人気ブログランキング | 話題のタグを見る
execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!
 天気がよく、日照も長くなった5月。以前行ったことがあり、とても気に入った天然温泉へと向かった。詳しい場所やドライブコースの地図、ドライブレコーダーの動画はICELANDiaオンラインサロンで公開中。

 アイスランド各地で天然温泉に入ってきたけれど、絶景ということではここが今のところピカイチ。
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_01531956.jpg

 この絶景を独り占め、温泉も独り占め!週末のアイスランド人は、午後から外出することが多いので、午前中の早い時間に来れば、だいたい温泉は誰も入ってないので、早めに来るのがゆったり楽しむコツかな。
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_01544212.jpg
 道中もとても美しく、次はもっと緑が濃くなった盛夏か、または雪景色の冬もいいなぁ、と。ただし、冬だと道路が通れるかが問題かも。
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_01574558.jpg


  アイスランドは世界中の人々が憧れとする観光地。大型バスでいっぱいになってしまう場所ではなく、探せば(探すのが大変だけど)あまり他の車ともすれ違わず、絶景をたっぷりゆったり楽しめる場所がありますよ!(小倉悠加 / Yuka Ogura)
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_23432366.gif

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_06134016.png  
Twitter 


絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
絶景三昧のアイスランド天然温泉日帰り旅行!_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2022-05-16 21:47 | アイスランドの滝、温泉、洞窟 | Trackback | Comments(0)
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園
 民主主義、議会政治発祥の地としてユネスコ世界文化遺産に指定されるシングヴェトリル国立公園。ユーラシア・プレートと北米プレートが出会う、地球の地殻の裂け目でもある。
 コロナで数年間足を運んでいなかった間に、ここは随分と整備され、歩きやすくなっていた。

 こちらは順路にある滝のオクスアルアゥルフォス。かつてのワイルドな風情はなくなってしまったけれど、誰でも気軽に、そして安全に見学できるようになった。
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_01311472.jpg

 この滝へは地球の割れ目であるギャウを歩くことになる。足元はこのようなボードウォークになっているので、以前のようにぬかるんでいたり、石につまづいたりすることもなくなった・・・って何十年前の話って感じですが。
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_01322117.jpg

 歩道の周囲はワイルドな地形が続く。
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_01322139.jpg

 コロナ規制は全廃され、観光客も足速に戻りつつある。
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_01322121.jpg

 アイスランド旅行を狙っている人。そろそろ本格的に計画を立ててもいいかも。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_00160435.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_06134016.png  
Twitter 


地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
地球の割れ目の間を手軽に散歩。シングヴェトリル国立公園_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2022-05-10 12:23 | Trackback | Comments(0)
やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台
 レイキャビクからごく近い距離なのに、一度も足を運んだことがなかったのが、Grótta(グロゥタ)という場所の灯台だ。
 
 行ったことがないのではなく、行けなかったというか、どうもタイミングが合わなかった。というのも、ここは干潮時の数時間ほどが往復できるタイミング。その上、春から夏にかけては渡鳥の営巣地となるため、保護地区に指定されており、立ち入り禁止となる。なので、夏の数ヶ月はNGな上、干潮時を狙わなくてはならない。また、冬の間は暗い時間が長く、行ったところで写真は撮れないし・・・という何重もの理由があって足を運べていなかった。

 このような潮の時は灯台側へ行けない。
 
やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_01203230.jpg
 今回「たまたま」行った夜の時間帯が、ギリギリ写真も撮れて灯台側へ行くことができた。行ったのは夜の10時。
やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_01203262.jpg

やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_01203205.jpg

やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_01203208.jpg

 暗い写真しかないけれど、やっと行けて嬉しかったのでお裾分け!ここはレイキャビクの街中から車で10分程度というところ。オーロラを見るのにもちょうどよく、足湯もあるので、ぜひどうぞ。(小倉悠加 / Yuka Ogura)
やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_23432366.gif

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_06134016.png  
Twitter 


やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
やっと行けた!Grótta グロゥタの灯台_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2022-05-02 08:11 | News | Trackback | Comments(0)
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ
 2021年3月から9月までの半年間噴火し続けたあの火山。その後どうなったのかと思いますよね。久々に4月初旬、噴火地を訪れました。その時のツイートは以前ご紹介してますが、このブログからだと見にくいので、今回はこちらに少し写真をあげますね。

 あと少しで山を越え、道路のある平地へ溶岩が繰り出そうというギリギリのところで止まっていた。
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_01005715.jpg

 溶岩の進行方向前には、道路方面の平地への侵入を防ぐための要塞が築かれていた。そのギリギリ手前で止まったのが凄いところ。
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_01005658.jpg

 pahoehoe ・パホエホエと呼ばれる溶岩の形状。溶岩がドロリと流れ込み、そのまま冷やされるとこのような形状になる。
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_01005669.jpg
 
その溶岩がパカンと割れると、このような層が見えていた。
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_01005738.jpg
 噴火が止まったのでさほどの変化はないものの、まだあちこちから煙が噴き出し、溶岩が熱いことがわかる。
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_01005748.jpg


 天気のいい日に、火口がどうなったかを見に行きたいと思っている。機会を見てまたご報告しますね!(小倉悠加 / Yuka Ogura)
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_23432366.gif

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_06134016.png  
Twitter 


アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
アイスランド、火山噴火地その後のまとめ_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2022-04-28 00:52 | News | Trackback | Comments(0)
またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島
 忘れもしない2021年1-2月。アイスランドはレイキャネス半島で群生地震が頻発した。レイキャネス半島は首都であるレイキャビクから若干外れてはいるものの、私の感覚としてはレイキャネスの端っこの方にあたる。なので有感地震が大変に多かった。あれほど多くの地震を体験したのは、311後に匹敵する。というか、それほど酷かったとしか言いようがない。

 そして迎えたのが3月の火山噴火。そこからピタリと地震は止まった。それから半年間噴火は続き、再度噴火した地域や周辺が揺れ始めている。すぐに噴火には直結しないとは言われるが、地震の数は増えているので注視しているところだ。

 で、渦中の地区にイースター休暇中立ち寄ってみた。白くモクモクしている場所は地熱の蒸気。前回ここを訪れたのが冬だったので(現在は春)、それほどの変化は見とれなかったけれど、若干蒸気が多くなっている気配はあったかも。
またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島_c0003620_02242734.jpg

 この場所に関しては以前に書いている。ブルーラグーンからそう遠くないし、普通乗用車で行けるので、レンタカーでアイスランドへ行く人には小さな声でおすすめできる(あまり観光化されると立ち入り禁止になってしまいそうなので、大きな声では言わないだけ)。って書いたら同じことなんですけどね。



 イースター休暇も終わり、やっと春らしくなりつつあるアイスランド。でも暦はもうすぐ夏!(小倉悠加 / Yuka Ogura)
またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島_c0003620_00160435.jpg

アイスランドの日常をお届けする小倉悠加のSNS

またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島_c0003620_06134016.png  
Twitter 


またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島_c0003620_06133349.jpg
Instagram



SAMEJIMA TIMESにて「こちらアイスランド」のコラム執筆中

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介(休止中)↓
またまた火山噴火?群発地震が活発化してきたレイキャネス半島_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2022-04-20 02:30 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム