execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1:私を迎えたのは、アイスランドの経済破綻騒動でしたが・・・
 昨日の夜、東京でシガーロスを見て以来、眠りたくなくなってしまい、意味もなく完徹した ICELANDiaです。

 シガーロス、やはり感動でした。国際フォーラムでじっくりと聞けたのもよかった。ヨンシーの声の調子はお世辞にも最高とは言い難く、自分でも「my voice is shit today」とか言ってましたが、それでも後半はずいぶんと調子よく歌っていた感じがしましたね。ヨンシーとは今回のアイスランド滞在中に何度か顔を合わせていただけに、余計に可愛そうで、聞いているのが辛かったです。が、力のこもった素晴らしい演奏だったことには変わりなく、あぁやっぱり生音っていいなぁと、じっくりと音の粒を全部の毛穴から吸い込んで帰ってきました。

 あの音をみなさんはどう感じているのでしょうか。私は、アイスランドの大自然の中で起こる風の音や、岩が落ちる音や、波の音や、時折さえずる鳥の声のように聞こえてきます。リズムや、音の流れ方も、ごく自然にそっているような・・・。あの大自然を身近に肌で感じられる国だからこそ、こういう音楽が生まれたのかも、と。
    今回の旅で訪れた、彼らのスタジオ周辺の景色を思い浮かべながら、聴いていました。
 シガーロスって至福です。

 という余韻にひたりながら、今回のアイスランド出張の内容をご紹介し始めますね。 
 
10月7日(火)コペンハーゲン到着
 今回は少しゆっくりしようかと、コペンで一泊してみました。中央駅にごく近いホテルを確保して、まずはティボリ公演へ。と思ったら、ハロウィーンのため貸し切りで、見られなかった。写真は夜のティボリ。
c0003620_1493181.jpg


10月8日(水)コペン観光 ->アイスランドへ
 自転車を借りてお城と美術館巡り。自転車道が整備されているのはいいけれど、最初はわからなくて逆送してしまいました。ごめんなさい。
 衛兵の交代などを見て超観光気分。ランチはここでしか食べられないものをと思い、奮発して鹿肉。ベリー系のソースがおいしかった。
c0003620_1495995.jpg

 話題のH&Mをササリと見て、日本人御用達のロイヤル・コペンハーゲン本店へ。子供用のカップを購入。だって、龍がボワーっと火を吐いているみたいな柄で可愛いんだもん。
 美術館を一周したけど、ここの展示の仕方がちょっと異常(だと思う)。こんなに一同に飾られても、じっくり見られないんですが・・・。
c0003620_14102191.jpg

 午後5時過ぎには空港へ戻り、アイスランドへ航空でアイスランドへ!!!
***

わ〜い、アイスランド到着!!!

 うん、アイスランドの空港は相変わらずで、荷物を受け取る前に免税品が買えるというのがイイ。特に今年は安い!!!去年と比べるとほぼ半額。機会があればツアーの参加者と味見しようかと思い地酒のブレニヴィンと、お祝いしたい気分の時にでも飲もうかとモエエシャンドンの小瓶を一本仕入れる。酒ばっかり(笑)。

しかし笑ってはいられません。この日から、アイスランドは大騒ぎ。そう、例の経済破綻騒動で、あちらもこちらも世界中がその話題で持ちきりになってしまいました。が、以前、現地からもレポートしましたが、現地は平穏です。教育水準も生活水準も高い国なので、暴動とか、そういった兆しは一切なく、むしろ治安に関しては、これから出稼ぎ移民や外人が減り、また以前のように神がかって安全な国になるのではという程度です。現在でも一般に非常に安全な国です。日本よりも安全です。

10月9日(木)スパ偵察デイ
 さて、ここからが本番です。が、私は大失敗をやらかしました。写真が無いのよぉ〜(涙)。パワーブックのHD容量が少ないため、4G及び32Gのフラッシュメモリを持参していました。が、どうもそのフラッシュメモリの具合があまりよくなかったのか、書き込みが進行せずに止まるため、強制終了を繰り返していたら・・・・ぶっ飛んだみたいです(トホホ)。

 なので今回のブログのここからの写真は、写真家のジョシア・シバノさんからご提供いただいたものになります。シバノさん、いつも有り難う御座います。

 この日はスパ偵察日で、レイキャヴィクにある主要スパ+スポーツ・クラブを2件まわりました。1件は見るだけで、ヘルシー・メニューを出しているというカフェでランチ。チョコレート・エステとやらがあるそうなので、やりたかったけれど、時間がなくて断念。
 
 道中歩いていると、なんと、ハトグリムス教会の塔の周囲がぜーんぶ足場で覆われていて、改修工事の真っ最中。キレイな姿が見えなくて残念だけど、このような姿もレアかも?!
c0003620_1464026.jpg

 午後はブルーラグーン・スパの姉妹店(?)がレイキャヴィク市内にオープンしたので、その偵察。塩分の濃度の高い水(つまりは海水?)に浮くことにより、1時間で8時間分の睡眠に匹敵する脳波とやらになるらしきスパを体験。

 設備も気配りもよく、見た目もスッキリしていてとても素敵だったのと、なにせ到着直後で時差がボケボケ状態なので、このスパは非常に有益でした。8時間の睡眠効果に匹敵したかは定かではないにしろ、リラックスして疲れが軽減されたのは確かなので、経済的に問題が出ない限り、次回も来氷直後はこれっきゃないと思っています。

 スパを終えたのがちょうど午後の5時過ぎ。この日は欲張らず、これで帰宅しました。

 最初の数日は友人宅泊。ホテルは何だか冷たくて味気ない感じがするので、迷惑にならない範囲で泊めていただきました。

10月10日(金)フル回転で盛りだくさん
10:30 港の美術館へ。あらら、考えてみれば今回は最後までこの美術館の展示を見に行けなかったorz。美術館へ行ったのは展示物を見に行くためではなく、Icelandic Love Corporationの10周年記念カタログが欲しくて数ヶ月前に電話を入れたところ、「2冊だけある」と言われて10月まで取り置きをお願いしたからでした。お願いしたからには、キチンと取りに行かなくては。

 ということで行ったはいいけれど、担当者の名前をメモってくるのを忘れて、悪戦苦闘。でも、幸いに分かりました。それから、その時に展示会をやっていたアーティストの、とても素敵なブローチとマフラー(スカーフ)があったので、それもついでに購入。あとで写真を撮ったらアップしますね。
 モタついてしまい、 30分もあれば充分かと思ったら、 次のアポに5分遅れ。アイスランディック・タイムだから遅れていいとは言っていられなくて、後が詰まるので、早く行かなくちゃ。

11:00 フリドリクソン監督に会う。
 こちらの都合で申し訳ないとはいえ、レイキャヴィク滞在中は予定がアポが続くため、無理を言って・・・・なんとこの時間、フリドリク・ソール・フリドリクソン監督に会っていただきました!

 フリドリクソン監督といえば、映画『春にして君を想う』でアカデミー賞にノミネートされた大物&重鎮。その他にも評判のいい映画を数多く撮っていらっしゃいます。会うことになったのは、今回の旅行でイサフョルズルへ行くに際して、『春にして〜』の映画で辿った道のりを教えてほしいとメールでお尋ねしたところ、「それならレイキャヴィクに到着してから電話してきなさい。会って教えてあげましょう」という監督の優しい心遣いから。おぉ、ラッキー!
 というわけで、地図をひろげながら話を聞かせていただきました。
 
c0003620_20153199.jpg


12:30 市庁舎でJFMと会う約束。ヤコブ・フリーマン・マグヌッソンという人は、ミュージシャンだけど政治や実業にも幅広く手を広げていて、去年の秋頃から、レイキャヴィク市中心部の再開発の監督役に就任していたのでした。

 私は勝手にヤコビービーというニックネームにして呼んでいますが、日本のJASRACやアメリカではASCAPに当たるアイスランドの著作権協会STEFの会長であり、別口にも音楽系の団体の会長職についていて、その他には広告代理店やレコード会社も経営し、自らも名キーボード奏者であり、アイスランドで歴代ナンバーワンのポップ・グループ、スツーヅメンのメンバーでもあり、とにかく書ききれないほど肩書きや実績のある人で、本当は恐れ多いと思われる人です。が、全然恐れ多くはなく、とっても親切かつ思いやりのある繊細な人物。ピアノを「使った」アルバムとしては傑作であろう『ピアノ!』を作ったのも彼です。
 
 いつもなら(市内で最高級の)「101ホテルで」という指定なんだけど、今回はなぜか指定が市庁舎。そこからいつもの101ホテルへでも移動するか、または近所のレストランへ行くつもりかと思ったら、

 「それじゃランチにしようか」
 「ここからどこかへ行くの?」
 「いや、市庁舎内でだよ」

 ふーん、ヤコブがかっこいい場所以外で食事しようと言うことはない。高級な場所という意味じゃなくて、どこか気が利いていたり、キッチュな雰囲気だったりという場所が今までの常だったから、市庁舎内は意外。でも、職員専用カフェだったら面白いなぁと思っていたら、連れて行かれたのが、2階にある彼のオフィス。

 そしてこのオフィスからの眺めがすご〜い!チョルトニンという池というか湖の中に浮かんでいるような場所なので、とにかく見晴らしが良い。私に同行していた仲間も、思わず「すごーい!」と叫んでしまい、その驚きぶりをヤコブは楽しそうに見守ってくれました。
c0003620_1483011.jpg


 「みなさんのために、ここでランチを用意したから」と。

 それってどういうこと?!え?ココ???ここってココのこと?と思っていると、ほどなく4人分のランチが運ばれてきました。写真がその昼食。これに、サラダも付いてきました。へぇ〜、市庁舎って粋なことをするんだぁ。
c0003620_148235.jpg

 「僕にとって特別で大切なお客さまだからね」って、あなたは本当に上手!いえいえ、嫌味ではないです。ヤコブって、痒いところに手が届くような、そういうもてなしをしてくれる人なんです。
 
 これがまた美味で(アイスランドの魚は全部そうだけど)、とてもおいしくいただきました。それに眺めがよすぎる〜〜。ここでも話題になったのは、例の経済崩壊のことで、とにかく大変な騒ぎです。

 市内の再開発を任されている彼としても、この問題は重大で、彼の直接の管轄ではないとはいえ、港に建設中のゴージャスな劇場/コンサート・ホールについては、支援を担っていた銀行が全部ダメになったので、金策の仕切り直し。「どうにかするしかないし、どうにかするよ」としか言えないよね、まったく。
c0003620_149331.jpg

 都市部の再開発について、昔の家の外観だけでも残して欲しいという希望は、「僕もその通りだと思っているし、ピカピカのガラス張りの建造物をこれ以上増やしてはいけないと断固として考えている」という言葉を聞いて安心。焼けたPravda(Airwavesでも使っていたクラブ)周辺に関しての復興が遅れているのは、「一年以上ずっと考古学者がヴァイキングの住居等の調査をしていたんだ。来週の木曜あたりで終了すると一応聞いているから、その直後から復興作業を始める予定だ」と。
 確かに、私が彼に会って一週間後くらいに、初めてあの場所の入り口が開けられ、トラック類が入っているのを見ました。すぐに建て替えなかったのは、そういうことだったのねと納得。

 あれこれの話をしているうちに、14時近くになってしまいました。ヤコブも仕事があるだろうし、私も次のアポがあるので、急がなくちゃ。
 
 同行者の分までランチを用意してくれて、本当に有り難う。

14:00 ピックアップは掟破りの2時間遅れ
 私の記憶に間違えなければ、メインストリート沿いのaurumの店の前で、2時にピックアップしてもらう予定なのです。行き先はストックセイリ。
 なのに10分待っても来ない。アイスランディック・タイムとして許容範囲の30分待っても来ない。電話番号を持ってこなかったので、仕方ないからaurumの店のPCを貸してもらって(知り合いがアチコチにいると助かる)gmailに転送しておいた情報を読み出して電話をすると、「悪いけど16時か16時半でどうだろうか」と。
 え〜、そりゃ無いでしょう。が、今日の午後はこれに割くと決めてのスケジュール割なので、今日を逃すとずっと行けなくなるから、仕方ないけどそれで飲む。

15:00 1時間強も空き時間が出来た。
 この時間を無駄にしてはいけないと思い、それじゃ買い付けにでも行くか、とCDショップ件レーベルヘ。
 その道中にKaffitarというカフェがあり、ん????ヨンシーだ!なんと、Kaffitarの窓側のところにシガーロスのヨンシーが座っていました。
 まずはBad Tasteでいつもお世話になっている担当者にハローを言って、何の在庫があって何が無いかを確認。それからMr.DestinyというIceland Airwavesの主催者オフィスへ行き、ハローを言ってプレスパス手配の確認。担当者は変わっていたけれど、5年前の担当者が戻ってきていました。この5年前の担当者というのは、私が最初にアイスランドへ行った時に知り合った人物でもあったので、話が早かった。でも、今年のプレスパス発行は、去年よりも緩かったみたいな印象。
 それから12Tonarにも寄り、ササっとハローをしてくる。でもって電話も数本かけたし、一時間ちょっとでも街が小さいと、有意義に回れるわぁ。

 そしてピックアップ予定場所に戻る前に、ギャラリーのひとつも見てやれと思って立ち寄ったところ、そこにもまたヨンシーの姿が。私が彼を追いかけているように感じては 彼が気の毒なので、遠慮してギャラリーは見ず仕舞い。

16:30 やっとピックアップに来てくれた 
 オーロラビデオを作っている会社で、日本語のナレーションを差し替えたいので協力してくれないか、という話。正直、門外漢なんだけど、アイスランド国内で制作される日本語ナレーションは、どう聞いても素人のものばかりなので、どーにかしたいと思っていたから、協力するのはやぶさかではありません。
 
 それで、なぜこれほどピックアップが遅くなったかという話が、いかにも現在のアイスランドの経済状態を如実に現していました。この人は実業家であり、その週末からヨーロッパへ行き、ある契約をまとめる予定である、と。当然そこには契約金等々が必用になり、ヨーロッパへ出るということはユーロが必用。しかし、現在、アイスランドでは外貨の引き出しが非常に厳しく、どうしても取り合って貰えないので、何時間も銀行で折衝を続けていたというのです。

 「おかしな話だと思わないかい。僕が引き出そうとしているのは、アイスランド・クローナ建ての普通預金じゃないんだ。元本がユーロの、ユーロ建て預金なのに、その元本が一切出せないなんてあり得ない話だ」

 確かにそうだけど、海外での銀行預金も凍結状態だから、非常時ということでは仕方ない気がしないでもない。けれど、こういう事態に至ったこと自体が異常でありetc etc。

 オーロラ・ビデオの話が、なぜか壮大な出店話になり、壮大すぎて私にはよくわかりません。理想論として、そういうことがやりたいのは大いに理解するけど、具体的にどうアプローチすればいいかは全く分からない。ということは、正直に伝えました。

 ここには、ゴースト・ミュージアムがあって、ちょっと花屋敷っぽい。バイトの子供(?)がいて、人を脅かしたりするのも日本の花屋敷から学んだ??同じ場所の別階にはIcelandic WondersのElves, Trolls and Northern Lightsという場所もあり、ここの氷河部屋はすごくよかった。氷河ルームはまた行きたい。

 知らない間にあれこれの話に何となく巻かれてしまい(悪い意味ではありません)、時間が時間だし、場所が場所なだけに(名物のロブスター屋の隣)、夕食は茹でたて&山盛りのロブスター。そして前回果たせなかったこの店のロブスター・スープを今回は賞味しました。野性味溢れる濃厚な味で、レイキャヴィク市内のロブスターハウスと双璧かも。ロブスター・ハウスのスープは洗練された濃厚さだし、ストックセイリのロブスター屋は野性味あふれる漁師の味でパンチが効いていました。どちらも美味しい。

 帰宅は、オーロラツアーのレイキャヴィクへの帰りのバスに便乗させてもらったこともあり、しっかりとオーロラを見つけて、オーロラを見てからレイキャヴィクへ帰りました。あまりクッキリ大きくわかりやすいオーロラじゃなかったけど、間違いなくオーロラでした。相変わらず「あの」動きはお茶目で美しい。

 22:30 帰宅。うーん、こんなに長い一日になる予定じゃなかったんだけど。ま、いいか。(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



I have started making reports of my trip to Iceland. I left Japan on Oct. 7 and so on. Yuka

  アイスランドの音楽がいっぱい!↓







  
アイスランド・ビジュアル・アート大賞受賞作家作品!
       aurumはピカ一のデザイナー・ブランドです!↓


[PR]
by icelandia | 2008-10-27 15:22 | アイスランドってどんな国? | Comments(15)
Commented by deetee at 2008-10-27 16:20 x
こんにちは!いつも楽しく拝見しております。
ヨンシーが普通に街中をブラブラしているなんて、ファンにしてみると驚きですね。
僕も東京公演行ってきました!すごくよかったです!
ところで。もしお分かりでしたら教えていただきたいのですが、開演前にBGMでアノの曲がしばらく流れていたと思うのですが、あの曲は何ていう曲なのかご存知でしょうか?すごくキレイな曲でした。
マニアックな質問で申しわけありません。
では。
Commented by deetee at 2008-10-27 16:23 x
すいません。誤表記です。「ピアノ」の曲です。
失礼しました。
Commented by icelandia at 2008-10-27 18:56
うーん、似ている曲はあって、そのピアノトラックだけとか、その曲のピアノの部分も何かで演奏したものか、とにかく、ちょっと違ってますよね。CDに収録されている感じとは。一応私がこれか?と思ったのは、Fljótavíkです。
Commented by deetee at 2008-10-27 22:10 x
納得です!
確かにどこかで聴いたことがあるな、と思っていました。
早速にご回答いただきありがとうございました!
アイスランド滞在記の続き楽しみにしております。
では。
Commented by 水野美里 at 2008-10-28 09:20 x
>小倉様

『女性大統領でも女帝でも』の時に書き込みをさせていただいた者です。

この国、案の定国家破綻したようですね。身の丈に合わない無謀な成長路線なんかとるからですよ。まさに”自業自得”だと思いますね。

そもそもこちらに書き込みさせていただいた当時(2005年)から、既にバブル崩壊の兆しが噂されてたから、私としてはさして驚きもしなかったのだけど。

それにしても、我が国に対する債務(サムライ債…だったかしら?)の方も、債務不履行状態になっているそうで、一体どうするつもりなのかしら?まさか”踏み倒す”つもりじゃ…(苦笑)?
Commented by 水野美里 at 2008-10-28 09:29 x
ちなみに、アイスランドに対しては、あの恐ろしい”白熊”も食指を伸ばしてきているみたいね。


(貼り付け開始)

アイスランド、ロシアに5600億円融資要請
http://www.afpbb.com/article/economy/2525719/3405686

(貼り付け終了)


あの”白熊”から多額の融資を受けるってことは、ある種”白熊の支配下に入ることになる”と言えなくもないわよね?

”白熊”の支配下ってことは…、つまり、”マフィア”の支配下に入るも同然じゃない!万が一にもそんなことになったら、アイスランドの国民にとってはまさに”地獄”の始まりよね…。

まあ、元々ルーツが近い北欧諸国も白熊に対抗して救済に駆けつけているようだから、どうなるのかは分からないけれど…。
Commented by 水野美里 at 2008-10-28 09:33 x

そもそも冷戦終結後、米国に利用価値を見出されなくなって”捨てられた”この国が、必死で自立をはかって今日まで頑張ってきたその姿勢と努力は本当に素晴らしいと思うの。あくまでその点については、我が国にも大いに見習うべき要素があったと思うわ。

でもね、結局はものの見事に破綻して、今度は米国の支配下からライバルの白熊の支配下に入るんじゃ、あまりに情けなさ過ぎるんじゃないの?

そう考えると、我が国はこんな国のことなんか見習わなくて本当によかった…と、今は心からそう思いますね。
Commented by 水野美里 at 2008-10-28 09:41 x

とはいえ、まあ、ビョークは大好きだし、こういう素敵な女性シンガーを生み出す素晴らしい土壌は、今後も失わないで欲しいけどね。

(でもねぇ…。万が一あの野蛮な”白熊”の支配下に入るようなことになったら、もうダメでしょうけれど…。残念だけどね…。)

※いつも辛口でゴメンナサイね。でも、”外国かぶれ”な人って、いまひとつ信用できないのよね。悪いけど、小倉さんも明らかに”アイスランド”かぶれでしょ(笑)?
Commented by icelandia at 2008-10-28 10:33
自業自得は私も感じるところですし、アイスランド国民もそれは甘んじているようです。ロシアから支援を受けることの危うさも、いろいろなところで議論されていましたし、仲良くしていたと思っていた国から受けている不必要な仕打ち(デンマークではアイスランド人にサービスを提供しなくなった会社がある=人種差別)等々もあり、本当に辛い時期ですね。
アイスランドにかぶれていることが私の幸せです。
Commented by kyuuuu at 2008-10-28 18:50
こんにちは。
Sigur Ros国際フォーラム行かれたんですね。コーストの公演も素晴らしかったです。

>あの大自然を身近に肌で感じられる国だからこそ、こういう音楽が生まれたのかも、

アイスランドにもますます行ってみたくなります。レポート興味深く拝読しました。風景も素晴らしいですね。経済的な混乱が無事おさまるといいのですが。
Commented by icelandia at 2008-10-28 20:55
コーストも見たかったです。が、アイスランドからの帰国翌日だったので、自重することにしました。でも、やっぱり見たかったかも。どちらにしてもレイキャヴィクで彼らの普段の顔を見ているので、東京での晴れ姿を一度でも見られてよかったです。
Commented by schneewittchen at 2008-10-28 21:34 x
こんばんは~。コーストというのは木場のことですね? 
私も東京フォーラムのほうに行きました。で、日曜日はやっぱりなかなか寝付かれませんでした。昨日もふわふわした幸せな気分(^^)/。
CDを聴いていて、「生だったらどんなに素晴らしいかしら」とずうっと思っていました。期待どおりというより、期待の10倍以上だったという感じです。ほんとうによかった。
それと、ちょっとしたことですけれど、最後に4人で出てきたときに肩くんで挨拶したでしょう? かわいいというかなんというか、魅かれてしまいました。
最初にしゃべったときに、なんと言ったのでしょう? medicineと言っていたように聞こえて、んん?と思ったので。
Commented by icelandia at 2008-10-28 22:37
最初にしゃべったのはアイスランド語で、thank, come, Japanに当たるアイスランド語の単語がかろうじて聞き取れた程度です。アイスランド語、習わなくちゃ・・・。
英語の部分は「You think it maybe this song, if you can help us out which my voice is really shit and I am kind of been sick, so you can maybe help me sing with us. Can you do that? Can you sing with us? 」 と聞こえます(英語の文法がヘンだという突っ込みはなしです)。細かい単語が若干聞き取れませんが、大筋は理解できますよね。
Commented by schneewittchen at 2008-10-29 21:15 x
そうだったんですか。。助けてあげられなくてごめんなさいね。。(といっても、日本人は歌わないんじゃないかと。。)
ヨンシーさんたちにお会いになったらよろしくお伝えください。日本のファンは反応が少なくてごめんなさいね、でもとっても感動してるし感謝しています。また来てね(^^)って。
Commented by icelandia at 2008-10-29 22:44
レイキャヴィクへ行かないと会えないと思いますが、何か機会があれば本当にぜひそう伝えますね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 2:未だによく意味がわからない... 経済破綻でも、がんばっているア... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム