execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス2017: Gyda, JFDR, Sigrun, Hogni, Hildur, Halldor 見まくったぞ!
 (前回はこちら)2017年もアイスランド・エアウエイブスが華やかに開催され、アっという間に終わっていきました。今年で15回目のアイスランド・エアウエイブス。10年ぶりに独自ツアーをやらなかった年となり、完全にわがままマイペースで過ごした私。
 前年まで会場がハルパに集中し過ぎたこともあり、今年はバック・トゥ・ベーシックというか、ハルパが殆ど使われていなかった6-7年前頃に戻った感じです。で、どうだったの?と問われれば、ローカル感が戻った今年はすごくよかった。アイスランド・エアウエイブスだからこそ面白いことを、いつもとは違ったことをしようというミュージシャンの意気込みが手に取るように伝わってきて、やっぱり会場は小さい方が断然いいと再認識。
 
 そうそう、今年は写真家のシバノ・ジョシアさんがいらっしゃらなかった関係で、レポートの写真はすべて私のiPad miniで撮影したものになります。一応現地の人に写真を頼みましたが、それはいつになることやら。アイスランド・エアウエイブス写真展をブログ上でする予定ですが、写真のクオリティも定かではないので、期待しない程度に待っていたていただければです(うー、冷や汗)

 さて、第一日目はゆったりと構えて見てまわろうと思ったのに、案外欲張ってしまい、かなり欲張ってます。で、結果から先に言えば、この日が一番充実していた感じでした。今年の若手はヒップホップやラップが多く、正直あまり言葉がわからない私には、その系統のアーティストをじっくり見たいとはあまり思えなく(ものすごくサウンドが凝っていれば別ですが)、そういったアーティストを差し引いて見ればいいので、意外にも(?)見やすかった。

 ということで家を出た晩秋の一日。日が高く昇らないので、午後3時頃で最高に太陽が高くてもこんなに影が長く映ります。
c0003620_06385600.jpg

 無関係だけど、ネコと戯れたのもいい思い出なので(笑)。
c0003620_06385666.jpg

 今年の最初はCeasetone。本来はバックバンドがつくけれど、それは本会場でのことで、オフ会場のPetersen Suite. ギター1本でのパフォーマンスは思いがけずパワフルなのにメランコリック。高音域のきれいな男性ヴォーカルはどのような演奏も似合って得だなぁ、と。以前ハルパの本会場で見て気に入ったグループなので(音響系!)本当は見に行きたいけど、今夜そこまで到達できるだろうか・・・。
c0003620_06385624.jpg
 街中はあちこちにオフ会場予定が貼り出されて、とても賑やか。うーん、アイスランド・エアウエイブス、好きだ!(笑)
c0003620_06385631.jpg

 次に到着したのがバー・アナナス。アナナスとはパイナップルの意味なので、グラフィックに納得。
c0003620_06385749.jpg

 そこで見たのが今年のバンドコンテストで注目されたGroaという女子パンク・バンド。少しゆるゆるな感じがいい雰囲気を出していて魅力。タイトになってしまうよりも、このゆるい感じがすごくいいんだよなぁ。
c0003620_06385729.jpg

 一旦家に戻って軽く夕食。その後に向かったのが市庁舎で、今年初めて音楽関係者向けのパーティが行われました。どうやら観光キャンペーンも兼ねてたようでしたが。軽いおつまみとワインはあったので、少しだけつまんで雰囲気だけ楽しみ音楽会場へ。
c0003620_06385701.jpg

 向かったのはLoft Hostelのギーザ・バルティスドッティル。って誰だ?と思わないでくださいね。ムームのヴォーカルの双子の片割れのギーザです。彼女はパーカッションとかなり実験的で前衛的な音を作りだしていて、興味深かった。
c0003620_06385892.jpg

 そして続いたのがJFDR。秋にソロとして初来日したこともあり、記憶に新しい音楽ファンも多いのでは?まずはパスカル・ピノンの一員として来日し、その後はSamarisのヴォーカルとして注目され、近年ではGanglyなどのプロジェクトもこなして大忙し。
 この写真はSamaris仲間でありSlugzとしてもアイスランド・エアウエイブスに出演しているアウスロイグ。ノイズ担当としてJRDRのプロジェクトを手伝ってました。
c0003620_06385805.jpg

 セッティング中の風景をもう一枚。こちらはJFDR自身。
c0003620_06385844.jpg

 双子の姉妹であるアススヒルヅゥルがパスカルではあまりやらなくなったため、JFDRのソロに転向したとか。彼女は七変化で、Loftではアメリカからのヴォーカリストも迎えて、ハーモニー重視のセット。私はミニマルなセットの方が好きだけど、JFDRの歌声は相変わらず感動もの。本当に魅力的なアーティストです。
c0003620_06421222.jpg

 メイン会場でも特に人気が高いGamla Bioを見に行くと、ベテラン・ミュージシャン3名が組んだスーパーバンドTuskが演奏中。モダン・ジャズ・トリオで、特に誰がスターだということもなく(日本人から見ると北欧=ピアノ・トリオというイメージがあるかもですが)、かなり公平にソロを取り合っていて、それが全部すんごく聞きものになってるというグループでした。アイスランド人には知られた名手3名だそう。
c0003620_06421209.jpg

 いや、わかってるんですけどね、ただただ、とっても可愛く明るくパンクしてるって。それ以上でもそれ以下でもないんですけどね。わかってますよ、分かってる。でもでも、どーしても見ないといられないステイヌンのSkelkur í Bringu。DJ Flugvel og geimskipとしても活躍する彼女のパンクバンド。いえ、みんなのパンクバンドなのかもだけど、目立つのは彼女のみ(笑)。ひたすらかわいいパンク!
c0003620_06421217.jpg

 この写真、超有名な音楽紙やサイトがこぞって挙げてましたっけ。私、一番前に陣取ってたからすごくいいアングルで撮れた(笑)。場所はハードロック・カフェ。
c0003620_06421382.jpg

 そして移動途中の会場だからと覗いたHressoでやっていたのがアメリカのラッパー、Fever Dream。チラ見で終わり。
c0003620_06421305.jpg

 次に楽しみにしていたのがHurraで演奏したSigrun。シガーロスやビョークともコラボをしたということで名前が知られてきてますね。実際、音はすごくビョークっぽい。どこか民謡っぽくもある。リズム強調の曲、ハーモニー重視の曲、ノイズの嵐の曲、それぞれ特徴があって飽きさせなかった。去年もSigrunを見た覚えがあり、今年の方がよかった、好きだった。
c0003620_06421366.jpg

 次にイズノへ移動し、まずは久々にディーサを見る。デビューからもう10年くらい経つだろうか。当初は結構アーティスティックな実験もやっていて、一時期はSong for Wendyというプロジェクトも組んでいたけれど、現在ではほぼヴォーカリスト1本。そうはいっても単なるポップじゃつまらないというのを知っている人でもあるので、アイスランド・エアウエイブスらしく少し凝った感じの美しいバック演奏で、満足度が高いパフォーマンスでした。
c0003620_06421354.jpg

 またHurraに戻って見たのがHallador Eldjan。去年はお父さんのポエトリー・リーディングに音楽をつけるというプロジェクトで見たハラドール。今年はロボット楽器演奏をメイン(?)にしたセッティングで、リズム中心。どことなくユーモラスで、ロボット演奏はごく単純なものではあるけれど、なぜか憎めなくて、かなり楽しかった。
c0003620_06421387.jpg

 そして向かったGamla bio。Rokkurroで活躍していたヴォーカリストのヒルドゥルがソロになり、Hildurとして大活躍中。大会場一杯の観客を大いに楽しませていました。彼女の歌声に沸く観客を見ながら、そういえば彼女には日本留学中にLiliy & the Foxという名前でごく小さな会場でライブをやってもらったんだよなぁなど思い出し、老人よろしく感慨深く彼女の人気を見守った次第です。
c0003620_06421421.jpg

 次の登場したのがホグニ様。ホグニを様付けするようになってン年。私の念願叶い、やっと今年、Erased Tapesからアルバムをリリース。元GusGusのプレジデント・ボンゴがプロデュース。プレジデント・ボンゴといえば数年前、Serengettiというプロジェクト名で演奏した時、あの年の私の最高ライブに君臨した人です。この組み合わせ、悪いはずがないっしょ!
 私にとってのホグニの最高のライブはピアノの弾き語りであり、ヒャルタリンのヴォーカリストとしてであったりしたけれど、今回のこのパフォーマンスもピカ一でした。アルバムのリリース・ライブとアイスランド・エアウエイブスが重なり、このメンツ、この曲での初ライブで緊張感がピリピリと伝わってくる。声の調子もいいし、プレジデント・ボンゴの音作りは本当にお洒落。悪いハズがない訳です。頭から尻尾までじっくり、たっぷり、彼のヴォーカルに浸りました。ただ、浸りすぎて写真のいいのがない(笑)。
c0003620_06390580.jpg

 家を出たのが15時過ぎていたにも関わらず、結局10組み以上かなりしっかり見られた初日のアイスランド・エアウエイブス。ゆったり回った割には数をこなしもしたし、Gamla Bioでは座っていたので、体力的にも楽でした。さて、明日は何を見ようかな(次回に続く)。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 







『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-11-05 06:37 | 現地滞在レポート | Comments(0)
アイスランド・エアウエイブス2017前夜: Soleyを囲む食事会とKiasmos

 さて、今年もアイスランド・エアウエイブスが華やかに行われました。今年は独自ツアーをしなかったとはいえ、日本から知り合いが実はすごーく沢山いらっしゃり(10名以上って絶対に大勢ですよね!)新婚さんが3組も!うっひゃぁ〜でした。私のツアーで来たかったとおっしゃる方にもお会いして、ツアーを行わなかったことを少し後悔。
 
 独自ツアーでは、通常では訪れることが困難な音楽関係の場所や、食事会などでアーティストと直接知り合ってもらうなど、現地ならではの体験を盛り込んでいるのと、同時に、仲間がいることでの心強さや、情報交換等の便利さも出てきて、結果的に一人で行くよりもグンと充実感が高まるからです。

 で、今年はツアーはやらないとはいえ、みなさんともお会いしたくて企画した食事会。テーブルの関係で8名以上にはできなかったこともあり(それでも無理を言って9名入れましたが)、リハーサル等で忙しい合間を縫い、ソーレイ Soley (12月に来日!)を囲んでの食事会をしました。
c0003620_07115835.jpg

 食事会をアイスランドでやると、量がドーンと出てくることが多いため、今回はアイスランドのおいしいものをちょこちょこ食べられるようにして開催。ロケーションもよく、ベジタリアン用も用意してくれる高級レストランを選択。確か前菜4品とメインが魚と肉の両方で2品、そこにデザートが付いて結構な量でした。いやぁ、おいしかったしお腹も満足。
c0003620_07120266.jpg
 集合写真は暗くてあまりよく見えないし、ご参加者にオッケーを取っていなかったので、お見せできないのが残念。なかなか和気あいあいとしたいい雰囲気で、ソーレイはとっても気さくだし、これから日本へ行くところだし、みなさんのいい思い出になったようでよかった。
c0003620_07115001.jpg

 私はその後、KEXへ出向いて、KEXPが前夜祭としてストリーミングしたKiamosのライブへ!
c0003620_06563344.jpg

 出入り口まで人が溢れていたのを無理矢理入り混み、壁のところにあった椅子の上に陣取ったので、見晴らしが良かった。Kiasmosの音、私大好きなんですよねぇ、何度聞いてもいい。オーラヴル・アルナルズが作る繊細な音と、ヤヌスが織り出すダイナミックなリズムで、何とも言えないバランス感。30分間集中してじっくり楽しみました。結構踊った(笑)。

 前夜としてはなかなかいい感じ。その後もまだ何か続けて見られた気配だけど、翌日からが大変になるので、セーヴしてシンデレラタイム。街にはアイスランド・エアウエイブスが始まるよ〜というワクワク感が漂ってました(次回に続く)。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 






『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-11-03 07:11 | 現地滞在レポート | Comments(0)
絶景ヴァーチャル体験し放題!高画質の写真でアイスランドをたっぷり360度!
 それにしても最近の空撮というか、ドローン撮影のおかげで凄い風景を気軽に見られるようになったものです。アイスランドは絶景の宝庫。でもメディアに取りあげられたり、一般に写真で見られる場所は結構限られています。
 なのにこのサイトは既に150箇所の360度パノラマ写真をあげ、これからも週に1枚ずつ写真を掲載していくそうです。約1万6千ピクセルの写真なので、ズームインもスムーズで、結構詳細に見えてびっくり。
 なかなか訪れることができないアイスランド。こうして手軽に、地球の絶景を楽しめるとは、凄い時代になったものです!

ICELAND 360° VR
https://www.iceland360vr.com/ 

c0003620_21073301.jpg
 

ICELANDiaは2004年からアイスランドのブログを書いています。2017年5月末から拠点をアイスランドに移していますが、以前は観光客目線で書いていましたので、アイスランドのことをもっと知りたい方は以前のブログをじっくり遡ってみてくださいね。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  

Twitter (@YukaOgura)
Instagram (@Icelandia_Yuka)





         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-10-31 21:10 | News | Comments(0)
荒涼としたアイスランドの風景画音響 Mikael Lindの新譜『Sound that Escaped』
 最近なかなか私好みの、アイスランド音楽の新譜がなくて、さぁ〜てどうしたものかと思っていましたが、Mikael Lindが出してくれました。新譜『Sound that Escaped』は現在のところオンラインでの販売に限られていますが、評判がよければCDや12インチも考えたいとのことなので、ぜひ応援してください!

Mikael Llind 『 Sound that Escaped』
https://mikaellind.bandcamp.com/

 前回のアルバムでは「ひとりシガーロス」と描写され、ずいぶんとシガーロスや音響系が好きなファンにアピールしたようですし、私もそういう音作りにノックアウトされたくちでした。今回のアルバムも、音作りそのものには関わっていないとはいえ、友人であるアレックス・ソマーズ(ヨンシー&アレックス)やポール・エヴァンス(元ベッドルーム・コミュニティ・スタジオ・マネージャー)との交流の中で産まれてきたものも少なくないようです。
c0003620_08101955.jpg
 今回のアルバムは、今までのアルバムの延長上であり、ドーンと薄暗く荒涼とした風景を思わせる音作りもあれば、氷河や水滴を思わせるキラキラ感もあり、大好きなアイスランド感に満ちています。実際のレイキャヴィクはヒップホップやらラップが人気炸裂中で、なかなかこの手の音を見つけるのが難しくなってきているのですが(もしかして、私のこの感覚はもう古いのか?)、やっぱりしみじみして大好きだし、真に心に染みるのだから仕方がない。流行に流されることなく、心に響いてくる音楽です。

 満員電車に揺られながらも、この音さえあれば心の中だけでもゆったり、ゆっくり過ごせるのではとさえ思う説得力も。うーん、こういう音作り大好きだぁ!!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 







『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-10-24 08:13 | News | Comments(0)
『世界一難しいカラオケ』でアイスランド語を覚えよう!
 宣伝上手のアイスランド観光局がまたもややってくれました。宣伝費はビデオ制作費だけで、内容が楽しければ、面白ければ、自然にみんながクチコミをしてくれるという手法。アイスランド人は本当に宣伝上手。誰がブレーンなんだろう。

 英語がわかる人は、これでアイスランド語と英語の違いがわかり、意味も何となくわかっていいけれど、英語がイマイチの日本人だと、英語とアイスランド語の両方を覚えなくちゃで大変ですよね。

 どちらにしても結構楽しめるビデオなので、『世界一難しいカラオケ』でアイスランド語をマスターしてくださいね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-10-21 01:16 | News | Comments(0)
アイスランドは秋分が終わると本格的にオーロラの季節!
 アイスランドはオーロラの季節。真冬の超寒い季節よりも、秋分や春分の日前後が一番見られる確率が高いそうで、それを証明するかのように、10月初旬とも言える今週はレイキャヴィク市内でも3度ほど、非常に分かりやすいオーロラが見えていました。
 
 有り難いことに私のアパートには見晴らしのいいバルコニーがあるので、かなり楽しむことができましたので少しお裾分けです。デジカメの使い方がよくわからないので、美しさが伝わらないのがもどかしいのですが、雰囲気だけでもどうぞ。

 これがちょうど私のアパートの屋根のところでウネウネしているオーロラ。
c0003620_00053618.jpg
 
これはバルコニーからハトグリムス教会を見た写真。ほんのうっすらと、ジョン・レノンのピースタワー(光の塔)も見えています。
c0003620_00053672.jpeg

 これは郊外に出た時、レイキャヴィク市内のはしっこで見たオーロラ。この日は郊外はオーロラ三昧でした。
c0003620_00053711.jpg


 レイキャヴィク市内からも手軽にオーロラは見る事ができます。もちろん天候や条件が整えばのこととはいえ、今週は3度も見る事ができたので、この時期オーロラを狙ってきても悪くないかもしれません。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 







『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-10-16 00:10 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ICELANDiaTVで話題のアイスランド食品『スキール』を試食レポート!
 ICELANDiaTVの最新ができあがりました。今回は話題のアイスランド食品『スキール(Skyr)』の試食!国民食とまで言われるほど有名なこのチーズは、フルーツ味もたくさんあり、ヨーグルトと間違われることが多いのですが、低脂肪のチーズです。

 試食品をご提供いただいたのは、最近パッケージを変更し、名称もアイスランドらしくした『Ísey(イーセイ)』ブランド。Is(イース)とはアイスランドのことであり、氷の意味でもあります。ey(エイ)は島なので、平たくはアイスランドと書かずにアイスランドと言ってるようなものーーみたいな感じがしています。うー、アイスランド語お勉強しないとぉ

Isey Skyr
http://www.iseyskyr.com/

そして私の試食っぷりが見られるYoutubeが以下です。



 スキールはいろいろな会社が作っていて、中には個人経営の牧場でのオーガニック・スキールなどもあり、アイスランドにいるといろいろと食べられて楽しい食品です。低カロリー、低脂肪で高たんぱく。アイスランドにいらしたら、ぜひご賞味くださいね!

(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-10-09 04:50 | 現地滞在レポート | Comments(0)
虹の街レイキャヴィク。秋はダブル・レインボーの季節
 アイスランドではよく虹を見ます。レイキャヴィク市内でも同じで、特に雨の日が増え、日照もしっかりとあるこの時期は見える確率が高くなります。

 例えばこれは今週火曜日の虹。くっきりきれいに二重になってるのがわかると思います。ダブル・レインボー。私がアイスランド音楽コンピレーションのタイトルにした理由もこれでよく見えますよね。
c0003620_05180339.jpg

 外に出た方がきれいな写真が撮れるかと思ったけれど、こんな感じ。
c0003620_05252602.jpg
 
 そしてこちらはその二日後だったか三日後。またまた雨に続いて晴れ間が出てきて虹が見えました。その時の写真がこれ。北側の部屋の窓越し。
c0003620_05175392.jpg

 南側のバルコニーに出てみると、かすかにハトグリムス教会寄りのところにもう片側の虹が!
 まん丸く見えないのが辛いところですが、両端が見えたということでいいとしましょう。
c0003620_05255210.jpg

 その後にまたまた雨が降り(レイキャヴィクの天気が変わりやすいのは有名かと・・・)、晴れ間に続いて虹が!一日に二度も見るとはラッキー♬
 こっち側の虹は薄いけど
c0003620_05260635.jpg

 ハトグリムス教会寄りにはくっきり。
c0003620_05262340.jpg

 そしてこの虹はかなり長時間出ていたようで、バルコニーに出る度に虹の位置が移動してる。ということは、太陽が移動してるからなのでしょう。へ〜〜虹が移動するって知らなかった。
c0003620_05263953.jpg

c0003620_05263943.jpg


 脳内お花畑という表現がありますが、私の脳内はなんだか虹だらけ。勝手にいい意味に解釈しています。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-09-25 05:27 | Comments(0)
短い秋を楽しむレイキャヴィク
 9月も20日の声が迫り、アイスランドで初めて紅葉を見ています。なぜって、20回以上アイスランドに来ているのに、9月この時期に滞在するのは思い返せばこれが初めて。アイスランドの秋は短いし唐突にくることを実感。
 街中を歩くと、今はこんな紅葉を見ることができます。
c0003620_03022712.jpg


c0003620_03022757.jpg

 数ヶ月前からアイスランドに拠点を移しています。その関係もあり、今年は落ち着かないこともあり、アイスランド・エアウエイブスのツアーはお休みさせてもらいました。楽しみにしていたみなさん、ごめんなさい。アイスランド・エアウエイブスでは10年以上ツアーを続けたし、他のメディアでも取りあげられるようになり、もしかしたら別の季節での、音楽や文化関係のツアーも作りたいとずっと思ってきたので、もしかしたら来年はそちらの方にも力を入れるかも。
c0003620_03022730.jpg

 どちらにしても、今まで以上に日本とアイスランドの風通しをよくしたいあぁと思っています。ICELANDiaショップでは、年末年始にかけて商品を日本に送り込む予定です。どうぞお楽しみに!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-09-20 03:03 | 今日のショット | Comments(0)
ICELANDIaTV「ブレイジホルト・フェス」ソーレイ、オルロフ、Ruglの3組をフィーチュア
 ICELANDiaTV第4弾も音楽満載です!

 ブレイジホルト・アート・フェスティバルで私が楽しんだ音楽をお届けしています。内容はプールサイドでのRuglの演奏、アート・アトリエでのオルロフ・アルナルズ、スクリ・スヴェリルソンの名コンビによる歌と演奏、そして年末にもしかしたら日本のライブが実現するかもというソーレイ。それぞれに個性的で素敵な演奏でした。

 レイキャヴィクの校外のゆったりした雰囲気、アーティスティックな環境、アイスランド人はどのようにアートを日常的に楽しんでいるのか、ローカル感たっぷりなのに、音楽のクオリティはものすごくインターナショナルで、私が見たのはごく一部でしたが、かなり驚いたフェスでした。 

 私のおしゃべりは飛ばして、音楽だけでもぜひお楽しみください。Ruglは4:38から、オルロフとスクリは8:51、ソーレイは16:08からです。それでも、最後はずっと見ていると他の動画も出て来るの楽しいかと思います。
 ぜひチャンネル登録してくださいね。近々、アイスランドの食事事情などもお届けする予定です。

(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドから直送できる商品追加中!
c0003620_21402340.jpg 








『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ファンページ
c0003620_2234473.jpg

[PR]
# by ICELANDia | 2017-08-15 09:29 | 現地滞在レポート | Comments(0)
ブログトップ
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
コメントを有り難う御座い..
by ICELANDia at 08:56
こんばんは 6年前にサ..
by Lee at 22:04
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム