人気ブログランキング |
execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目

 (前の記事)2018年アイスランド・エアウエイブスの3日目は早い時間から業界向けのコンフェレンスをいくつか拝聴し、少しだけ若手のお披露目の場であるHitt Husidへ向かう。

 写真家のシバノ・ジョシアさんによれば、とてもファンキーで楽しかったのがKlakiだったとか。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09005278.jpg


 そして私は夕方からチョコレート工場で行われるJFDRのスペシャル・イベントへ。その模様はこちらの記事に書いた通り。

 この日の夜は教会で素敵なライブがいくつも繰り広げられた。前夜、劇場でライブを行ったBára Gísladóttir(バラ・ギスラドッティル)、デビュー前から目をつけたところたちどころにシンガー・ソングライターとして成長したAxel Flóvent(アクセル・フロヴェント)。そしてお馴染みのÁsgeir(アゥスゲイル)。教会という厳かな雰囲気の中、じっくりとそれぞれの演奏を聞かせてくれた。


Bára Gísladóttir

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09044187.jpg


Axel Flóvent

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09051608.jpg


 Ásgeir

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09020749.jpg


 そしててんこ盛りに楽しかったのが、突然アナウンスされたBostonでのBodyPaintのギグ。メンバーはフェロー出身組2名(SakarisとKiasmos/ Bloodgroupのヤヌス)、アメリカ人トムの3人組。ヤヌスが作るビートに乗って破茶滅茶に楽しく、暴れまくりポップしまくり放題。突然アナウンスされたこともあり、観客の数は多くないけれど、参加者全員が大ノリで、久々にアイスランド・エアウエイブスのローカルノリの醍醐味を味わうことができた。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09055770.jpg


 そして夜は続く。ノリノリのギグの後はチルを求めてさまよい、落ち着いたのがDJ系のHresso。こちらはBistro BoyことFrosti。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09062513.jpg

 これはMölle Labelを主催するFuturegrapherことArni。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_09065859.jpg

 私のアイスランド・エアウエイブスはどうしてもゆったりゆっくり系が多く、アンビエント寄りではあるけれど、ポップ、ロック、メタル、本来はなんでもござれの音楽フェスだ。(次に続く

(小倉悠加 / Yuka Ogura)

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介↓
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 3日目_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-10-27 09:03 | Trackback | Comments(0)
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目

前の記事)アイスランド・エアウエイブスの二日目。今年からオフ会場の数が激減して、いい意味ではゆったりと市内観光やら郊外観光ができるようになったと思う。裏を返せば、音楽をゴリゴリ、ガツガツとひたすら自分の中に突っ込んでいくことができない。

 そんな数少ないオフ会場での数少ないギグの一つが12 Tonarでのキャルタン・ホルムの演奏。いつ聴いてもかっこいいノイズと爆音ギター。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08531885.jpg

 そしてビールのバーでアウスゲイルが新曲を披露するという。そのストリーミング会場へ。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08535468.jpg

 この後はひたすら国立劇場に入り浸った。まずはBára Gísladóttir(バラ・ギスラドッティル)。期待の新進コンポーザーで、2019年の今年 Skúli Sverrisson(スクリ・スヴェリソン)と新譜を録音したという。そのスクリとの共演だった。地味な演奏ではあるけれど、奥深く、聞き応えのあるものだった。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08544156.jpg

 次にデンマークからのLisa Morgensternが続く。キーボードを何台も駆使しての演奏だった

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08560027.jpg

 次のHugar(フガル)はシガーロスのマネージメントが押してるグループで、日本でどうにかライブができないものか?と持ちかけられたことも。そんな裏を知っているせいもあり、シガーロスを狙った感がありすぎて、どうも私は納得できなかったし、前でピカピカ光る電飾が目に強すぎて痛かった方が印象深い(ゴメン)。


 超楽しみしてたHögni(ホグニさま)は期待以上で、ホグニといえば泣く子も黙る名ポップ・シンガー。きっと華麗に歌いまくるのかと思っていると、まずは舞台の横からのポエム・リーディングで始まり、舞台にいるストリングスを指揮、そして自分もピアノに座って演奏の大活躍。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08571901.jpg

 自ら作曲した組曲が終了すると一旦ステージをはける。それで終わりかと思ったら急にステージに飛び出してきて、茶目っ気たっぷりに「いつものように歌っていいよね?」と。そして彼お得意の弾き語りとなり、私のようなミーハーファンを大いに喜ばせてくれた。ありがとう、ホグニさま!

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08552994.jpg


 トリはÓlafur Arnalds(オーラヴル・アルナルズ)。仲間のストリングス隊を従えての心温まる、ビジュアルも音もどこまでもピュアで美しい演奏だった。アイスランドのアーティストというと、電子音の使い方がとても上手で、特にオッリの音はアンビエントなのに煌びやかな、華があり、私はとても好きだし、いつも彼の音響とコンセプトには関心する。今回のステージもピカイチによかった。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_08564306.jpg


 ほんと、満足な一日でした。(次に続く

(小倉悠加 / Yuka Ogura)

アイスランドの文化、食、自然を現地からご紹介↓
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 2日目_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-10-26 08:46 | Trackback | Comments(0)
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目

 アイスランド・エアウエイブス2018年のレポート。遅くなりすぎてどのタイミングで出すべきかわからず、2019年のフェスまであと2週間というところで出させてください。遅くなりました!

 

 フェス1日目の午前中は、私のツアー恒例の会場案内兼レイキャビク町歩き、そしてスペシャル・スタジオ・ツアー。その様子は以下の記事でレポートしています。


 

 アイスランド・エアウエイブスのライブはここからが本番。スペシャル・スタジオ・ツアーを終え、各自夕食を済ませてメイン会場へ・・・と思いきや、Groaのオフ会場演奏に間に合いそうなので、12Tonarへ。

 GRÓA(グロゥア)は現在もっとも注目されてる若いアーティストの1組。大勢のアーティストを抱えるPost-dreifing(ポスト・ドレイフィング)の中核メンバー。数年前にティーン・バンドとしてデビューし、Smekkleysaの新店舗オープン・イベントでは、ビョークのDJの後に生演奏を聞かせ、お姉様も踊りまくったという元気一杯のパンク・バンド。ポップでパンキッシュで弾けたノリが癖になる。オーディエンスの掴み方もとても上手。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目_c0003620_05072769.jpg


 いくつかあるメイン会場の中で、毎晩ひときわ盛り上がるのが港に面した美術館のHafnarfus。そこに登場したのはAuður(オイヅル)。ポップ・アイドルでもある若きシンガー・ソングライター。会場のオーディエンスの女性率がどうしても高くなる。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目_c0003620_05073250.jpg


 続くはラップの中でも人気が高く定評のあるÚlfur Úlfur (ウルヴル・ウルヴル)。パンチの効いたビートで観客を煽っていく。職人的なラップ・グループ。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目_c0003620_05082676.jpg


 そのノリに続くのは女性ラップ・グループの有機体、Reykjavíkurdætur(レイキャビクルダエトゥル)。正式には何名のグループなのか分からない。とにかく大量であり、次々と女性が入れ替わり立ち替わり何事かを主張する。

2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目_c0003620_05084607.jpg


 以下は私が撮影したもの。Special-Kはかわいいポップスで、バックにはソーレイが控えていた。見た目も音楽も可愛らしいけれど、実は前述のReykjavíkurdæturの創立メンバーであり、時間が許す限りライブも参加しているという。それにしてもあまりにも衣装が可愛かった。

 この後で私は念願だったGlerAkurも見てるけど、あまりにも暗くて写真が撮れず。ヒゲモジャの男性グループが、ひたすらギターを弾いて盛り上げるという、文字に起こすとどうしようもなくつまんなく響くかもしれないが、これがどっこい超玄人受け。見た目も音楽も暗めではあるけれど、音響も盛り上がりも尋常ではなく、私も最後はウォ〜と叫んでいた。(小倉悠加 / Yuka Ogura)




アイスランドの文化、食、自然をご紹介
2018アイスランド・エアウエイブスレポート 1日目_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-10-25 05:10 | Trackback | Comments(0)
ジョンの魂:イマジン・ピース・タワー点灯式 2019
 アイスランドの夏は気温ではなく日照がポイントとはいえ、今年の夏は長かった!二桁台の気温が10月まで続き、一体いつ冬が来るやら?去年が冷夏で二桁の気温が7月でもほとんどなかったので、「10月に入っても、まだ去年の7月よりも暖かいぞ!」という笑えない冗談を結構聞いたりして。
 
 そんな10月、例年の通りジョン・レノン・イマジン・ピース・タワーの点灯式に出向いてきました。夕焼けが綺麗な日でした。
ジョンの魂:イマジン・ピース・タワー点灯式 2019_c0003620_01471239.jpeg

 そして点灯されたピースタワー。Imagine peaceの日本語訳は「平和な世界を想像してごらん」
ジョンの魂:イマジン・ピース・タワー点灯式 2019_c0003620_01463284.jpeg

 点灯式の様子をもうすこし詳しくご紹介しています。音楽イベントの様子も。よろしければ以下の記事をどうぞ。(小倉悠加 / Yuka Ogura)




アイスランドの文化、食、自然をご紹介
ジョンの魂:イマジン・ピース・タワー点灯式 2019_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-10-15 01:48 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
2019年レイキャビクのレストラン事情(閉店リスト)
 レイキャビクにもそれなりに美味しいレストランはあるけれど、最近次々とレストランが倒れていった。評判がいいレストランも、ミシュランおすすめ店もあり、本当に残念だけど、仕方がない。グーグルやTrip Advisor等にまだ掲載されているため、間違って行かないように以下に記しておきます。
2019年レイキャビクのレストラン事情(閉店リスト)_c0003620_20014742.jpg
 写真は閉店直後のOsta budin

 残念ながら閉店になったレストラン

*Nostra:必ずミシュランおすすめに入るだろうと目をつけてたレストランで、実際におすすめ店になったものの、それまでの経営状態がよくなかったのか、無理をしすぎたのか、あっけなく閉店。(LaugavegurのBonusの上階にあった)

*Dill :アイスランド初のミシュラン星店になったが、ヘッド・シェフが引き抜かれていったせいもあったのか、私が去年食べた2018年の時点では、星落ちは見えていた。2019年に閉店。(IngolfstraetiでHvelfisgata近く)

*Sytir:Dillの姉妹店。流行っていたピザ屋を畳み、Dillの手軽ヴァージョンにしたかったようだった。開店早々に食べに行ったところ、メニューも出された品もあまり面白くなくて無理だと思っていたら、案の定、Dillと共に倒れていった。グルメ入門にはよかったのかもしれないが、レイキャビクの地元人にも観光客にも馴染みのないまま消えた。(IngolfstraetiとHvelfisgataの角)

*Osta budin:チーズを中心としたデリの店の半地下にこそっとランチ営業をし始めたところ、美味しい+手頃な価格で地元民の話題になり、数年前からはレストランが別店舗出店。観光客からも好評で、ここが閉鎖されたのは意外だった。(Skolavaldstigur沿いでKaffi Mokkaの前あたりにあった)

*Essentia:イタリアンだったそう。私は食指がそそられず体験せず仕舞いだった。Hvestisgataのギャラリー隣だった。

*Fish and Chips:私は揚げ物が苦手で別の場所でオープンした当初(10年以上前)しか行ったことがないので、食事の内容はわからないけれど、この夏に閉店。(Tryggvagata とGeirisgataの間にあった店舗)

*Skelfiskmarkaðurinn:アイスランドの綺麗な海で育った牡蠣を手頃な価格で提供する店として、鳴り物入りで登場。オーナーは既にFish Market とGrill Marketの二店舗で成功を納めている。結果は、ノロウゥイルス騒ぎを起こし、多分尻窄みになったのでは、と。2018年開店で、半年続いたか・・・(Laugavegur沿いの少し奥まったところにあった)

*Nonnabitti : これは痛い!27年間この場所で営業をしていたノンナビティ。アイスランド・エアウエイブスのメイン会場近くであったため、深夜この店のあったかなサブサンドに何度救われたことか。廉価でもあったので、ここは本当に響く。(Hafnarstræti沿い。例の宇宙一おいしいホットドック屋からも近かった)(小倉悠加 / Yuka Ogura)

アイスランドの文化、食、自然をご紹介
2019年レイキャビクのレストラン事情(閉店リスト)_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-09-20 20:00 | News | Trackback | Comments(0)
気軽なフードコートでちょっぴりレストラン気分のSkal!
 ズバリ、レイキャビクで食費を安くあげる方法は・・・ない!けれど、レイキャビクにしては割安感のある食べ方をすることは可能。今回はそんな店をご紹介しますね。

 場所はHlemmurのフードコート。レストラン名はSKÁL!
(スカゥル!=アイスランド語で乾杯!の意味)。今年からミシュランおすすめ店になったそう。開店当初から頭ひとつ出ていたイートインで、私も知り合いを何人連れていったか。理由は第一に美味しいことだけど、価格設定も悪くないし、なにせフードコートで気軽っしょ?!
気軽なフードコートでちょっぴりレストラン気分のSkal!_c0003620_01402065.jpeg

 気軽であるけれど、提供されるフードはレストラン・クオリティで、下手すると高級レストランっぽい顔をして営業しているところよりも、進歩的で美味しいものに出会える。

 とはいえ一品2千円以上でしょ?お腹一杯にならないじゃんという人は、ハンバーガー屋かピザ屋へどうぞ。私は幸か不幸か少食で痩せなので、量はいらないから、美味しいものが食べたい。それもどうせ外食するなら。

 その点Skalは前菜で1500isk前後が多く、メインでも2-3千isk代。本格的なレストランだと前菜もメインも5-6割増しの価格になるので、ここは本当にありがたい。量は少なめだけど、数品をシェアするとお得感満載。

 例えば9月上旬に行った際の彼と私のメニューがこれ。手前が自家製のフェンネルクラッカーとゴートチーズにフルーツソース(アップルだったか?)、甘酸っぱいソースとクセのあるチーズ、パリパリの香ばしいクラッカーで満足。

 コロッケは鱈で、見た目よりもしっかりボリュームがあったし、大好きなムール貝もメニューにあったので飛びついた。ムール貝はサワードーのブレッド付き。
気軽なフードコートでちょっぴりレストラン気分のSkal!_c0003620_01410962.jpg

 2人でこの3品を頼んでちょうどお腹が満たされた感じ。家に帰りナッツでもツマミならがビールをその後に飲んでもいい感じで。料理のお勘定はこれで5千iks以下!(私の記憶に間違いがなければ4700idk程度)。飲み物は無料の水(アイスランドの水道水は美味しいのでご安心を)。

 高級レストランに行かずしてレストラン・クオリティの品が3品シェアして、一人2500iskならもう絶対にお得!ちなみにフードコートの同じ島のKrostも悪くない。Hlemmurのフードコートの二大柱みたいな存在。ただ、私はちょこちょこ小さめの分量で品数が取れるSkal!の方がKrostよりも好き。
 
SKÁL!
(小倉悠加 / Yuka Ogura)



アイスランドの文化、食、自然をご紹介↓
気軽なフードコートでちょっぴりレストラン気分のSkal!_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-09-10 01:36 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
やっと!!
長い間お待たせしました!雑多な理由からやっと新しいMacで仕事ができるようになりました!今からガンガン更新しようと思いますが、二ヶ月ほど更新できずにいたので、過去にその記事を入れることもあります。どちらにしてもぜひお楽しみに!!

追記:あまりにも長い間更新できなかったため、6月末に日付を遡り更新したのでご了承ください。

# by ICELANDia | 2019-08-30 16:41 | News | Trackback | Comments(0)
愛機MacBookPro入院中・・・
長い間ブログを更新できず失礼しています。7月のいい時期にHeiða ツアーを催行し、景色にも食べ物にも恵まれました。ほんと、夏のツアーを作ってよかったと自分でも感動。

そして帰宅すると愛機のMacBook Proが動かない。同じことは4月末に北米から帰った時にも起こったものの、Mac歴25年の私はどうにか切り抜けましたが、どうやら今回はハード的なことらしく、現在アップルストアに入院中。携帯端末でブログを更新したことがなく、それ以前に仕事もたまっていて四苦八苦中です。Mac入院かれこれ10日なります・・・

というどうしようもない理由に付き合っていただき恐縮ですが、Twitterはなんとかこうしんしているので、よろしければぜひフォローしてくださいね。@yukaOguraです。インスタは何かあればストーリーで出しています。`Icelandia_yukaです。

Macは新しく買い直したいものの、アイスランドでは日本語のキーボード入手が難しいため(ほぼ無理)、次回帰国か、よく知る誰かがくるときに持ってきてもらうとかしか手段がなく、とりあえずは退院待ちです。

でもこの機会を利用して、携帯たんまつからの更新を試みようと、今日、こうしてかくことにしました。全治回復は電池が古いので無理だとしても、とりあえず立ち上がり、データを移行し、少しの間仕事ができるようになりたい・・・。

# by ICELANDia | 2019-07-26 04:19 | Trackback | Comments(0)
アイスランドにデヴィッド・ボウイの壁登場
 アイスランドにデヴィッド・ボウイの壁があるのをご存知だろうか。Arkranes(アクラネス)という街で、レイキャヴィクからは車で1時間半ほどの場所だ。
アイスランドにデヴィッド・ボウイの壁登場_c0003620_02475923.jpeg
 この街に住むアーティストのBjörn Lúðvíksson氏はボウイの大ファンで、2016年に彼が亡くなり、街の灯台の石にボウイの絵を描いて追悼していたが、それが高じて街の建物の壁に描くことにしたそうだ。
 
 ここは現在世界中のデヴィッド・ボウイ・ファンの間で密かなブームとなりつつあり、レンタカーを使いわざわざ訪れては涙するファンの姿がしばし見られるという。詳しい場所等はこちら。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

アイスランドにデヴィッド・ボウイの壁登場_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-07-16 02:46 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
レイキャビク市民御用達、エイシャ山のハイキング
 アイスランド人はハイキングが大好きだ。お散歩ではなく、ほぼ山登り。2019年5月末の週末、天気がいいのでいてもたってもいられず、近隣にハイキングへ出かけた。  日本人には理解し難いかもしれないが、天気がいい日は外に出ないとソンした気分になるのがアイスランド人。まして去年の夏は散々で、5-6月のレイキャビクで雨が一瞬でも降らなかった日が1日だったか3日だったか。とにかく酷い冷夏で、その記憶が新しいため、何としてでも晴天の日を楽しまなければならぬという使命感がひしひしと沸いてくる。

 そしてのっぴきならない理由から自家用車が使えない我々は、公共バスで行けて自然が楽しめる場所ということで、エイシャ山のハイキングを選んだ。エイシャはレイキャヴィクからもよく見える山で、標高914メートル。そこは駐車場もカフェもあり、レイキャビク市内から20分程度の距離なので、週末気軽に家族連れで訪れることができる。
レイキャビク市民御用達、エイシャ山のハイキング_c0003620_02371247.jpg

 ハイキングコースもとても分かりやすく、目的地別に数ルートある中、「石」まではゆるいコースと時短コースがあり、ゆるゆる登るのは時間がかかるので、我々は時短コースへ。ハイキングのペースがあまり分からないので、結構私は休息多めで登っていった。
レイキャビク市民御用達、エイシャ山のハイキング_c0003620_02383021.jpg

 そしてこれが「石」からの眺め。上半身をあらわにした、ムキムキの若者が意気揚々としてた。実は横に可愛らしい金髪の女性が数人いて、楽しそうに話してたのも印象的。
レイキャビク市民御用達、エイシャ山のハイキング_c0003620_02402833.jpg
 
 石までと思っていた私は、結局頂上へ。そんな話はこちらの記事でどうぞ。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

バナーをクリック↓
レイキャビク市民御用達、エイシャ山のハイキング_c0003620_06410063.jpg

# by ICELANDia | 2019-07-11 02:43 | 現地滞在レポート | Trackback | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
ツイッターやインスタでアイスランドの日常もご覧いただけます。Twitter Instagram
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
丁寧にお返事ありがとうご..
by Ikue Ikeda at 12:06
> Ikue Ikeda..
by ICELANDia at 01:51
はじめまして、池田です。..
by Ikue Ikeda at 21:50
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム