイギリスで芸術を学ばれた方で、いっしょにいるとほっこりニッコリしてしまう、とーっても可愛らしい日本女性です。
 エアウエイブス中はシバノさんと相談して、なるべくアーティストが重ならないようにいろいろな写真を撮影するようにしてくださったそうで、お二人には多謝。
 
 今回から週に1-2度、7回シリーズでKeiko Kuritaさんの写真をお届けします。シバノさんとはまた違った魅力の写真を楽しんでくださいね!

 文章もKuritaさんご自身に書いていただきました(文章には手を加えていませんが、読みやすいように改行と色文字はこちらでしています)。初回は先日テレビの『情熱大陸』でも取りあげられた、オノ・ヨーコさんとオノ・ヨーコ・プラスチック・オノ・バンドです!!
***
Yoko Ono Plastic Ono Band
photo and text by Keiko Kurita

 レイキャビークと言えば、10月9日のジョン・レノンの誕生日にIMAGINE PEACEタワーの光が点灯される場所。世界中の人がウェブサイトを通じてその光を見ているけれど、レイキャビークにいると、その光を肉眼で見れてしまうわけで、なんとも不思議な気持ちがするのです。

 そんな中、エアウェイブスの2日目のミッドナイト。Yoko Ono Plastic Ono Band は大盛り上がりでした。
 最初の15分くらい彼女の活動の歴史のようなビデオが流れ、改めて一貫した平和と望みに対するアクションに突き動かされました。このバンドの直前に会場を盛り上げたMI-GUのあらきゆうこさん、Hirotaka “Shimmy” Shimizuさん、それにチボマットの本田ゆかさんなど、日本人メンバーも大活躍。ショーン・レノンの公私とものパートナー、シャーロットちゃんの美貌と才能にも、ほへ〜!いう具合。そしてもちろん、大尊敬なYOKOさんのパワーとオーラを前に、特別な時間を過ごしている...と実感しました。

 会場では、IMAGINE PEACEのロゴの入ったトートバッグやTシャツが販売されているほか、入り口では各国の言葉で「IMAGINE PEACE」と書かれたバッジとペンライトが配られていたり、YOKOさんの人々との共鳴に対する愛を感じました :)
c0003620_23335194.jpg


c0003620_23335175.jpg


c0003620_23335122.jpg


c0003620_23335455.jpg


c0003620_23335474.jpg


c0003620_23335556.jpg


c0003620_23335666.jpg


c0003620_23335647.jpg


c0003620_23335669.jpg


c0003620_23335782.jpg


c0003620_23335747.jpg


c0003620_23335883.jpg


c0003620_23335888.jpg


c0003620_23335977.jpg


c0003620_2334168.jpg


c0003620_2334279.jpg

***

書籍/DVD/記念切手『Imagine Peace Tower』
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=11482765
 ピースタワーのことをもっと知りたい方は、いかがでしょうか?とても素敵な書籍です(英語)
c0003620_23473737.jpg


 もうすぐクリスマスね。ICELANDia音楽ショップでは、年末まで3千円以上ご購入の方にはメール便送料無料、CD2枚以上お買い上げの方には、こちらでご紹介した、レイキャヴィク市内の大判イラストマップ(ポスターではなく折りたたんだやつです)をプレゼント!これ、すごーく楽しいですよぉ!!
 この機会にぜひご利用くださいね。クリスマス特集もしています。こちら (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  ヨンシー&アレックスのトートバッグ入荷!↓


[PR]
by icelandia | 2011-12-12 23:51 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
アイスランド・エアウエイブス2011:4日目(2)ブルーラグーンでもライブ!パスカル・ピノン、サマリスも!
前のブログはこちら
 今回は私が夜のお勤め(?)をサボッたため、早々と番外編です。で、この日はブルーラグーンでのChillイベントがありましたが、写真担当も私も誰も行かなかったという・・・。このイベントは、DJや生演奏を聴きながらブルーラグーンを堪能することができる素敵な催しですが、フェス前にブルーラグーンへは行ったし、これに参加すると他のことができなくなるので、残念ながら仕事組はレイキャヴィクに残留。

 ちなみに、こんな感じです。これは私が前年に撮影したスナップ。広いでしょう!
c0003620_23585.jpg

 で、DJブースの周囲にゴシャっと人が集まり、ワ〜っと盛り上がります!
c0003620_235820.jpg

 でも、私達は行かなかったのです。はい。

 その間に前回のブログに書いたようなことをしていました。で、今回の番外編(私は見てなくても写真家のシバノさんが撮影してくださったもの)を撮影後。シバノさんはなんとレイキャヴィクでオーロラに遭遇。何とか上手に撮影したいと、 夜中以降はそれに奮闘なさっていたそうです!

 こちらはReykjavik BackpackersでのVigriというグループ。なんでも、前夜にシバノさんがハルパで絡まれた5人組だそうで、「写真を撮りに来てほしい」と言われてCDを渡されたそう。・・・っていう強引な写真家の勧誘が通るのですね(笑)。
c0003620_23604.jpg

 トロンボーンやホルンなど、ロックらしからぬ楽器が入っているところがいかにもアイスランドらしいグループだったということです。
 
 この後、ほとなく私とシバノさんは合流しているので、前回のブログに書いたところまでは行動が同じ。その後シバノさんが撮影したのは・・・おっと、For a Minor Reflectionの取材時に、こんなのを写してくださっていたのですね、有り難う御座います。
c0003620_2361937.jpg

 これはパスカル・ピノン。私はハルパで見ましたが、こちらはGlambarというバーでのライブ。たぶん彼女達もこちらの方がリラックスして、いつもの調子で演奏できたのではと思います。
c0003620_2363873.jpg


c0003620_2363848.jpg

 こちらはNASAでのKiriyama Family。映画『スクリーミング・マスターピース』に登場したNilfiskの元メンバーが何名か入っているグループで、フェス前に私がKEXへ行った際にPVを撮影したグループでもあります。
 NASAならすごく盛り上がったことでしょう。カラフルな音色で楽しいポップなグループです。
c0003620_2363955.jpg

去年に引き続きStafraen Hakon登場。一番手前にラウルスが映ってるけど、彼とお茶ができなかったのは、ここ数年初めてでした(個人的なことだけど)。
c0003620_2363995.jpg
  去年のアルバム『Sanitas』中心の演奏はすごくよかったなぁ。今でも思い出します。今年はヴォーカル無しだったらしいけど、透明感があり、音響系の広がりもあり、アイスランドらしいサウンドで評判も上々のよう。

 ギターのこの人がStafraenn Hakonことオーラブル・ヨセフソン。
c0003620_2364034.jpg

 以前のグランド・ロックはFAKTORYという場所になっています。
c0003620_23103942.jpg

 そのファクトリーでの Captain Fufanu。エレクトロニカ2人組。この前のゴースティギタル(元シュガーキューブスのエイナール率いるユニット)の熱気を引き継ぎ、激しく動き回りながらのパフォーマンスだったそう。
c0003620_2310406.jpg

 こちらは同じファクトリーでも地下の会場のサマリス。パスカル・ピノンのヴォーカル、Jofridur Akadottirを含む2名の女性と男性1名でのユニット。今年のアイスランドの新人バンド合戦の勝利者でもあるのですね。さすがにいい感じのデモを作っています。生演奏は、重低音がきいたエレクトロニカ。
c0003620_23104033.jpg

 パルカル・ピノンとサマリスではイメージを使い分けているのか、こちらはお化粧バッチリで妖艶な感じ。このユニット、どこの会場でも大評判。
c0003620_23104193.jpg

 今年一番人気の新人 of Monsters and Menのハルパ会場ライブ。人気バンドは人が入りきらなくて困るので、ハルパがちょうどよかった。
c0003620_23104199.jpg

 こちらが女性のメインヴォーカル。
c0003620_2310427.jpg

 男性のヴォーカルがこの人。
c0003620_23104222.jpg

 会場もいい雰囲気でよかった。
c0003620_231563.jpg

 そしてシバノさんは、ハルパ会場の外でオーロラが出ているのを見て、撮影に挑んだそうです。でも寒くて、風が強くて、なかなか・・・ということだったので、その写真を見せていただけるかはわかりません。が、期待したいな!

 アイスランド・エアウエイブス、まだ続きます。次回からが最終日になります!(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓




 

 

 
 
 
[PR]
by icelandia | 2011-11-24 23:16 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(2)
アイスランド・エアウエイブス2011:4日目(1)民家でのDJパーティに屋外ライブ、FaMR取材も!
 2011年アイスランド・エアウエイブスのレポートをシリーズでお送りしています。前回のブログはこちら。
***

 2011年アイスランド・エアウエイブスも終盤となり、金曜の夜思い切り盛り上がると、もう土曜日はゆるゆるでいいっかぁとなります。が、去年からのエアウエイブスは盛り上がりのレベルが以前とは異なる感じで、土曜日もすごいんです。ホント。
 
 午前中の私は、前の晩に用意した品物をみなさんに公開です。今年はお土産ものもあったので、かなり便利にご利用いただけたと思います。小物で人気だったのがひつじのモコモコキーホルダーで、かわいい上にとってもリーズナブル(確か300円程度でご販売した記憶が)。早いもの勝ちでした。
 アルバムはトラッドものがよく出ていたのと、昨夜のHAMのライブがめちゃ面白かったから、同僚に配りたいというのでHAMのアルバムを複数枚持っていかれた方が印象的でした。ちょっと残念だったのは、各種サイン・アルバムをこの日までに揃えることができなかったこと。
 それでも、とにかくある程度は揃えることができたし、CDショップの店頭では気づかなかったり、分からなかったりというものもあったと思うので、少しでも役に立てていればいいなぁという感想に今年も尽きました。
 ちなみに、見に来てくださった方全員に、アイスランドのキーホルダーをお土産としてお渡ししました。
 
 さて、また食事の話です。昨日の夜、ホットドックを食べた後、ホテルに戻りクラッカーをつまみ、朝食もクラッカー。なので、そろそろしっかり食べた方がよさそうです。
 
 毎年、お昼はツアーのお客さまといっしょに食べることが多いのですが、今年は昼食・夕食ともゼロ。これまでは毎年、ストリート・パフォーマンスがしたいとか、オフ会場に飛び入りしたいというご相談が割とあり、そんな方と食事をしていた記憶が。今年はそれがゼロだったので、ちょっと寂しかったかも。

 でも、ツアー中はひとりでゆっくりする時間がほとんど無いので、ひとりでの食事は考え事をしたり、携帯メールをしたり、ボケっとする格好の時間ではあります。
 
 これが土曜の昼に食べたランチ。以前もアップした写真かと思います。ふわふわの甘エビサラダで、マンゴーとかジューシーなフルーツも入っているところが特徴。また、私は白いパンが苦手なので、アイスランドでよく出て来る雑穀の黒いパンもありがたい。ガーリックブレッドでした。
c0003620_2315553.jpg

 で、私があらかた食べちゃったところにシバノさんからの電話。3軒ほど離れた中華料理屋にいらっしゃったようで、それなら二人でご飯すればよかったね、と。シバノさんが私のカフェに来ると、また私の携帯が鳴り、今度は以前日本のアイスランド大使館に駐在していた公使参事官からでした。
 以前の大使も含めて、私が何をしているのか気になるのか、日本の情勢が気になるのか、しばしばお声がけをいただきます。で、彼は何でも本屋の上のカフェにいるそうで、お茶しない?ということですが、私はランチを食べかけだし、シバノさんは私のカフェに来たばかりだし・・・
 でも、そのカフェというのも3軒隣だし、数分で往復できるからいいか、と、カフェのランチは食べかけのまま飛び出して彼のいる本屋へ。そして、2階のカフェに居たベネディクトをキャッチしました。一年ぶりに会うのがうれしくて、思わずジェスチャーが外人並みに大げさになったためか、周囲がから注目された・・・ハズカシ。
 私の帰国2-3日前に彼の家へ食事へ行くことをその場で決めました。

 カフェに戻ると、シバノさんはワッフルを注文。ひとりでゆっくり・・・なんて思っていると、急にあちこち動き回るようになるのも、小さなレイキャヴィクの特徴でしょうか。 
 
 シバノさんと軽く打ち合わせをして、外に出ると、広場でこんなライブをやっていました。が、これがどのバンドだったのか・・・。撮影したシバノさんも分からないそうです。でも、雰囲気はこんな風でした。
c0003620_2341683.jpg


 そして向かったのがカフィバリンのオフ会場。昨日ヘルギに約束したので見に行きました。それにしても、私が好きなアーティストって、どうしてたまたまこうもベッドルーム一派になってるんだろう。去年のモッディもそうだったしなぁ。
c0003620_2345016.jpg

 あまり混まないうちに行ったので、今回は前の方のイスに座ることができてよかった。
 ヘルギ・ヨンソンはこの場所に慣れているし、私もここで何度もヘルギを見ているし(ソロじゃないけど)、やりやすかったみたいで、確かにハルパの時よりもずっとヘルギらしかった。それに、バックの演奏も、この場所の方がよかったと思うな。特にギターの轟音はものすごく印象に残った。いいバンドだなぁ。ニュー・アルバムもバックの音がハードになって、ちょっとシガーロス風なテーストも。以前のアルバムはアコースティックな響きの方が勝っていたけど、今回はバンドっぽくて、どちらのヘルギも私は好きです。
c0003620_2352131.jpg

 彼のニュー・アルバム『BIg Spring』には、そんなテーストがよく現れています。

 この後、ベン・フロストが出てくるそうで、ベンも大好きだけど・・・。『By the Throat』をやるのであれば、絶対に居たんだけど、何人もギタリストが出て来るヤツをやるというので、あれは数年前に見たからいいか、という判断。でも、これがすごくよかったそうで(前回の評価は実はボロクソで、私は前回の数少ない賞賛者だった)、前回との違いも見えただろうから、見逃して残念。

 でも、他にすごく偵察(!)したかったライブがあったのです。題して「i8ハウス・パーティ」。これはハウス・ミュージックのパーティではなく、民家でパーティをやるというコンセプト。「i8(アイ・エイト)」はアイスランドで一二位を争う名ギャラリーです。私から見れば一番だけどなぁ、なにせエゲルトも所属しているし。
入り口には、なぜか毛布をかぶった人が。自宅の居場所がなくなってるとか?
c0003620_236193.jpg

 行ってみるとたしかにまんま民家で、DJはやってるけど、部屋に観客が10人も入れば満杯の狭さ。あまりにも狭くて笑えます(笑)。
c0003620_237020.jpg

 ちゃっかり(?)スープやビールも売っていて、そこそこ商売になるのかな?とも。ーーということは、食品衛生法とか、そういうのは関係無く食品を売っていいのね?という野暮な疑問は捨てて、要は楽しくやればいいのでしょう。
c0003620_2381347.jpg

 DJはGusGusとかHjaltalinとか、結構そうそうたるメンバーが出ていたようです。が、私たちが見た時に誰がやっていたのかは分かりません・・・。
 
 こちらは、土曜の午後のお決まりのオジサンの溜まり場(これ以降の写真は小倉のスナップ)。
c0003620_23125145.jpg

 ん?このブルーラグーンみたいなのはなんだ?プレス・ラウンジに指定されていたバーの入り口に、こんなものが出没していました。が、私は次なるアポがあるため、指定の場所へ急ぎます。
c0003620_23135611.jpg


 そして取材場所へ向かいます。18時に取材をさせてもらったのは、For a Minor Reflection。「もう一度しっかりと彼らの写真が撮りたい!」という写真家のKurita Keikoさんのリクエストが発端でしたが、ついでなので、トーキョー・ノーザンライツ・フェスティバル用にもあれこれを取材。ついでに(ついでばっかり!)、アルバムにサインを貰ったり、も。
c0003620_23155285.jpg

 4人揃ってると壮観だし、かっこいいわぁ(私は単なるミーハー)。やっぱりロック・グループは見た目も大切だし、みんな素直でいい感じの青年だし(こう書いているウチに、ニターっとして口角が上がってくる)、私は好きだわぁ(単純にミーハー(笑))。
c0003620_23151126.jpg

  見た目が一番ロッカーっぽいアンドリが身に付けていたペンダントが、ヴァイキングのルーンのドリーム・シンボルビョークのタトゥーはサインポストですね。
c0003620_23171562.jpg

 あん、記念撮影したのが、ひとり帰ってしまった後で残念。
c0003620_23174699.jpg

 この取材の後、シバノさんはホテルに一旦戻り、Kuritaさんと私で食事をすることにしました。お互いにシッカリ食べようということで合意し、魚料理がおいしい(と私は思う)Oliverへ。いつものことながら、ここは混んでいて1時間待ちと言われたけど、まぁ30分くらいかな、というのが普通なので、30分後に再集合ということで各自解散。
 レイキャヴィクは狭いので、クリタさんも自宅まで5分、私もホテルまで5分なので、余分な荷物を置いていくとか、そういうのをやりたかったのです。

 いつもは食べ物をしっかり録る私が・・・写真がないところを見ると、カメラを忘れたのかな?魚がおいしい店ではあるけれど、私は鳥肉が食べたかったので、赤ワインに鳥肉。これがおいしかったぁ。誰も何も語らないけど、アイスランドの鳥肉は臭みが全くなくて、フワフワに軟らかくて大好き!

 この日私が見たい夜のギグは、深夜12時からのGusGus。あえてもっと言えば、オーラブル・アルナルズだけど、ハルパというのが気になって及び腰になっていました。彼のような音楽はハルパにぴったりのはずだけど、もしもまた、オーディエンスが借りてきた猫のような感じで、雰囲気が冷たいと、私は本格的にハルパ恐怖症(先入観という意味)みたいなりそうなので、これは、すごく迷った結果、行かない!にしたのです。

 ということは夜12時まで時間があるので、ご飯の後、ちょっと休憩することに。で、ホテルに帰り、ツイートしたり、仕事関係のメールをしているうちに、すごく眠くなってきたので横になる。

 考えてみれば、ここ数日まともな睡眠時間がないし、動き通しだし、赤ワインはグラス一杯とはいえ、日本の2倍の量があるので、そりゃ酔うよね。11時までひと眠りすると起きられなくなる可能性があり、でもGusGusはものすごく見たいので・・・。結局、私は寝ることを選択したけど、そこに至るまでの2時間、まどろんでは10分おきに時間をチェックし、GusGusへ行くべきかを体調と相談していたのです。最終的に行くのは無理と判断したのが11時40分頃かな。行かないのであれば、最初からゆっくりと眠っておけばよかったとも思ったけれど、でも、どうしても、どうしても見たかったことも真実でした。

 案の定、翌日に「GusGusすごかったねぇ」とみんなから言われた。私が当然GusGusを選択して見ているだろうと、関係者もみんな思った訳ね。当たってるわ。でも、ま、疲れ過ぎて見られない時もあるということなのでしょう。けど、未だにちょっと悔しい。GusGusは、ずっと前の2003年とか2004年に見たことがあるけれど、それ以来見る機会がなかったし、今年はヒャルタリンのホグニまでヴォーカルで入ってるので、ちょっとレベルが違うぞ、ということで、大注目だったんだけどなぁ。来年にでもリベンジします!
 Olafur ArnaldsもGusGusもクリタさんが写真を撮っているはずなので、それに期待しています!(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif





  アーティスト直筆サインアルバムを放出中!↓




 
 
 
[PR]
by icelandia | 2011-11-22 23:24 | アイスランド旅行お裾分け情報 | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム