人気ブログランキング |
execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
心に染みるアイスランド・フォーク満載、祖母に捧げたホーム・コンサートの実況盤登場!
 いつもICELANDiaブログにお立ち寄りいただき有り難う御座います。

 新しいアルバムが何枚かアイスランドから入荷したので、ちびちびとご紹介させてください。

 折りに触れて書いていますが、アイスランド音楽は良くも悪くも商業ベースに乗りにくい。なにせ総人口が32万人なので、0歳児から最年長者まで全員が2枚買い、やっと50万枚ヒット。普通は売れたとしても数百枚です。
 なので最初から、商業的にどうのという考えがなく、趣味や楽しみで作ったり、家族のために演奏したりと、音楽シーン自体がとてもさわやかに私には映ります。

 それでも才能がある人は容赦なく才能があり、ビョークやシガーロス、そしてムームやヨハン・ヨハンソンのように、国際的に活躍するアーティストもいて、むしろ変な下心がない分だけ個性的な存在が多く、決して大きなシーンではないのに、個性豊かなアーティストが揃っているのがアイスランドの音楽です。

 そんな中、近年私がすごーく気に入っているのがスヴァヴァル・クヌントゥルというシンガー・ソングライターで、いつの時代でも必ずその存在が光り輝くであろう弾き語りアーティストで、ごくシンプルな演奏と歌で心にしみる歌を聴かせてくれます。
 サウンドの作りがスゴイのはなく、ひたすら暖かな声で素朴に歌う人。そしてそれが凄くイイ!

 だって、こんな感じのちょっとモサくて目がかわいいお兄さんが、暖かい声でやさしく歌ってくれたら、ホンワカするでしょう。そうかといって軟弱ではないし、メロディにもヒネリがあり、ソングライターとして力量のある人です。


  前作の『Kvoldvaka』はシガーロスのスタジオを使い、ヨンシーがサウンド・エンジニアを務めていました。
 http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=17941940c0003620_2346241.jpg  

 このアルバムの内容はUstreamの ICELANDiaTVでも何度かご紹介して、ハマッタ方が少なからずいらっしゃった覚えが。
 ギターやピアノ、ドラムスと、ミニマムな編成でのアレンジで、しっとりと、暖かな声で歌いかけてくれるアルバムで、キャンドルライトの似合う作品です。曲はスヴァヴァルのオリジナル。

『amma (songs for my grandmothers)』(祖母に捧げる歌)
http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=33854872
 そして、次に出てきたのが『amma』(アンマ=祖母)というアルバムで、友人であり、所属レーベルの社長の自宅のリビングで、家族と友人のみを招待して行ったライブの模様を納めた作品です。

 内容は、自分をずっとやさしく見守ってくれた3名の祖母に、歌ってあげたいと思っていた、アイスランド伝来のなつかしい曲ばかり。
 c0003620_23432170.jpg 歌詞を印刷した小さなブックレットもついているので、アイスランド語学習者にはとてもいいアルバムだと思います。アイスランド特有のメロディも感じられるし、アーティスト自身の言葉による短い解説も、その歌や、取りあげた理由の背景がわかってとても興味深く、思わず日本語訳を付けてしまいました。アルバムご購入者には日本語訳を差し上げます。歌詞ではなく英語になっている解説部分のみです。

 それからこの所属レーベルの社長宅というのは、私がアイスランドへ行く度に顔を出してお茶をする場所で、去年行った時に「昨日ここで、スヴァヴァルがホームコンサートをやった」と言われて、すごーく残念な思いをしたのでした。だって私も参加したかったんだもん!

 アイスランドで長い間歌われてきた曲ばかり、というだけあり、どこかで聞いたことのある親しみやすいメロディが多く、私はこういうのが大好きです。

 以下は、アーティストからの言葉です(発売元より許可をいただき翻訳しています)。
***

リスナーのみなさまへ、

 この数年間、私はライブで、自分の作品と共にアイスランドで愛され続けるフォークやトラッド曲を取りあげることが増えています。それは私自身が深い感銘を受け、人生の大切な一部になってきた曲ででもあります。自分のオリジナル曲での新作を出す前に、そういった曲を集めた、いわばカバー・アルバムをライブ録りで作りたいと思いました。

 私の友人達もそのアイデアに賛成で、私のレコード会社の社長アザルスエイン・アゥスベルグも、彼の居間でコンサートに諸手を挙げて歓迎してくれたので、障害も何もなく、計画通り事を進めることになりました。軽食が用意されたハウス・コンサートには、家族と友人を招待しました。その雰囲気には忘れがたいものがあります。

 そこには祖母のスヴァヴァの姿もありました。私が彼女に歌ってあげたいと思っていた懐かしい曲の数々に耳を傾けてくれた美しい瞬間でした。そんなこともあり、このアルバムは幼い孫をいつもやさしく、暖かく心から見守ってくれた私の祖母スヴァヴァ、ヴィルボルグ、ソゥルヒルズルに捧げます。このアルバムに収録したのは大切な曲ばかりで、私の心の中に特別な思いがある作品ばかりです。

 リビングに集まってくれたのは、私が大好きな人ばかりで、いわば「中間業者」抜きで、音は無理に増幅することもなく、直接愛する人々に歌いかけることを楽しんだ、素晴らしい夜でした。キッチンにはサウンド・エンジニアのヨン・スクッギがいて、あらゆるノイズ、音割れ、私の大きな息づかいに耳を傾けてくれた。彼の存在は計り知れず、心から感謝を。

 アザルスエインのリビングに漂っていた愛と暖かさ、そしてしっとりと落ち着いた雰囲気が、みなさんの耳まで届きますよう。レコーディングを聴き直しながらこの文章を書くにつれ、私が歌に託した両親への、兄弟への、祖父母への、愛する友人や恋人への愛情を改めて感じます。このアルバムに耳を懲らせば、近所を通過する車やリビングの椅子、編み棒の音が聞こえるかもしれません。でも、それがこの作品をより一層「家庭的」にしていると思います。

 どうぞお楽しみください。

Yours always,
Svavar Knutur
***

 アイスランドから何枚か新しいアルバムが入荷しました。順にご紹介しますね。もちろん2003年のエアエイブスの続きもお届けします。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




  シガーロスの幻のアルバムも再入荷!↓









ビョークのライブ決定!エアウエイブス・ツアー!↓
c0003620_355719.jpg




 
by icelandia | 2011-08-06 23:57 | Pops | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビョークの新プロジェクトは「自... 回顧録:2003年アイスランド... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
やっと!!
at 2019-08-30 16:41
愛機MacBookPro入院..
at 2019-07-26 04:19
アイスランドにデヴィッド・ボ..
at 2019-07-16 02:46
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム