人気ブログランキング |
execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
愛機MacBookPro入院中・・・
長い間ブログを更新できず失礼しています。7月のいい時期にHeiða ツアーを催行し、景色にも食べ物にも恵まれました。ほんと、夏のツアーを作ってよかったと自分でも感動。

そして帰宅すると愛機のMacBook Proが動かない。同じことは4月末に北米から帰った時にも起こったものの、Mac歴25年の私はどうにか切り抜けましたが、どうやら今回はハード的なことらしく、現在アップルストアに入院中。携帯端末でブログを更新したことがなく、それ以前に仕事もたまっていて四苦八苦中です。Mac入院かれこれ10日なります・・・

というどうしようもない理由に付き合っていただき恐縮ですが、Twitterはなんとかこうしんしているので、よろしければぜひフォローしてくださいね。@yukaOguraです。インスタは何かあればストーリーで出しています。`Icelandia_yukaです。

Macは新しく買い直したいものの、アイスランドでは日本語のキーボード入手が難しいため(ほぼ無理)、次回帰国か、よく知る誰かがくるときに持ってきてもらうとかしか手段がなく、とりあえずは退院待ちです。

でもこの機会を利用して、携帯たんまつからの更新を試みようと、今日、こうしてかくことにしました。全治回復は電池が古いので無理だとしても、とりあえず立ち上がり、データを移行し、少しの間仕事ができるようになりたい・・・。

# by ICELANDia | 2019-07-26 04:19 | Comments(0)
シガーロスが熱唱したゆかりの美術館でのGlobal Water Dance
 2019年7月に迫った『Heimaロケ地巡り』のツアー。『Heima』というのはアイスランドを代表するバンド、シガーロスが2006年に行ったアイスランド全土を回るライブ・ツアーのドキュメンタリー。私はこの映画を観ては、「アイスランドに帰りたい」と涙したものでした。

 このドキュメンタリーの中に出て来て、レイキャビクからひどく離れていないのに、ど〜しても到達できなかった場所がサミュエル・ヨンソン屋外美術館。今回、やっとこの場所へ行けることになりました。それもみなさんをお連れして!



 私自身はアイスランドに拠点を移した年に彼が連れていってくれ、実は先週、ツアーの下見がてら再度行ってきました。その時ちょうど行われたのが『Global Water Dance』というイベントで、全世界100か所以上で、現地の同時刻に水源を守る啓蒙を目的にダンスが踊られるというもの。この美術館ではアイスランドではなくアメリカからダンス・カンパニーの代表がやってきていました。
c0003620_23012768.jpg


c0003620_23012723.jpg


c0003620_23012870.jpg



 また、美術館ではその数日前にやっと、サミュエルが生前住んでいたという家が再建築オープンとなり、いつもは静かな場所が、何となく賑やかな雰囲気に。
c0003620_23033989.jpg

 近隣の街から20キロのこの場所。美術館の公式サイトでは5-10月のオープンと限定した書き方になっており、20キロの砂利道がいかに厄介であるかがわかります。

 美術館自体は広大な、壮大なものではないけれど、芸術家を目指したひとりの普通の男性が、いかに後世に残る素敵なものを作っていったかの思いが伝わる場所です。今後も引き続き回収作業が続けられますように。(小倉悠加/ Yuka Ogura)(小倉悠加 / Yuka Ogura)

もっとアイスランドを知りたい人はバナーをクリック↓
c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-06-23 22:56 | 現地滞在レポート | Comments(0)
やっぱりパフィンはかわいい!
 アイスランドの国の鳥でもないのに、大人気のパフィン。確かに本物のパフィンはカラフルで可愛らしいことを再認識。先日、二泊三日のキャンプへ出かけ、その際に向かったのがLátrabjarg(ラゥトラビャルグ)というアイスランド最西端の断崖絶壁。あいにく濃霧で断崖は見えなかったものの、パフィンは撮り放題でした!

c0003620_03112593.jpg


c0003620_03130343.jpg


それから動画も少し。

 濃霧は残念だったけれど、ごく間近に彼らの姿を見ることができて満足。他の海鳥は絶壁の真ん中の方にいたため、上手に撮れずでした。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

パフィンの写真がもっと見たい人はバナーをクリック↓
c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-06-20 03:04 | 現地滞在レポート | Comments(0)
シガーロス名盤『Ágætis byrjun』リリース20周年記念イベント簡易レポート
 2019年6月12日はアイスランドを代表するバンドとして国際的に活躍するシガーロス(Sigur Rós)が、世界中から注目される存在となった名盤『Ágætis byrjun』をリリースして20周年を迎えた。
c0003620_08591515.jpg
 そのため、レイキャビクでは発売元のレーベルやバンド主催のイベントが行われた。主なところはメンバーを交えてのパネル・ディスカッションと、20年前と同じ会場(会場名は変更されているが)での当時の演奏を録音したライブ・アルバムのリスニング・パーティ。そのどちらも参加してきた!

 パネル・ディスカッションのメンバーは、シガーロスの現メンバーのゲオルグ・ホルム、元シガーロスのキャルタン・スヴェインソン、元シガーロスで20年前のこの日のライブを最後にグループを去ったアウグスト・アエヴァル・グンナルソン、レーベル代表のアウスムンドゥル・ヨンソン、司会進行役が音楽研究で博士号を持っているアルナル・エゲルト・ソロドセン、アルバムのアートワークの胎児を描いたゴッティ・ベルンホフト。ゴッティはなんと、その場で胎児の絵を描いてくれた。
c0003620_08592160.jpg
書き終えた絵には参加者のサインが!
c0003620_08592995.jpg

 21時開演のリスニング・パーティ会場は20年前と同じ場所ではあるが、名前はイスレンスカ・オペラン(国立オペラ劇場)からガムラ・ビオ(旧劇場)と改名されている。中に入るとステージには、当時のセッティングがしつらえてあった。ヨンシーのサイケなギターは壊れていたが、それもまた雰囲気があった。
c0003620_08593825.jpg

 20年前のこの日にレイキャビクに居られたたらどれほど素晴らしかった。でも、20年後のその日にレイキャビクに居られたことを喜びたいと思った。 (小倉悠加/ Yuka Ogura) 

20周年記念の詳しいレポートはこちら↓
c0003620_06410063.jpg
# by ICELANDia | 2019-06-13 08:58 | 現地滞在レポート | Comments(0)
トロールの子供達という名の天然記念物Tröllabörn
 日照が長くなり、天気がいい日は務めて郊外に出ています。そして最近は探究心を出し、幹線道路を逸れたところに赴くこともしばしば。そんな時に見つけたのが今回ご紹介するトロールの子供達Tröllabörn(トロゥトラボルン)。
c0003620_02254115.jpg
 
 そこにはアイスランド語の看板しか見つからなかったけれど、どうやら約4500年前の火山噴火に起源を発するという。そのメカニズムを図解から想像するところ、水のある場所に溶岩が流れ込むと、ガスが泡となり小さな爆発が連続し、爆発した火口部分が穴があいたまま固まったような感じになる。それをトロールの子供と呼び、そこには10体(?)の子供達が存在するという。

 写真はギャラリーにしたので、ご興味ある方はこちらでご覧ください。

 それではまた💗 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  


        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

# by ICELANDia | 2019-05-30 02:20 | 現地滞在レポート | Comments(0)
濃霧に包まれた自然保護地区の溶岩地、Reykjanesfólkvangur。
 私が住むレイキャヴィクはレイキャネス半島に位置し、アイスランドの首都ではあるが、30分もドライブすればアイスランドの大自然に触れることができる。その代表的な場所のひとつが、Reykjanesfólkvangur (レイキャネスフォゥルクヴァングル)。 1975年に自然保護地として認定された場所で、300キロ平方メートルに渡りアイスランドの大自然が(ほぼ)そのままになっている。
c0003620_07262669.jpg
 5月の濃霧の日にここを少しだけドライブ。いつもは見晴らしがよく、遠くの山々が見える場所だけあり、今回はいつもとは随分と異なる表情を見た気がした。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

# by ICELANDia | 2019-05-25 07:24 | 現地滞在レポート | Comments(0)
遂にリベンジ!去年事故を起こした温水地帯を再訪問。
  去年の7月末に彼が大事故に見舞われた場所を再訪してきた。事故というのは大やけどで、地熱地帯に足を取られた彼は、両足首に皮膚移植の手術を受けた。悲惨な事故で、一時期は全く歩けず、職場に完全復帰するまで四ヶ月を要した。いや、四ヶ月で復帰できてよかったとも言える。事故当初は、今まで通りに歩くことができるようになるか危うくさえあった。

 その時のブログ記事がこれ。


 ここはEngjahveir(エンギャクヴェイル)という温熱地帯で、検索すれば情報は出てきても、グーグル・マップには掲載されていない。正式な道もなく、山の向こう側から見える湯けむりを目安に歩いていくしかない。夏の早い時期(5月頃)であれば、まだ草も生い茂っていないので歩きやすいが、夏になると牧草の背が高くなるため、それを縫って歩くのが少し厄介になる。どちらにしても道なき道を行くハイキングだ。ハイキングとして難しい場所ではないけれど、ごく気軽に歩いていける場所でもない。

 去年の7月の、あの時のことを思い出しながら訪れたEngjahveirは、少し形が変わっていた。いや、温熱地帯は常にその有様が変わるという。なので、数日前に安全だった足場を盲目的に安全だと思ってはいけないと、事故後に誰かから言われたそうだ。そして、自分も同じように大やけどを負ったという人も少なくないことを知った。なので、こういう場所を訪れる際は、再三再四の足場確認を。写真は別サイトで少し大きめに見られるようにしたので、ご興味あればこちらをどうぞ。




        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

# by ICELANDia | 2019-05-12 05:55 | 現地滞在レポート | Comments(0)
妖精の街ハフナルフョルヅルにあるスローなカフェPallett
 事ある毎にお気に入りカフェ、新規開拓カフェをご紹介してます。今回はレイキャビク近郊で妖精の住む街として有名なハフナルフョルヅルにあるカフェ『Pallett(パレット)』。スローライフ・ムーヴメントに賛同し、素材を吟味し、運営も含めて手間をかけ丁寧にゆったりと行うことがモットー。

c0003620_04051512.jpg


c0003620_04065029.jpg


 店内にはその雰囲気が現れ、誰かのリビングルームのような居心地の良さを提供。窓側に近いテーブル席は昼間明るくて開放的。奥の方にあるソファ席は、夜友達と笑談するのに最適。子供の遊び場コーナーも完備だし、去年からは犬猫の同伴もオッケー。トイレも広く、アイスランドの家畜や魚などのポスターも楽しい(って写真を撮り忘れてすいません)。

c0003620_04064261.jpg


c0003620_04052990.jpg


 私はここでいつものようにカプチーノをオーダー。棚にあるアイスランドのアンティーク・マガジンを眺めたり、スロー・ライフ運動の一環として販売されている粒状の歯磨き粉(!)やソープなどを眺めながら、まったりと過ごした。

Pallett

c0003620_04054042.jpg

 忙しい時間を縫っての観光旅行だと、レイキャビクの隣町まで足を伸ばす機会は少ないかもですが、おいしいコーヒーが飲みたくなったら、ぜひどうぞ。のんびり、ゆったり過ごせること請け合いです。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
シガーロス『Heima』のロケ地探訪。一期一会のサマーツアー!
詳細は↓クリック
c0003620_05180618.jpg
 











 

『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

# by ICELANDia | 2019-04-22 04:03 | 現地滞在レポート | Comments(0)
シガーロスのドキュメンタリー『Heima』観光に最高の白夜にロケ地巡り。説明会は4月20日!
一期一会!シガーロスのロケ地巡り『Heima』ツアー!
シガーロスの足取りと、 白夜の夏のアイスランドも楽しめる夢の企画!

・・・というツアーを企画したことは以前の記事でお知らせした通りです。4月初旬現在、参加お申し込み者数も順調に増えていますが、まだまだお席はあります!

 そして再度4月20日(土)に説明会を行います!以下の写真のようなフィヨルドの、風光明媚な景色をず〜っと楽しんでいただけるバスツアーもあり、私も心躍る内容です。
c0003620_21531727.jpg
 説明会に行きたくてもたまたま都合が合わなかったという方もいらっしゃるため、もう一度だけやることになりました。以下は前回の投稿とほぼ同じで失礼します。

 シガーロスの音楽ドキュメンタリー『Heima』を見た時からずっと、このツアーをやりたいと願続けてきました。それをシガーロスが撮影を行った7月に企画!旅はいつでも一期一会!
c0003620_21554154.jpg

 この企画は凄いんです。アイスランド人でもなかなか行けない秘境の美術館(サミュエル・ヨンソン屋外美術館)を始め、道中はアイスランドの豪華なスポットが目白押し。その上、日照が20時間あるため、たっぷり以上にたっぷりとアイスランドをお楽しみいただけます。
c0003620_22032031.jpg
 アイスランドでもっとも美しいといわれる、ディンヤンディ滝を始め、あちこちで素敵な滝を見かけますよ〜。
c0003620_03383133.jpg

 内容は二泊三日のアイスランド国内バス・ツアー付き、食事も多くはツアー代金に含まれており、冬の2-3倍がっつりと自然の風景を楽しめるこの時期ならではの、実はものすごくお得なツアー!!

 ICELANDiaの小倉は現在アイスランドに居住しております。今回はスカイプでみなさんにお話することになります。
 写真や動画なので、夏のアイスランドや今回のツアーで回るルートをご説明致します。

「白夜で満喫 アイスランド シガーロス Heimaロケ地探訪の旅 7日間」ツアー説明会
日時: 4/20(土) 16:00〜17:00 (参加無料)

場所: 北欧トラベル 会議室
〒105-0014 東京都港区芝1-7-17 住友不動産芝ビル3号館3階
最寄駅:「浜松町駅」金杉橋口 (JR、東京モノレール) 徒歩7分
「大門駅」 A1出口 (都営大江戸線、浅草線) 徒歩7分
「芝公園駅」 A1出口 (都営三田線) 徒歩10分

 参加ご希望の方は、お名前、参加人数、緊急時の連絡電話番号を明記の上、以下の
メール・アドレスに「Heimaツアー説明会参加」の件名でメールをお願いします。
受け付け後、簡単ですが当日の連絡先等を明記してご返信致します(返事まで少しお時間をいただくかもです)。

AirwavesJP Iceland
iceland.airwaves.jpn@gmail.com

 アイスランド・エアウエイブスではたっぷり音楽を、そして夏のアイスランドはたっぷり自然を!ICELANDia小倉の企画なので、もちろん通常では体験しえない音楽ファン向けの企画もバス・ツアー中に組み込む予定です(追加料金は発生させない考えです)。

 スカイプ経由ですが、このツアーの趣旨やルートは、説明会でご案内しますね。夏のアイスランドはアイスランド人自身がとても楽しみにしているヴァケーション期間です。アイスランドが初めてでも、以前来たことがある方でも、楽しめること間違いなし!私自身がとても感動したルートでもあり、いつも以上に(?)熱意をもってお勧めです!( 小倉悠加/ Yuka Ogura)

# by ICELANDia | 2019-04-08 22:02 | News | Comments(0)
レイキャビクで美味しく安く食事ができる場所はここ!
 ICELANDiaと仲良しの「ICELAND360°VR」が掲載した最新記事は「レイキャビクでいかに食費を安くあげるか」というもの。
c0003620_22272150.jpg

 食費が嵩むのは本当に仕方がないことで、自炊してもそれほど安くあげられない国なので、外食ではさもありなん。それでも一食(特にランチ)千円から1500円程度に抑えたい場合は、以下の地図をご参考にどうぞ。リストアップすると案外軒数がある!とも思えますが、味はお値段レベルというところも多いので、何を優先するかは結局はその人次第。
 (1000円ランチのどこが安いのか?と思うかもですが、レイキャビクでは2千円以下でそこそこのランチが期待できるのはスープ程度と言われるほど、食費が嵩むのです。なので、とりあえず千円程度で固形物(?)が食べられるのはお安いと思ってください!)

 店や価格は変動するので、必ず最新情報を自分で調べてから出向いてくださいね。
どの店の何がお安いかという説明は、以下のリンク先にあります(英語)

 地図だけを見たい方はこのリンクへどうぞ。時間をみつけて少し日本語を書き足したいと思ってますが、さて、時間があるやら・・・。

 とにもかくにも、少しでも役に立ちますように! (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
シガーロス『Heima』のロケ地探訪。一期一会のサマーツアー!
詳細は↓クリック
c0003620_05180618.jpg
 













『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

# by ICELANDia | 2019-04-06 22:05 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム