execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
愛知万博 ナショナル・デイ(アイスランドの日)
いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

今日からちょこちょこと、愛知万博のアイスランド・デイ周りをご紹介したいと思います。7月15日は愛知万博のアイスランド・デイで、エキスポドームにて午前11時からのナショナル・セレモニーを皮切りに、夕方までいろいろな催しがありました。

この日のためにアイスランド本国からは要人が次々と来日し、首相をはじめ、外務省関係者、文部科学省大臣他の文部科学省要人等、いろいろな人が一堂に集まっていました。で、なぜか私もVIP扱いの真ん中の席へ。この席の何がよかったかといえば、クッションのきいているイスなので座り心地がいい。セレモニーの進行のタイミングを見て、時々冷たいおしぼりが配られ、冷えた水も配られる等、かなり至れり尽くせりでした(当たり前?)。

c0003620_1913317.jpg


ナショナル・セレモニーは日本の吹奏楽団の演奏も加わり、かなりゴージャス。氷日関係者のお話の後は、50人の合唱団、シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテット、クリスチャーナやラッガも出てきて、各グループ一曲ずつ披露し、とても華やかで荘厳なセレモニーでした。この合唱団が特に素敵で、歌声の素晴らしさもさることながら、白地に爽やかなブルーの模様が入った衣装がすこぶるいい!後で間近に彼らを見ると、刺繍だと思われたあのブルーの模様は、白地のTシャツに判(?)を押したようなものでした(1枚欲しい!)

ひとつ不思議というか、あってしかるべきなのに無かったのは、アイスランド語のアナウンス。基本的にアナウンスは英語と日本語だけで、そこらへんがちょっと寂しかった。アイスランド語を理解する人数が少なすぎるので、実を取ったというところでしょうけれど・・・。

ナショナル・セレモニーの後は昼食の休憩があり、午後の部はシグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテット&クリスチャーナから始まりました。演奏はすこぶる評判がよく、特にクリスチャーナには、ご覧のようにステージ後にサインを求める長蛇の列。透明感あふれる彼女の歌声は午前中も際だち、午後の歌は午前中よりも迫力のある側面も見せていたので、お客様から特に気に入られたようです。このサイン攻め状態が20分くらいずーーっと続いて、次のパフォーマーの出演時間にまで食い込み始めたため、関係者が止めに入るという一幕も。
c0003620_19141089.jpg


どちらにしてもこの日は暑く、風もなく、演奏中のステージはひどく暑かったようで、「暑くて失神するかと思った」、「目に汗が入って辛かった」など、パフォーマーにとっては快適なステージとは言い難かったようですが、愛知万博に国を代表するミュージシャンとして出演できたことには、とても満足していました。
クリスチャーナのダウンロードや試聴はこちらでどうぞ。アルバムの販売はこちらで扱っています。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-22 19:15 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
VIPだけが手にするスペシャルな雑誌をプレゼント!
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

c0003620_11811100.jpg ICELANDiaからの特別プレゼントを現在Excite Womanに提供しています。アイスランド共和国が愛知万博を訪れるVIP用にお渡しする用に制作した『Icelandic Geographic』の特別編集版で、全100ページ、オールカラーで見ているだけでも素敵!知られざる神秘の国アイスランドのあれやこれやがいろいろと分かります。記事は日本語です。
 内容は、アイスランドの自然や政治、歴史のことから、もちろん音楽やアートのことも。村上春樹氏の原稿も特別掲載!かなりの読み応えで、内容の濃さが自慢です。
 
 今回ICELANDiaはアイスランド大使館との太いパイプを利用して、Exciteをご覧のみなさまにこの本を特別にご提供致します!ビョーク、カラシ、シガーロスの写真もありますよぉ!もちろん愛知万博に出演したシグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテットやクリスチャーナ、バングギャングのことも。

 応募方法等は以下からどうぞ。
http://happy.woman.excite.co.jp/prize/index.html

で、7月17日がアイスランド・ジャズ、東京公演最終です(詳しくは下のバナーをクリックしてください)。ぜひみなさんお見逃し無く!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
# by icelandia | 2005-07-17 11:09 | News | Comments(1)
7月17日東京公演最終:保証します!噂になる前にぜひぜひ
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。
 
 愛知万博ではサインを求める長蛇の列が出来、東京でもみなさん異口同音に「これほどとは思わなかった」という感想。本当に想像できませんよね。アイスランドのジャズ?って感じですよね。それは分かります。

c0003620_0352648.jpg

 
 しかし想像を遥かに超えて、よく知っているはずの私の期待までも超え、どこへ行っても拍手大喝采のアイスランド・ジャズ。シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテットは、クールっぽいサウンドなのに、とても暖かく包み込むような慈愛に満ちた音を持ち、どこまでも表情豊か。ブルージーなものから、ホットな乗りのものまで、テクニックもありフィーリングもあり、「こんなグループが埋もれていたなんて信じられない」という声しきり。無理もないです。だって、遠い島国のアイスランドなんですから。
 
 クリスチャーナも「アルバムよりも遥かにいい!」。そりゃそうです。レコーディング技術を駆使してどうの、というシンガーではなく、生で聴いてこそ彼女の神髄が分かります。清潔感のある澄んだ声で、オペラ仕込みなので声量はたっぷり。全くイヤミのない歌い方で、スキャットも抜群。スウィング抜群。ジャズ・ヴォーカルっていうのは、こうでなくちゃ!という権化です。当たり前でしょう。シンガーなんだから。聴いたら驚きます。ここまで歌えるシンガーは希有です。それで、何かと言えば、とにかくクリスチャーナの生の声はレコーディングの数倍素晴らしい。この透明感は実際に聴かないと分かりません。絶対、絶対です。
 
 7月16日スンガリー青山のライブを見て、あまりにも感激して、「明日も来ます!」という人まで出ました。シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテットとクリスチャーナの豪華な顔合わせは、まず今回が最初で最後です。17日(日)のライブが最後になります。ダマされたと思って(??)、ジャズのファンはぜひ足をお運びください。特に女性ヴォーカル・ファンは、見ないと後から後悔しますよ!!
 
 今回の来日を境に、噂になること必至です。「無名だったころの、初ライブ。実は私見てるんだよねぇ」という自慢話になります。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-17 00:38 | Jazz | Comments(0)
世界一ピュアな天然水!待ってましたぁ!!!
 いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います

今日は素晴らしいお知らせです。アイスランドの水が日本でも入手できるようになりました!世界一ピュアな天然水だと私は思います。すごくおいしいです!

 アイスランドの水は本当においしい!水道の蛇口でも天然水で、空港に着くやいなや私はトイレで水を飲みます。え?汚い?!ぜーんぜん。なんたって氷河の水混じりの天然水。そんじょそこらの水よりずーっときれいでおいしく美しい。そして、帰国時には、ペットボトルに空港の水道水を入れて持って帰ります。それだけ私はアイスランドの水の大ファンなんです。
 
 そんなおいしい水が当たり前のように使われているアイスランドでも、とびきりピュアでおいしいのがアイスランド・スプリングという水。言うまでもなく、マジに本当に、私、心から大好きです。
 
 それが日本で遂に正式発売となりました。これは私の念願であり快挙です!まずは、見ているだけで、爽やかな気分になるIceland Spring Waterのサイトをご紹介しましょう。

www.icelandspring.jp
 
  ね、ね、見てるだけでスッキリするでしょう。美しいし、画面からマイナスイオンでも出てるんじゃあるまいかと思うほど爽やか。

 ボトルに入っている水といえば、いろいろと有名なものがありますが、ヨーロッパからの水はミネラル(カルシウムとか)が多いため、個人的にはそれほど好きではないんです。それに、ミネラル水は、フィルターを通した水道水に、濃縮ミネラル(私はソルトレイクの濃縮ミネラルを使っています)を数滴入れれば済むし、その方がミネラルバランスもいいので、私はわざわざ買いません。買うなら絶対に軟水(ミネラル分の少ないもの)です。なにせ、料理とか、コーヒー、紅茶の味が断然違います。
 コーヒー、紅茶、中国茶が好きな方は、道具や茶葉や豆に凝る前に、水に凝ってこそ本筋でしょう。超軟水のIceland Springはその点、本当に最高です。そのまま飲んでもスッキリとした味わいだし、料理や飲料にはこれっきゃない!という決定版。
 
 アイスランドへ行くたびに楽しみなのは、美味しい空気と美味しい水。空気は運んで来られないけれど、水は運んでこられます。で、お水は重いので現在は通販だけなのだそうです。パッケージがお洒落で持ち歩いてもサマになりそうなので、早くコンビニ等で気軽に購入できるようになってほしいなぁ。
 ぜひみなさんも一度、このお水を試してくださいね。心も身体も、きっとアイスランドに飛んでスッキリさわやかになりますよ!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-11 23:11 | News | Comments(3)
かなり大物のバルディ君
いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います

 バングギャングのバルディは、20代後半の若者。音楽の専門教育をしっかり受けているので、交響楽団用のスコアまで書いてしまう才能の持ち主。それから、マニアというか何と言うか、映像分野での活躍も顕著で、アイスランドで友人と始めた夜のおふざけ番組がヒットしちゃったりした異才でもあります。
c0003620_15124118.jpg
 どこか心優しくて全然憎めないのですが、ちょーっと変わったところも持ち合わせていて、すごくストイックなんだか、何だかぁ・・・という感じで、時々理解に苦しむことがありますが、かわいげがあるというか、例えば、打ち合わせをして、それじゃと別れて、10分後に携帯が鳴るので出てみると、電話の主は先ほど別れたばかりのバルディで、何の用かと思うと、
 「さっきはお茶をごちそうになって有り難う。アリガトウって言うの忘れていてごめん」
 
 時々、大物よろしく「僕はそんなクールじゃないことはしない!」なーんて言うのに、コーヒー一杯の礼儀を欠いたことを謝罪してくるので、感心するというか、拍子抜けするというか。
 
 彼が最新アルバム『サムシング・ロング』でカバーした「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」はもちろんシュプリームスのカバーですが、ストレートなカバーではなく、ちょっとヒネリが効いていて、かなりの出来映え。まだまだエアプレイしているラジオ等は少ないかもしれませんが、一度聴けば絶対に耳に残るはず。ぜひバングギャングを応援してくださいね!(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-10 15:14 | Pops | Comments(9)
ケレン・アンとバングギャング:来日も!
いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

  さーて、ジャズ第一弾アルバムが無事全国発売になったことなので、次はポップス・リリースの第一弾です。実はバングギャングもICELANDiaのアーティストです。
  バングギャングの名前をどこかで聞いた覚えがあるという人は、もしやケレン・アンのファンでは?フランスで人気のウィスパー・ヴォイス、ケレン・アンは、日本でも高い評価があり、特に音楽ライターでマイブームになっている人が多いようです。
  バングギャングのリーダー、バルディ・ヨハンソンはケレン・アンのアルバムに参加したり、ケレンと共に「レイディ&バード」というアルバムを一枚作っています。
 
c0003620_15323057.jpg
  『サムシング・ロング/バングギャング』ISLP-1001
  バングギャングはバルディのプロジェクトで、特にフランスとイタリアで人気があり、この春にはイギリスでもリリースされました。 日本ではICELANDiaの独占契約で、 夏の終わりにリリースを予定しています。このアルバム、かなりスゴイんです。何がすごいかと言えば、音楽性が高いことは言うまでもなく、参加メンバーがかなりゴージャス。もちろん前述のケレン・アンもヴォーカルで参加。元シュガーキューブス(ビョークが在籍したバンド)のメンバーも入ってます。
 
  バングギャングの最新アルバム『サムシング・ロング』がもうすぐ日本でも発売されます。ぜひお聴きくださいね!送料無料でこちらから御購入いただけます。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-09 15:34 | Pops | Comments(4)
今が旬!アイスランド・ジャズ全国一斉発売!!
いつもICELANDiaブログをお読みいただき、有り難う御座います。

 苦節何年でしょうか・・・。始めは単なる仕事として受けたのに、なんだか思い入れが激しくなり、ひどく感情移入してしまい、見捨てられなくなって、とうとう自力で音源を集めて、ひとつのレーベルにまとめあげました。そして、やっと第一弾のアルバムが7月8日、全国一斉発売になりました!!
  
 c0003620_2184419.jpg
 『ヘディング・ホーム/シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテット』ISLJ-1001
  アイスランドのジャズ大学の学長であるシッギことシグルズールをリーダーに組まれたスーパーなカルテットで、ピアノは日本でも人気のメゾフォルテのエイソール・グンナルソン。ドラムスは北欧ジャズ界伝説のドラマー、ピエトゥル・オストルンド、それからベースは若きジャズメンのナンバーワンと言われるヴァルディマール・シグルヨンソン。
  業界内の評判はすこぶる良く、そのうちにいろいろなジャズ雑誌等に取り上げられると思います。北欧的な感覚を盛り込んだストレートなモダン・ジャズで、メロディラインがはっきりとしているため、親しみやすく、思わず口ずさみたくなる曲が多く、本来はポップス・ファンである私も、掛け値無しで魅了されています。アリヨス直販サイトからの御購入だと、ちょっぴりおマケ付き?!
  それで、この場を借りて訂正したいのですが、マヌケなことにチラシ関係にすべてタイトルを『カミング・ホーム』としてしまいました。まぁ意味は似たようなもんじゃん、なのですが、間違いは間違いで、お詫びして訂正致します。私の大ポカです。
 


 c0003620_2191772.jpg
  『クリスチャーナ・デビュー!/クリスチャーナ』ISLJ-1002
  クリスチャーナの歌声は本当に評判がよく、北欧の澄んだ空気を思わせるイヤミのない澄んだ歌声で、この声にずっと包まれていたーーい!という感覚になってきます。クリスチャーナの名前は、本当はクリスチャーナ・ステファンスドッティルですが、本人にも承諾を得てアーティスト名をクリスチャーナだけにしました。だって、ビョークだって、本当はビョーク・グズムンズドッティルでしょう。
  このアルバムに関しては、限定でオリジナル盤(本国でも絶盤)を通販のみで扱っています。日本でプレスした盤は、直販もしますし、お近くのレコード店経由で御購入いただくことも可能です。
 ダウンロードや試聴はこちらでどうぞ。
 
 ICELANDiaがお贈りする、アイスランド・ジャズの旬がやってきました!来週は来日での東京公演もあるので、ぜひご注目ください。今回限りの夢の共演です!詳しくは下のバナーをクリック。 (小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
# by icelandia | 2005-07-08 21:11 | Jazz | Comments(1)
ボス、空港で即席アコースティック・ライブ
いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

  いわば辺境の地であるアイスランドは、有名人の隠れた避暑地であり(クラプトンは毎年夏になると釣りにやってきます)、そういった有名人の訪氷は地元では割と知られた話です。
  先日もこんなことがありました。プライヴェート・ジェットで移動していたボスことブルース・スプリングスティーンは、給油のためにヨーロッパとアメリカ大陸の間にあるアイスランドに一時停泊。6月28日にベルリンでライブを行ったため、ベルリンからアメリカへ移動中だったそうです。
  気取らない性格のボスは、居合わせた空港関係者と気さくに言葉を交わし、
「何か聴かせてもらうことってできる?」(って言葉使いだったかは分かりませんが)と言われので、ギターを手に取り、なーんと6曲もアコースティックで披露。演奏曲目は、 「Dancing in the Dark」、 「Bobby Jean"」、「This Hard Land」、 「Working on the Highway」、「Does This Bus Stop at 82nd Street?"」、「I'm on Fire」。真夜中2時過ぎのことで、たまたま夜勤だった職員は大喜び!
 演奏後、ボスは「ところで、アイスランドの典型的な食べ物ってどんなの?」と職員に尋ねると、その答えは
 「黒い死とサメだよ」
 
c0003620_17302149.jpg ”黒い死”とは現地語でブレニヴィンで、英語に訳すとブラック・デスと言われるアルコール度の強い酒で、フリーザーに入れてキンキンに冷たくしていただくのが流儀です。それといっしょに食べるのが、海岸に埋めて腐らせたサメの肉。伝統食ではありますが、日本のクサヤよろしく、サメの肉は臭い(健康食品らしいのですが)。
 ボスがこのコンビネーションを食したかは分かりませんが、ブラック・デスとサメの腐った肉というところに、ロックンロールを感じたかもしれません。 (小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
# by icelandia | 2005-07-07 20:26 | News | Comments(0)
ICELAND STYLE発行!都内で怒濤の配布中
c0003620_18495796.jpg いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。

 着うた等の配信でお世話になっているコロムビア・ミュージックとアリヨス・エンタテイメント(=私)でアイスランドスタイル制作委員会を組み、この夏にむけてICELAND STYLEというフリーペーパーを発行しました!

 A4二つ折りサイズで、とてもきれいなフルカラーです。手にとって、サっとバッグ等に入れていただけるサイズにしたので、電車の中や、帰宅してからゆっくりとお読みいただければと思います。ながめるだけでも、ホッとやすらげる感じになっています。都内のファッションビル、カフェ、音楽ショップ等に配布されているはずです。かなり怒濤の配布中で、いろいろなところに行き渡っているはずです。私自身は、渋谷のタワーレコードの5階で見かけました!
 都内だけしか配っていませんが、どこでこのペーパーを見かけたかをコメントとして残してくださると、「そのフリーペーパー見てみたい!」という方の参考になるので、どうぞどこに置いてあったかを教えてくださいね!
 
 内容は、レイキャヴィーク市内のちょっとしたことや、アイスランドの雑貨小物の話、もちろん世界最大の露天風呂と言われるブルーラグーンについても。音楽についてのコーナーもあるので、北欧ファンのみなさん、ぜひお手にとって見てくださいね!
 
 都内以外の場所にお住まいのみなさんは・・・。私が主催するアイスランド音楽のショップでお買い物をされると、枚数がある限り同封します! (小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
# by icelandia | 2005-07-06 18:53 | アイスランドってどんな国? | Comments(3)
ライブエイドの裏話:'84年の思い出
 いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。
 
 音楽業界人生も長くなると、巡り巡ってくるものだというのは、今回ICELANDiaを設立してしみ〜じみと実感していることですが、そこにまたひとつ、別口の出来事が・・・。
 
 ナニ?ライブ・エイト???あの時はライブ・エイドだったじゃーん。
 あれは忘れもしない84年のこと(?)<--ハテナなんか付けるなら、忘れてる・・・。
 
 その前にもっとさかのぼりますが、私が生まれて初めてアーティストにインタビューしたのは他でもないボブ・ゲルドフで、1970年代後半のことでした。私はまだ高校生で、なのに音楽誌の読者欄に投稿したことがきっかけで、なぜかボブ・ゲルドフのインタビューを頼まれて、仙台まで行った覚えがあります。ブームタウン・ラッツの公演があり、ボブ氏はもちろんリーダー格。彼らの音楽やら何やらは実のところあまり記憶がなく、疲れ切ってタオルを羽織っていたボブだけが思い出されます。その時に彼が発していた「salon revolution」という言葉が印象的で、何についてそう語ったのかはやはり記憶にありませんが、salon revolutionとは机上の空論のことで、サロンで革命についてを語るという、そういうことです。
 その時は、ポーズでそんなことを言っているかと思ったら、Do They Know It's Christmasをまとめあげ、ライブ・エイドを組織して、本当にすごいことをやってくれました。レスペクトです。本当に。
 
 時間は少し経過して、大学を卒業して私がレコード会社に入社したその年、ライブ・エイドという名前のバンドで、「Do They Know it's Christmas」というシングルが出てきました。それが、後の「We are the World」につながっていく、音楽アーティストによる大規模チャリティの始まりでした。
 もちろん「Do They Know〜」のことは、音楽ファンであれば誰でも記憶している出来事だと思いますが、私の場合は、発売元のレコード会社の社員で、最初の最初に、急いで出した対訳は、確か私がやった覚えがあります。
 
 そして、シングルが大ヒットした後、今度はテレビ放送が決定しました。衛星を使った中継など、現在では当たり前ですが、80年代のあの頃としては、衛星の回線をずーーーっと一晩中確保するというのは、かなり至難の業だったことでしょう。そう、ロンドンで行われる大規模コンサートを日本ではオールナイトでフジテレビが放映しました。
 
 なにせ衛星をつないでの生放送で、事前にどのアーティストが何を歌うかなんて、まーーったく情報は入ってきません。たぶん、現場でも同じようなもので、当日か前日、バタバタと決めたのではないでしょうか。それでも、日本のテレビの場合は、少なくともアーティスト名と曲名くらいは字幕で出したい。そこで担ぎ出されたのが、各レコード会社の担当者。
 「徹夜だけど大丈夫?」なーんて言われながら、私は先輩にあたる社員と共にフジのスタジオで一夜を過ごしました。なぜ私が駆り出されたのか、理由はよく覚えていません。エルトン・ジョンが出演予定で、たぶん私がエルトンのファンで、ヒット曲やアルバム曲をかなり多く知っていたというのが理由だったのではと思います。一応その頃、エルトン担当みたいな感じでもあったし・・・。
  
 この番組を放映した局側は、本当になーんにも分かってなかったらしく、または直前にしか分からないらしく、レコード会社の社員は一カ所に集められ、ほとんどカンズメ状態。運良く(?)自社アーティストが早い時間に出演してしまえば、無罪放免で帰宅できた覚えがあります。
 
 次なる出演アーティストがエルトンだと分かると、私はサブ(副調整室)に呼ばれて、番組ディレクターか誰かの横の、レコード会社担当者御用達席(?)に座らされました。エルトン大先生が出てきて、うーむ何の曲かぁ、と息を殺して最初の音に耳を澄ませると・・・、エルトン・ファンであれば超簡単コースの「僕の瞳に小さな太陽」で、一件落着。たぶんこの邦題は、現在某大レコード会社の超重役のディレクター時代のものであり、私がエルトン担当だった頃は、この方の邦題の付け方を真似して、ちょーーっとお茶目なタイトルを付けました。ほとんど懺悔に近い告白ですが、「僕の彼女は冷蔵庫」とか、「エルトンのケンカ大作戦」という大オマヌケなタイトルを付けたのは私です。ファンのみなさま、失礼しました。
 
 それにしても「僕の瞳に小さな太陽」は名曲です。「風の中の火のように/Candle in the Wind」も大好きな曲でしたが(メガ・ヒットする20年以上前の話です)、「僕の瞳に小さな太陽」は格別で、「ユア・ソング」に並び、これほどスゴイ歌詞は見たことがない、というほどバーニー・トーピンの歌詞は優れています。
 話しは少し飛びますが、私は年間多い時で70-80枚のアルバムの対訳をこなしていました。なので、今までに訳したアルバムは500枚は下らないと思います。アルバム500枚で、各8-10曲程度入っていましたから、ざっと見積もっても4-5千曲は訳したことになります。それだけ訳すとどうなるか?個人的な趣味もありますが、やはり素晴らしい歌詞と、ごくフツーの歌詞の違いが見えてきます。
 それで、私が未だに一番スゴイ!と思う作詞家がバーニー・トーピンなのです。何たってピカ一でしょう。英語は結論が先に来るとはいえ、彼の歌詞は、読み進まないと結末が分からない。これが、本当にすごい!特にこの「僕の瞳に~」は、まず、「I can' t light」でしょう。で、歌もここで一呼吸するから、聴いている方は「え?何を照らせないの?」でしょう。次に、「no more of your」なので、「あなたの何かをこれ以上照らせないのね、それって何?」と思っていると、おもむろに「darkness」と来る。うっひゃ〜〜、どっひゃあ〜〜。それで、darknessって何よ?闇の部分?暗い影?秘密?そんな比喩がdarknessというひとつの言葉にたくさん詰まっていて、その上に、「light」と「darkness」という対比まできれいに揃っていて、またその次の詩には、「black and white」というのまで入っていて、もうただひれ伏すばかりです。
 バーニー・トーピンの歌詞にはこういうのがたくさんありますが、私は特にこの曲が好きだし、歌詞は練ったのか、単にこういう風に出てくるのかわからないけど、とにかく誰もこんな歌詞書かないよぉというほど特徴的な歌詞を書く人です。一種の職人芸ですね。そこにエルトン節と、あのメロディなので、バーニー/エルトンのコンビは、もっともっとレノン/マッカートニーのように語られるべきコンビかと思います。
 オマケで、その他に好きな作詞作曲家を言えば、ジミー・ウエッブでしょうかぁ。情景描写が繊細で好きです。私もご多分に漏れずAOR系大好きでした。今でも好きだけど。
 
  おっと、ライブ・エイドの話でした。失礼。ライブ8が開催されるという話を耳にして、そーいえば、そういう時代もあったっけと、思い出したのであります。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gifc0003620_20325550.jpg
 

 
# by icelandia | 2005-07-01 22:08 | Comments(1)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド在住になり、ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム