execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アイスランドのクリスマスはイブが重要ー我が家のクリスマス料理。
 メリー・クリスマス!グレディレグ・ヨゥル!
 アイスランドでクリスマスを迎えるのも2回目。今年は自分の家での初クリスマス。本物の木で、可愛らしいツリーをゲット。家族だけでささやかにプレゼントも交換。私はクリスマスに対する思い入れがほとんどないので、気楽、気軽です!
(こちらでは、プレゼントからテーブル・セッティングからツリーから料理から、全部完璧にしないといけないという強迫観念にとりつかれて、クリスマス鬱になる人もいるようで・・・。)
c0003620_08032261.jpg

 料理はといえば、ほとんどパートナーの彼が用意してくれて、私が手伝ったのは赤キャベツを煮る程度。クリスマスのワイン・ドリンクであるグロッグを赤キャベツで煮たような味で、私は大好き。肉は家庭によってラムだったり七面鳥だったりするようですが、パートナー氏の希望でスモーク・ハム。うーむ、これはホント美味しい。これほど大きくこれほどほっくりした味は日本では知らなかった。それから彼の得意料理(?)のキャラメライズド・ポテト。要はポテトの砂糖煮!どちらも私の大好物になりつつあります。
c0003620_08033028.jpg

 そうそう、アイスランドではクリスマスイブの18時から家族揃って夕食。プレゼントを開けるのは夕食後。北米では25日の朝起きて一番にツリーの下のプレゼントを開封しますよね。アイスランドではそれが24日の夜なんです。25日はクリスマス・デイで休日とはいえ、前日のような大騒ぎでも豪華な夕食でもなく、割合・・・普通?!そんなアイスランドのクリスマスです。
 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
シガーロス『Heima』のロケ地探訪。一期一会のサマーツアー!
詳細は↓クリック
c0003620_05180618.jpg
 












アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2018-12-25 08:02 | Comments(0)
ユニークなアートギフトならレイキャビクのアート・マーケットで!
  クリスマス・マーケット第二弾はアート・マーケット。なにせ総人口34万人だし、島国で物流が大陸のようにはいかないため、ユニークなギフトを探すのが大変。その点、このアート・マーケットは手製のオリジナル・プロダクトばかりなので、他の人とプレゼントがかぶる確率がとても低い上、ユニークで個性豊かなものが多い。見るだけでも楽しいのもお得。

 なので幾つか行ってきました。暗くて写真が撮りにくいマーケットもあり、ここでご紹介するのは数軒のみ。最初はKEXホステルで行われていたマーケット。
c0003620_06003815.jpg


c0003620_06003874.jpg


 プリント、ポスター、絵画等が多い印象。そんな中で特によかったのが、手描きのマグカップ。もっと早い時間に行けば、たぶんもっと可愛いのが多かったろうと思えた。
c0003620_06003981.jpg

 お洋服とアクセサリーを出していたのは、スウェーデンから最近レイキャビクに移ったような気配のスウェーデン人男性と日本人女性のカップルがやってた。レイキャビクを拠点にするらしいので、応援!したいんだけど、ブランド名をメモったのをどこにやったやら・・・。
c0003620_06003973.jpg

 楽しそうな感じでやってた人たち。
c0003620_06003968.jpg

 似顔絵もあった。親子で描いてもらってた。小さい子はじっとしてるの大変だよね〜。
c0003620_06003983.jpg

 どうやら上階でもやってるらしい。
c0003620_06003971.jpg

 ここが上階のマーケット。
c0003620_06003974.jpg

 この猫はなんだ。クリスマス・キャットか。こういうのも買う人がいるのか、シンボリックに作ったのかは不明。不思議な雰囲気を放ってた。
c0003620_06003939.jpg

 次にLoftへ向かったけれど、どうやら土壇場になって開始時間を1時間遅くしたようで、我々は早すぎて無駄足。
c0003620_06004011.jpg

 なのでせめて外の写真を撮ろうか、と。
c0003620_06035540.jpg

 続いてHurraのアート展。ここは毒の強い風刺画で有名なイラストレーターがその場でリクエストに応じてくれたりと、かなりの強者揃い。そんな中、私が大好きなFM Belfastのロゥアが、オリジナル・イラストを何点も出していたので、実はこれを狙って買いにきました。日本で販売しますよ〜。
c0003620_06035500.jpg

 会場の雰囲気はこんな感じ。狭かったけど、華やかな雰囲気。
c0003620_06035582.jpg

 クリスマス前のレイキャビク、いろいろとユニークなマーケットが開催されるので、街へ出たら、通常はショップではない場所でも、人の出入りが多そうなところを入ってみると、こういったマーケットに出会えるかも。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        
シガーロス『Heima』のロケ地探訪。一期一会のサマーツアー!
詳細は↓クリック
c0003620_05180618.jpg
 












アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2018-12-20 05:41 | Comments(0)
クリスマス前はフードマーケットでスマッカ三昧!
 街角はクリスマスの電飾で飾られ、ロンドンの凝った電飾の後には少し物足りない気はするけど、レイキャビクの住人にとってはこれが正にクリスマス!そしてハルパのフードマーケットも恒例。

 コンベンション、コンサートホールであるハルパで毎年行われるフードマーケットは、アイスランド全国各地から生産者が集い、それぞれに自慢の食材を提供してくれるし、試食が多いのですごーく楽しい!午後からは込むため、オープンしてすぐに行くのがコツ。午前中なら割合すいすいと試食して回れる。

 あまりにもいろいろあるので、少し写真でお見せしますね。

 まず、一番多かったのが肉!アイスランドは羊肉が美味しいことで有名で、昔は羊肉と魚程度しかなかったということもあり、スモークした羊肉がクリスマスには振る舞われることが多いのでその試食がかなりあった。その他、鹿肉、鴨肉、ウサギの肉など、いわゆるジビエもちらほら。
c0003620_05213612.jpg


c0003620_05221148.jpg


 こちらは魚の燻製等。鮭、鱒、鱈などなど。漁業国とはいえ、日本ほど魚の種類が無いんですよねぇ・・・。
c0003620_05272664.jpg

 アイスランド人のいいところ(?)は、海藻を食べること。油で揚げたおつまみは結構好き。
c0003620_05283881.jpg
 ディップの試食とはいえ、メインはディップよりも、どの塩やハーブを使うかということだった。

c0003620_05284214.jpg

  こちらは塩。ラクリス塩、アイスランディック・タイム塩、スモーク塩、ブルーベリー塩、溶岩塩等。
c0003620_05304331.jpg
 
 会場はかなりゆったり広いけれど、これが午後になるとコミコミ、ビッシリになり、身動きできない状態に。
c0003620_05314547.jpg


 オムノムチョコレートは全種類試食できたので、うれしかった。ちなみにアイスランド語で試食、味見は「smakka(スマッカ)」と言う。
c0003620_05325151.jpg

c0003620_05325195.jpg

 フードマーケットではあるけれど、羊関係ということで手染めの羊毛もあった。
c0003620_05342010.jpg

 地元産の蜜蝋でのキャンドルは魅力的。私はスキンクリームの素材として使うので、日本からもってきた蜜蝋がなくなったら、いつか絶対にアイスランド産の蜜蝋を使おうと思ってます。
c0003620_05342064.jpg
 
 その他、キャンディやワイン等の試食、試飲もあり、スマッカ三昧。12月の中旬頃レイキャビクを訪れる方は、土日に思いがけず試食ツアーができるかも!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  


        
シガーロス『Heima』のロケ地探訪。一期一会のサマーツアー!
詳細は↓クリック
c0003620_05180618.jpg
 












アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2018-12-18 05:19 | Comments(0)
レイキャビクの街中に、クリスマスキャット登場(怖いよ〜〜)
 レイキャビクにクリスマス・キャットが登場。といっても全然可愛くない猫で、可愛くないどころか恐ろしい。
c0003620_09274662.jpg
 いい子(仕事の手伝いをするという意味)にしていないと、クリスマスに新しい衣服をもらえない悪い子(仕事をさぼった子)は食べてしまうという恐ろしい存在。もっとも、飼い主のグリーラという女性は夫を喰ったという話もあるので、飼い主に似たというだけのこと?
c0003620_09274601.jpg

 という訳で、人通りの多い交差点に650個の電球を使用したクリスマス・キャットが出現。なんでもレイキャビク市が特注したそうで、料金は毎年ン百万円かかるそう。それでも、観光客がここで写真を撮り、インスタだのあちこちに投稿してくれれば広告宣伝費としてはすぐにペイするのか、とか。
c0003620_09274695.jpg

 とにかく、可愛くもないけれど、話題にはなりそうな猫の電飾が出現したという話でした。 (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2018-12-11 07:28 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ヨハン・ヨハンソン『Last and first men』上映。ロンドンのバービカン・センター、レポート
 故ヨハン・ヨハンソンが音楽を担当した『Last and First Men 』を体験するため、2018年12月1日ロンドンはバービカン・センターまで出向いた。映画なのか何なのかよくわからなかったけれど、とにかくヨハンの音楽を聴くことで彼への追悼をしたく、個人的に思い入れを持って足を運んだ。

c0003620_08501512.jpg
 映画でも何でも、先入観なく体験した方が楽しめる場合も多いとはいえ、私は最初から予備知識を持っておくのも嫌いではない。なので事前に調べたけれど、これに関してはそれでもよくわからなかった。とりあえずハリウッド映画ではなさそうという程度は判明したけれど。

 音楽はロンドンシンフォニー・オーケストラで指揮はダニエル・ビャルンソン。ダニエルとヨハンがどれほど親しかったかは今度ダニエルに会った際にでも尋ねてみたいと思ってる。もちろん知り合いだったろうし、互いに尊敬しあっていた仲なのではと想像しながらダニエルの指揮する姿を見守った。

c0003620_08501594.jpg  さて映画と思いきや、実際はそうではなかった。あれはイメージ映像であり映画ではない。なので何度も同じ映像が出て来るし、ストーリー性も無い。あえて言うなら、『2001年宇宙の旅』のモノリス的な感じだろうか。視覚的なイメージが、シンボリックに現れる。そしてモノクロ。この物語(というのだろうか?)はSF小説『最後にして最初の人類』(オラフ・ステープルドン著)をベースにしているという。

 音楽と共に流れてくるのは、女優のティルダ・スゥイントンのナレーションによる『最後にして最初の人類』からの抜粋。私は小説の内容を知らなかったため、異様なディストピア感に戸惑い、驚き、そして否応なしに陰鬱で未来が見えない世界へと引き込まれていった。

 音楽は抑えに抑え、重苦しい。憂鬱な黒い曇り空がひたすら続くような、グレーの陰影しかない世界が延々と続く。鳥の声ともわからない、キーっと甲高い音が時々出てくるが、明るい兆しは見えない。むしろ女性による不協和音のコーラスが、不吉で不気味な予感を増長させた。

c0003620_08501546.jpg 『Last and first men』はインスタレーションという解釈が妥当ではないかと思う。当初は映画と音楽かと思っていたが、全く違う。映像と音楽のコラボレーションではあるが、既成概念にはない類のものだった。体験した直後に、素直に「素晴らしかった」と喜べるような派手さには欠けるが、その後、私の中でじわじわと何かがきている。数日経った今でも、その余韻は続いていて、いかにインパクトが地味に大きかったかを引き続き体験している状態だ。

 本当に不思議な感覚だった。ナレーションがディストピアの現実味・具体性を言葉でくっきりと提示し、そのトーンを増長するかのように音楽が不安感を扇ぐ。映像は耳から得られる情報(ナレーションと音響)の補助として、各人の想像を妨げない程度に、ごくミニマルに、シンボリックな造形を映し出す。

 その造形は旧ユーゴスラビア諸国に点在するスポメニックという巨大な像で、戦争記念碑ということだが、なんとも不思議な形状で、宇宙人が作って置いて行ったと言われても疑わないかもしれない。これに関しては、以下のような記事を見つけた。

 私はこのライブに参加する10日間ほど前、アイスランドのギャラリーでヨハンが音楽を担当した無声ドキュメンタリー映画『Miner's hymns』と、やはりヨハンが音楽をつけた無声フィルム『End of Summer』を見た。前者は記録無声映画に彼が音楽をつけたもので、音楽が当時の雰囲気や空気感を見事に伝えていた。映画よりも音楽の方がゴージャスすぎて、音楽を聴かせるための映画かと思ったほど。

 『End of Summer』はひたすらペンギンや自然を映していくだけなので、前者よりも更に音楽の素晴らしさが際立つ。通常、映像がある時はそれを引き立てるのが音楽なのだが、この二本は音楽が主役?と思うほどスコアが素晴らしく、音楽のクオリティに映像の単純さや荒さがミスマッチで、それが何とも心に残っている。

c0003620_08475042.jpg この3本を見て思ったのは、ヨハンは作曲家ではあるけれど、音楽インスタレーション・フィルム監督のような感覚だったのではないかということ。そのような存在を目ざしたかったのではと。調べてみれば、『Last and first men』も『End of summer』も、ヨハン自身が映像にも深く関わっているという。自ら撮影したものもあるという。

 で、本当のところは?と思い調べてみると、このような英語記事「Johann Johannsson moves from composing to directing」が出てきた。そしてこれに目を通した後、一連の体験に合点がいった。彼は心に残る映像にいかに音楽でストーリー性を持たせるか、音楽でどこまで物語を語れるかを実験し(End of summer)、次はナレーションで具体的な物語をセッティングした上で、映像と音楽でどこまでその雰囲気を深めるか(Last and first men)を実験していたのではと思えてきた。

 それから少し告白すれば、『First and last men』のナレーションは日本語で聞きたかった。私は英語は普通に理解できるけれど、SFは得意ではなく、「え?え?それってどういう意味??」という場面が多々あり、これが日本語であればもっとスンナリと言葉が頭と感情に直結したのにと自分の能力のなさを嘆いた。

 できればこれから小説を読み、その上で再度『Last and first men』を体験したい。なのでアイスランドでこれが上演されることを心から願っている。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



        


アイスランドから直送できる商品追加中!

c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2018-12-04 08:36 | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド在住になり、ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム