人気ブログランキング |
execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
遂にリベンジ!去年事故を起こした温水地帯を再訪問。
  去年の7月末に彼が大事故に見舞われた場所を再訪してきた。事故というのは大やけどで、地熱地帯に足を取られた彼は、両足首に皮膚移植の手術を受けた。悲惨な事故で、一時期は全く歩けず、職場に完全復帰するまで四ヶ月を要した。いや、四ヶ月で復帰できてよかったとも言える。事故当初は、今まで通りに歩くことができるようになるか危うくさえあった。

 その時のブログ記事がこれ。


 ここはEngjahveir(エンギャクヴェイル)という温熱地帯で、検索すれば情報は出てきても、グーグル・マップには掲載されていない。正式な道もなく、山の向こう側から見える湯けむりを目安に歩いていくしかない。夏の早い時期(5月頃)であれば、まだ草も生い茂っていないので歩きやすいが、夏になると牧草の背が高くなるため、それを縫って歩くのが少し厄介になる。どちらにしても道なき道を行くハイキングだ。ハイキングとして難しい場所ではないけれど、ごく気軽に歩いていける場所でもない。

 去年の7月の、あの時のことを思い出しながら訪れたEngjahveirは、少し形が変わっていた。いや、温熱地帯は常にその有様が変わるという。なので、数日前に安全だった足場を盲目的に安全だと思ってはいけないと、事故後に誰かから言われたそうだ。そして、自分も同じように大やけどを負ったという人も少なくないことを知った。なので、こういう場所を訪れる際は、再三再四の足場確認を。写真は別サイトで少し大きめに見られるようにしたので、ご興味あればこちらをどうぞ。




        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2019-05-12 05:55 | 現地滞在レポート | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 濃霧に包まれた自然保護地区の溶... 妖精の街ハフナルフョルヅルにあ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム