execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
北部アクレイリ5月の雪!:ソトコト、アイスランド取材裏話 取材9日目
  7月になりましたね。まだ酷く暑くはなく助かっている感じです。さて、雑誌『ソトコト』(7月号)のアイスランド大特集取材の裏話ブログも、残すところ今回を含めて3日分。どうにか次号の発売前に終えられそうです(汗)。

 取材9日目、この日はやっと朝が少しだけゆっくりなので助かりました。そしてお決まりの朝食です。ここは来氷当初宿泊していたレイキャヴィクのホテルで、普段は滅多に朝食を食べない私も、もう一週間ほどキチンと朝食を食べるようになっているため、朝から大食漢。
c0003620_13202068.jpg

 レストランから見える風景。到着からたった1週間ですが、ずいぶんと景色から雪が少なくなっていました。
c0003620_13203156.jpg

 これがアイスランドの国内線、エアー・アイスランドです。国内線の空港は、国際空港よりもずっとレイキャヴィクの中心地に近い場所にあります。
c0003620_13204428.jpg

 飛行機の中から撮った写真。見えるのはレイキャヴィクの先っぽの方。この日のレイキャヴィクは天気が最高!
c0003620_13205555.jpg

 アクレイリ空港。どーもアクレイリは天気がイマイチ。空港で、キミ・レコーズのバッリ君に落ち合ってもらう。
c0003620_13225133.jpg
 
 ランチです。スープ・サラダ付きだったようです。が、食べたことをもう覚えていない・・・。
c0003620_1323448.jpg

 たぶん、あんこうか何かの揚げ物(揚げる調理法が多いのでアイスランドに塩焼きを!!)。これはおいしかった。で、カフェ食なのでパセリ全体がけがここでも観察されます(笑)。
c0003620_13231441.jpg

 近所の美術館へ行きました。
c0003620_13243648.jpg

 現代美術展開催中で、ほとんどはこういう感じでアイスランド語。ものすごいブラック・ユーモアだったようですが、外人の我々にはよくわからず・・・。
c0003620_13242637.jpg

 バッリ君に「好きな場所での写真を載せよう」ということでアクレイリの街が一望できる場所に来ましたが、なにせ雪(!)が降っているため、寒いし、対岸がよく見えないので、このカットはボツに。 
c0003620_13251783.jpg
 
 絵本で有名な「ノニ」ハウスの入り口。
c0003620_13253067.jpg

 ここから、少し郊外にでかけます。普通はきっとHusavikあたりへ行くと思われますが、鯨ウォッチングは誌面になりにくいため、逆方向へ。で、どこかの港。たぶんダルヴィック。
c0003620_13261418.jpg

 エサを貰えると思ったのか、集まってくる水鳥。ゴメン、ビスケットひとつ持ってないんだ。
c0003620_13262610.jpg

 背景はこんな感じ。寒そうに思われるかもしれませんが、実際寒かったです。ハイ。
c0003620_1327865.jpg

 この心霊写真みたいなのは、トンネルの中です。それも一車線!なので、途中で対向車が待っていられるような凹みがあるのです。バッリ君の話によれば、このトンネル、あまりにも予算オーバー。なのでせめてもということで、一車線にして予算を圧縮したのだとか。でも、少し考えればわかることですが、一車線も二車線もそれほど予算の違いは無い。トンネルが無いところにトンネルを掘る作業に一番予算がかかるため、なぜ二車線にしなかったのか、今では批判の元となっているそうです。
c0003620_13271637.jpg

 きれいだった教会。中ではコーラスの録音をしていたため、見学不可。
c0003620_13274523.jpg

 こういう道路を走ります。フィヨルドになっているので、天気がよければさぞや美しい風景だったのでは。
c0003620_1328539.jpg

 これが車窓からの風景。
c0003620_1328157.jpg

 アクレイリに戻ってくると、エコを推進するトヨタの車が。「何かを求めて」(指出副編集長談)郊外に出てみたものの、結局何もなく帰ってきました(笑)。まぁいいでしょう。アイスランドに来てから朝から夜までずっと取材なので、ここらへんで一日くらいトロトロしてもいいかと思いました。
c0003620_1328455.jpg

 「バスタブのある部屋がいい」と言ったところ、出てきました!言ってみるもんだわ。ものすごく広い部屋!バスルームも広いし、ウォークイン・クロゼットまで。テレビの下には、CDコンポまである特別室っぽかった。ラッキー!
c0003620_13291451.jpg

 夕食を食べたのは、カロリナというカフェ・レストランのレストラン部門。
c0003620_13292868.jpg

 私はまたまた魚です。この手のレストラン・フードは食傷気味になってきて(贅沢ですいません)、一番おいしかったのは、左手奥に見えているポテトの付け合わせ。ね、ここで見てほしいのですが、本格的レストランは、パセリを全体に散らしていない!!
c0003620_13294582.jpg

 ホテルの前にあった本屋。白熱灯を使っているのでしょうか。明かりに暖かみがあり、とてもきれいでした。
c0003620_1330056.jpg

 これが本屋の店内。ネットにもつなげます。ケーキやコーヒーも売っているので、まったりモード全開にもなれます。ここはとても奥が広く、奥の方は本屋ではなく、雑貨や洋服、CDもありました。
c0003620_13301720.jpg

 この日は特別にやることもないので、早めに寝たような覚えが。レイキャヴィクでやり残したことがあればそれをやり、アクレイリへ移動するのが主な目的の一日でした。ちなみに、アクレイリは昼過ぎから雪がちらついていました。5月の雪です。(小倉悠加 / Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



 Three of us from Sotokoto magazine transported from Reykjavik to Akureyri on May 1. We met up with Balli of Kimi Records at the airport. We took a minor tour in Akureyri, then to Dalvik where we had found nothing interesting... It was not a big day but it was okay, All we needed to do is to finish up whatever we had to do in Reykjavik and get to Akureyri. Yuka.
         注目!Iceland Airwavesツアー説明会7月24日! c0003620_22285641.gif




  旬のアイスランドの音楽を↓







  
溶岩ジュエリーはロハス・デザイン大賞最終ノミネート作品!
          こちらで購入できます↓


[PR]
by icelandia | 2008-07-01 13:38 | アイスランドってどんな国? | Comments(3)
Commented by Doc.K at 2008-07-01 22:57 x
写真の多いブログ、綺麗で見てて心がすっきりしますね。未知の世界に思いをめぐらせ、想像力を画き立てながら楽しんでます。レイキャビックで7月、8月の平均気温はどの位なのでしょうか?23度? 1月2月はマイナス5度程と覚えておりますが。
Commented by icelandia at 2008-07-02 03:40
Doc.Kさん、いつもコメントを有り難う御座います。1-2月の平均気温はちょうどゼロ度です。最低気温の平均がマイナス2度程度。簡単な計算なのですぐにわかると思いますが、最高気温の平均がプラス2度です。ご質問の7-8月ですが、平均気温は10度です。え?!と思われるかもしれませんが、本当の意味の夏はアイスランドには存在せず、温暖な地方に住む我々から見ると、冬と春だけしか存在しません。アイスランド人に言わせると、その春と冬の間に短い秋があるそうですが。なので、15度以上になると現地の人は「暑い!」と言いますし、20度を超えると「暑くて死にそう」と不快感を示す人が多いようです。
温暖化の影響で1-2度誤差があるかもしれませんが、とにかく、冬と夏の気温の差の幅はそれほどないんです。
Commented by Doc.K at 2008-07-02 08:06 x
海流と地熱のせいで寒暖の差がないんですね。了解しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おいしいスローフードここにあり... 南海岸名所巡り:ソトコト、アイ... >>
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム