execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:現地滞在レポート( 52 )
「アイスランドの大自然と私」っぽい写真集(その1)
  アイスランドに拠点を移して一年強。レイキャビクに居ると便利なのは、大自然がとても近いので、天気がいい日に気軽に郊外へ出られること。そして、私のパートナー氏は私の写真を撮るのが大好きなので、毎回いろいろな場面での写真が溜まってきました。
 なので少しお裾分けをしますね。

 これはICELANDiaブログ開設当初、Exciteから配られていたブログカバーにもなっていた滝のスヴァルティフォス。氷河の近くにある滝で、やっとたどり着けたので、ブログカバーといっしょに掲載したいと思っていたら、カバーが氷河湖に変更されていてちょっとがっかり。このブログ、なぜか芸能人の方々に混ぜていただいているExcite公式ブログなので、自分ではカバーが変更できないんです・・・・。
 ま、とにかく、やっと出会えたブログカバーと私。
c0003620_02242384.jpg

 レイキャビクから車で30分ほどでたどり着け、ほとんど車が通らない場所で、フカフカの苔がたくさんあり、背後に山もあってきれいな場所。「きれいな服を着たユーカが撮りたい」というパートナー氏の希望で、自然に映えそうな色のワンピを見つけて撮影したのがこれ。
c0003620_02242362.jpg

 60歳間近の50代という年齢もあり、顔アップは気がひけるので、こういう「自然の中にちっちゃくポツン」という絵が好き。ボルガルネスの海岸。
c0003620_02242402.jpg

 フォトセッション(!)のために郊外に出るようになったきっかけが、たぶんここだったと思う。それまでは、たまたま行った先で記念撮影的にしていたのが、ここの撮影での写真がとても気に入り、それ以降は自然を楽しむ外出というより、自然の中で写真を撮ることが目的に。どちらにしても、自然の変化がみたくて出向くんですけどね。
c0003620_02242414.jpg

 ちなみに上も下も、スナイフェルスネス半島。
c0003620_02242435.jpg

 撮影しながら、「アイスランドの自然の中でお洋服を撮影したいブランドがあれば、私が着用できる限りするのにね〜」という話も。熟年の私がモデルじゃ申し訳ないけど・・・。半ばマジです。希望があればぜひご連絡を!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-10-12 09:21 | 現地滞在レポート | Comments(0)
虹、オーロラ、雹、快晴、強風、曇天、アイスランドの天気はテンコ盛り!
 アイスランドの天気は気まぐれです。どれほど変わりやすいかといえば、すんごく変わりやすい(笑)。5分、10分単位で、晴れ、雨、強風、雹、霙が繰り返されることも。それもこのパターンが一日20回近く繰り返されることも!
 それでもアイスランドの天気は悪くないと思えるのは、9月下旬から10月半ば頃まではオーロラと虹の大放出となること。昼間は虹が、夜はオーロラが天空を飾るアイスランド。うーん、やっぱりいいわ、いいわぁ(笑)。

 とはいえ、当方の写真の腕前が欠けるため、人様にお見せできるような素敵な写真がなくてごめんなさい。それでも、この時期にアイスランドへ来れば、虹もオーロラも見えるかも、という意味では、訪れるのにお勧めの時期かも(既に朝夕冷えて寒いけど)。

 残念ながらウチのバルコニーから撮ったので半分しか見えてないけれど、半円にまん丸く出現していた虹。
c0003620_07394814.jpg

 こちらもバルコニーから見えたオーロラ。ホント、もっと素敵な写真が撮れればなんですがぁ・・・。
c0003620_07394929.jpg

 そしてオマケは、パートナー氏がどうにかググって設定を見つけ出し、とりあえずオーロラと私を同時に撮ることに成功した記念すべき写真。
c0003620_07394878.jpg

 オーロラ撮影にも出よう!と話しているので、今年は少しでも素敵な写真がここに掲載できましょうに! (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-10-03 07:39 | 現地滞在レポート | Comments(0)
本に囲まれゆったりと時間が流れる木造一軒家の本屋カフェ
 10月に入り、めっきり朝晩冷え込むようになってきました。山には初雪が積もり、早朝は早々と霜がおり、小さな水たまりに氷を見ることも。これからの季節、外出には手袋とニット帽が必須。
 今回ご紹介するカフェはセルフォスという街にあります。レイキャビクからセルフォスへは山越えがあり、大きな舗装道なので冬でも心配はないとはいえ、カーブや急な坂もあるので、やはり運転に注意するに超したことはありません。

 レイキャビク郊外のカフェを網羅しようとこの出歩いた私たち。今回のカフェは本屋の中にあり、レイキャビクのダウンタウンにも本屋と同居のカフェはあるけれど、市内よりもずっと落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできますよ!

Bokakaffid
http://netbokabud.is/index.php


Facebookページ
https://www.facebook.com/sunnlenska.bokakaffid

 まずはサイトのバナーがかわいい!
c0003620_01265775.jpg

 本当の外観はこちら。
c0003620_01271918.jpg

 店内には古本も置いてあり、いかにも「いい本あります!」な感じだし、中に入れば子供用の本も分かりやすい場所に置いてあるので、大人にも子供にも親しみやすい。
c0003620_01271945.jpg

 古い一軒家なので、全体的に木の作りで、暖かみのある店内。
c0003620_01271989.jpg

 ピアノも置いてあり、もしかして時々ライブでもやるのか?楽譜も少し置いてあった。けれど、初心者用の教本ばかりで、私が探している楽譜(ソナタ、バッハのインベンション、ショパンのワルツ)は見当たらなかった。
c0003620_01271999.jpg

 見渡す限り、天井まで本がぎっしり。古き良き本屋の風情で、なんだかうれしかった。コーヒーはまずまず。とにかく、ゆったりできて、本をゆっくりと眺めることができて、優雅に時間が流れる感じが好きでした。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-09-28 01:23 | 現地滞在レポート | Comments(0)
JFDR『 White Sun Live.』リリース記念特別ライブ・レポート
 アイスランド現地に出向いて音楽シーンと関わるようになって15年以上になる。その間、あ〜この子は絶対に何かになる!と思わせてくれたのが数名。本当に数名。その中での出世頭は勿論アウスゲイル。音楽の世界ではなく女優か何かで傑出するかと思っていたのが先日日本の夏フェスで演奏したドリームワイフのヴォーカル、ラッケル。シーベアーのグループからはシンドリとソーレイ(どちらも来日してもらったことがある)が出現し、ロウクロウはヒルドゥルが近年ソロで絶好調。
 そして14歳でのデビュー初ライブから見守っているのがヨフリヅル子と私が呼んでいるヨフリズル・アゥカドッティル。アイスランドあるあるで、私は彼女を知る前に、現代音楽作曲家でエクスペリメンタルなことをやっていた彼女のお父さんを知っていた(ことを後日に知る)。

 彼女は双子の姉妹と同級生の友人とでパスカル・ピノンというグループを組みアイスランド・エアウエイブスでデビュー。日本をツアーして回ったことも。次にサマリスというトリオを組み、ビョークと同じOne Little Indianからもアルバムをリリース。それが一段落すると、次はJFDR (ジェイ・エル・ディー・アール)というソロプロジェクトに取り組み、その第一弾が去年発表したフル・アルバムの『Brazil』。
 長身の細身で白い肌と長い金髪、化粧気の無いごく自然体の感じがいかにも北欧女子という彼女。歌う内容も音作りの方向も等身大で、最先端を追うのでもなく、強力なインパクトを狙うのでもなく、とにかく自分をいかに表現するかを常に見つめている制作姿勢が私は大好き。それに加えて、ウィスパー・ヴォイスとハスキー・ヴォイスを混ぜ合わせたような、とてもニュアンスが豊かで、ハっとするようなフレージングをそちこちで聞かせてくれる声質にも恵まれている。
 そんな彼女が2018年9月6日に、アイスランドで最も古い劇場であるイズノで特別ライブを行った。パスカルやサマリス時代、ソロ曲をストリングス用にアレンジした「 White Sun Live. Part I: Strings 」をリリース。そのリリース記念ライブだった。

 5名のストリングス隊の中には、ムームで双子のヴォーカルの片割れとして活躍したギーザも。ミニマルなフレーズで常に印象的な音響を奏でていたのはアイスランドで人気のロック・グループ、グリサラッパリサのメンバーであるアルバート・フィンボガソン。ピアノはパスカルピノンを組んだ双子の姉妹であるアススヒルヅル。
 そして彼女の華やかなステージを見守るのは、やはり彼女をデビュー当初から見守る音楽関係者や、今や世界的に注目されるオーラヴル・アルナルズの顔も。

 私はストリングス・ヴァージョンの演奏を、実は去年のアイスランド・エアウエイブスでの教会ライブで見ていたとはいえ、その時よりもよりいっそうヴォーカリストとして、パフォーマーとして成長していた。彼女はここ数年間拠点としていたニューヨークから数ヶ月前レイキャヴィクに戻り、どことなく都会的な洗練味が増したような気がした。以前からの清々しい雰囲気は変わらないが、歌唱のニュアンスにどことなく都会的なものを感じた。レイキャヴィクのシーンの中で、そしてツアーでも友人に囲まれて過ごす環境から離れ、見ず知らずの人々が行き交う中での刺激や孤独も知り、そこで一層自分の軸を磨き、その上で醸し出されたのが今回のライブのヴォーカルだった。

c0003620_08430223.jpg

 姉妹であるアススヒルドゥルのピアノは派手でも滋味でもなく、ところどころに耳に残るフレーズやハーモニーをつまびき、基本ミニマルなところはギターのアルバートと同じで、ストリングスがバックの要であったことは揺るぎないが、アルバートとアススヒルヅルのミニマルながら心を動かす演奏が、とてもいいスパイスになっていたと思う。

 つまりは非常にいいライブだった。ヨフリヅルの歌唱は魅力的で、一瞬一瞬の息づかいを聞き逃さないようにと、会場は常に静まりかえり(アイスランドでは珍しい!)、美しい弦楽器の演奏も華美にならず、そこに時にノイズをアンビエントにかませるギター音響とピアノのハーモニーが加わり、それはそれは息を飲むような美しい瞬間がいくつあったことか。それは結局、JFDRのアーティストとしての成長が周囲のメンバーを刺激し、ヨフリヅル自身も周囲からしっかりと支えられていることを自覚し、ありきたりな言葉ではあるけれど、全員の心がひとつになり、素晴らしいハーモニーを奏でていた。

 ストリングス付きのライブは特別な機会ではあるけれど、彼女はアルバートだけをバックにツアーすることもあり、実はそれがとてもミニマルで美しく、ヨフリヅルの雰囲気にぴったり。来年の春頃、もしかしたら来日する機会が作れるかもしれないので、ぜひご注目を。きっとヨフリヅル子がアイスランドの清々しい空気を日本へ運んでいくと思う。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
キャンセル待ち受付中!アイスランド・エアウエイブス・ツアー11月!
詳細は↓クリック

c0003620_06095922.jpg 




 






『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-09-07 08:40 | 現地滞在レポート | Comments(0)
悪天候でベリー摘みは完敗のレイキャヴィク
 冷夏というか、晴れの日が絶対的に少なかった今年のアイスランドの夏。8月後半に少し取り戻したとはいえ、各種ベリーには厳しかったようで、ベリー摘みに出向いたところ、野原(?)は秋の色になっていた。
c0003620_06154726.jpg

 でもほとんどベリーが実っていないのと、実を見つけたとしても未熟すぎて食べるどころではなかった。去年はクロウベリーは沢山見たし、ブルーベリーも結構あったのに。残念。
c0003620_06154766.jpg

 去年と同じ場所で見る限り、去年全くみなかったキノコ類は若干見たので、やはり天候の関係でキノコにはよかったけど、ベリーには厳しい年だったのかと。ただしまだマッシュルーム摘みには出ていないので、実際にキノコはよく採れてるのかもわからない。

 残念だけど、ベリーは来年のシーズンを期待したい。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  
[PR]
by ICELANDia | 2018-08-31 06:03 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ゲイシールや温熱地帯はくれぐれも火傷に注意を!!
 少しご無沙汰していました。7月は文字通り休むヒマ無くヴァケーションにいそしみ、天気のいい日を見つけてはキャンプしたり、アイスランドの天気が悪すぎて勢いでブダペストへ行ったり、遊びに充実しまくっていましたが、その7月の終わりに私のパートナー氏が事故で大やけどを負い、以来ずっと看護婦さん状態でした。

 ここがその現場。普通の観光客が行くような場所ではなく、道も通っていないため、徒歩でしか辿り着くことができません。
c0003620_20282956.jpg

 私のパートナーはアイスランド人で、子供の頃からハイキングが大好き。こっちの山、あっちの山を登り、川を渡り、そういう事は経験値がある人です。が、温熱地帯に対しての油断があったのか、観光地のような順路もないため、お湯がボコボコ沸き出している場所で足を踏み外し、大やけど。皮膚移植になりました。幸い、範囲は限定的なので自分の皮膚で済みましたが。

 両脚なので歩けないため、救急車を呼んでの対応。図らずもサイレンの鳴る救急車で病院へ行くという貴重な体験をし、その後家庭内看護やら病院通いやら。
 ここでひとつ「そうなのか」と思ったのは、こうして派手に落ちるのは地元男性が案外多いということ(救急隊員談)。無謀な観光客が多いのかと思ったらーーこれほど熱いとは思わずちょこっと手を入れて火傷する程度はたぶん観光客中心かもですが。ここまでズボっと落ちるのは、油断して甘く見てる中途半端な経験値の人のようです。件の氏も、山は経験アリで自信もあるけれど、温熱地帯はそれほどよく知る訳ではない、と。むしろ私の方が用心していたので、私は無傷でしたから。

 足の火傷に限らず、火傷は悲惨です。ゲイシール(間歇泉)はゴールデンサークルという定番の観光地にあります。観光地なので気をつけるよう看板もあれば、境界線のロープもあります。マナーというか、安全のために、境界線を越えぬようくれぐれもご注意ください。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  
[PR]
by ICELANDia | 2018-08-20 20:30 | 現地滞在レポート | Comments(0)
アイスランドの花:太陽のようにキラキラと輝くSoleyの花
 少なくとも南部、南西アイスランドのどこにでも見られる草花のソーレイ(太陽という意味)。私が住んでいるアパートの庭というか、敷地内の空き地に現在びっしりと咲き乱れてます。

 日本から友人がアイスランドまで来てくれたので、テーブルを少しでも明るくとソーレイを摘んできてみると、なんと、造花のように花びらがキラキラ。見た目、全く造花。そして触ってみると普通の花びらよりも少しだけしっかり固いような印象。
c0003620_08382031.jpg

 でもこれ、本当に野に咲く花です。ただ、Soleyとつく花はいろいろあって、同じ黄色でも数種類あるようですが。
c0003620_08410583.jpg

 地域によっては見る限り一面黄色に染まり、緑や黒い山の色と対象的。
c0003620_08374636.jpg

 アイスランドの夏の風物詩のひとつです。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー11月催行決定!
詳細は↓クリック

c0003620_06095922.jpg 












『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-07-03 08:39 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ワールドカップでのパブリック・ビューイング風景をお裾分け
 4年に一度のワールドカップ。出場国の中で最小国(総人口34万人)であり、ヴァイキング・クラップという儀式(?)も目立ったことから、とびきり注目されたアイスランド・サッカーチーム。ヨーロッパ戦はたまたまアイスランドに滞在していたため現地で観戦することができ、今回は在住者として応援に参加。
 パブリックビューイングの様子を少しどうぞ。レイキャヴィク市が主催したのは街中の一か所と、市庁舎があるチョルトニン湖に隣接している公園の中。後者の方が規模が大きい。今回私は後者の場所で見ました。
 サッカーの試合に併せて会社や商店が締まったり、公共サービスが閉じられるなど、ちょっとやりすぎじゃんという声はあったものの、一生に一度のことかもしれないのでということで納得。それでも就業中の人も居るわけで、国民総出という感じではないにしてもみなさんかなり気合いが入って真剣。
c0003620_04530212.jpg

 定番のグッズ売り場も。
c0003620_04530727.jpg

 たまたま気温が低い日だったので、私も厚着で参戦。顔に国旗色をペイントしてくれてたお姉さんと記念撮影。
c0003620_04531246.jpg

 遠くから試合を見守る子供達。こんな風に、子供は遊んでいられるのはいいなぁ、と。
c0003620_04525464.jpg

 前の方が空いてるので(前だとスクリーンが見えにくいし)、そこにゴミ箱を設置。試合が少し落ち着いている時にみんなゴミを捨てにきていて、ステージ前の目立つ場所にゴミ箱を置くのはアリだなぁと思ったのと、ゴミの大半がビール瓶や缶。ゴミ処理場に持って行くとお金を貰えるので、それを目当てにビール缶や瓶ばかりを集めている人も。
c0003620_04541339.jpg

 残念な結果になったけれど、みなさんと一体感が持てたひとときでした。例のヴァイキング・クラップもやりましたよぉ(笑)。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー11月催行決定!
詳細は↓クリック

c0003620_06095922.jpg 











アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-06-25 04:51 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ハイキング、トレッキング好きのアイスランド人に連れられて
 アイスランド人はハイキング(トレッキング)好き。時間ができれば、いえ、時間を作ってハイキングへ出向きます。T氏(私の相方)もそのひとりで、子供の頃からあちこちの山を歩いてきたので、夏になるとどうしても山歩きがしたい。なので今年はシーズン前からずっと地図を見ながら、「この山は簡単だし景観がいいかぜひ行こう。少し難しいけど道中たのしいからこの山も歩こう」と私を山歩きに誘う。
 去年はこちらに移った当初、一度しか山歩きをしなかったけれど、今年は車をゲットしたので、好きな時にどこでも行ける。なので毎日のように天気予報を見ては、仕事のある日は夕方以降天気がよければ行こうと誘ってくるし、現在はバケーション中でずっと家にいるので、とりあえず車を走らせて天気がいい場所を探し当ててテキトーに山に登るというスタンス。
 小さな山(丘みたいな土地の突起)でも制覇すれば楽しいし、アイスランドは木が少ないので、とりあえず景色がいい。上まで行くとどんな景色なのかなぁと私も最近は楽しくなってきた気配。
c0003620_09474954.jpg
 例えば、先日天気がイマイチだったので、雨の合間に充分登れる小さな山が通りがかりにあったので、それを制覇。ハイキングやトレッキングと言うにはおこがましような小さな山だけど、それなりに傾斜があり、足元のバランス感を要求される。

 登っている途中には高山植物のような小さくて愛らしい夏の花が見られた。
c0003620_09474915.jpg

 ルピナスは土壌を肥やしたり、植物が定着せず土埃がひどい地域に植えられたもので土着の植物ではないため、賛否両論はあれど、群生してるとやっぱりきれい。アイスランドの夏の風物詩でもある。
c0003620_09474952.jpg

 アイスランドに住むと、こういった小さな自然とのふれ合いがとても多く、やっぱり観光バスでピンポイントで回るのとは全く違う味わいがあります。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー11月実施予定!
詳細は↓クリック

c0003620_06095922.jpg 











アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-06-15 09:46 | 現地滞在レポート | Comments(2)
コペンハーゲンの夏日を肌に受けて
 雨でウンザリという記事をこの前載せましたが、その直後、実は10日間ほど、アイスランドとは正反対に晴天続きで無降雨日が記録的に伸びていたデンマークに滞在。気温が25度を超える夏らしい日を久々に体験してきました。

 日本人であれば当たり前過ぎる夏の気温が、アイスランドでは全く体験できないため、長年日本在住の日本人だった私の肌は、ジリジリと焼きつくような太陽光を欲して止まなかったようで、素足、半袖で過ごす日々を満喫してきました。
c0003620_09011260.jpg

 アイスランドからコペンハーゲン間は3時間強。映画を日本観られるか観られないかの距離で、国内移動感覚。シェンゲン国でもあるため、パスポートコントロールはなく、基本的にはチケットを買ってそのまま飛んでいける国。パスポートコントロールを通過せずに別の国に入れるとは、なんとも新鮮な驚き。
 
 久々の暖かさにウキウキして、インスタグラムにその時の写真を投稿。日本だとこの年齢でミニスカは反則だけど、ヨーロッパは問題なし!ということでおねがいします。


 ここでコソっと書きますが、私はアイスランドに移動した後に現地の男性と結婚しました。その予定があった訳では無く、何となく成り行きというか、彼の方が少し年下だとはいえ、お互いに年齢が年齢なので(私は今年58歳!)、何年も付き合うような慎重さも必用ないだろうということにしました。


 そんな訳で、彼と私の初めてのヴァケーションであり、彼のティーンの息子さんも来たので、ビルンのレゴランドへ行ったり、チボリ公園で遊んだりと、アクティビティ満載。
c0003620_09011268.jpg
 ひとつだけ情報をお裾分けできるとすれば、ちょうどアイスランドの学校が休暇に入った直後にレゴランドへ行ったところ、ガラガラ。たぶんデンマークの学校はまだ夏休み前だったのでは。人気の乗り物も5分も待たずに乗れるスイスイ、ガラガラで、行くならお勧めかもしれません。6月の最初の週でした。また、ビルンのレゴランドのはす向かいのブロックに、ラランディアという施設があり、子供が楽しく遊べる場所で、特にアクア・ゾーンは波のプールとスライドがとても楽しく、レゴランドとのハシゴも可能なのでお勧めです。

 日本からアイスランドに来る際にコペンハーゲンを経由することが多く、トランジットの間に何度か街中は散策したことがありました。数時間あれば、最近流行のフードコートで美味しいものを食べてからアイスランドへの航空便に乗ることも可能。興味ある方は少し調べてみることをお勧めします。移動には、よく使う4ゾーン内であればどこでも一律金額のカードがあるので(Copenhagen Card )、それを空港で買うと便利です。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
アイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー11月実施予定!
詳細は↓クリック

c0003620_06095922.jpg 











アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
by ICELANDia | 2018-06-11 08:53 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム